<   2017年 02月 ( 51 )   > この月の画像一覧

弥生賞の傾向 2017
中山2000mで行われる3歳GⅡ「弥生賞」。

皐月賞のトライアルで3着までに優先出走権が与えられる。本番と同じコースという事もあって、有力馬が出走してくるケースも多い。

過去の勝ち馬からはマカヒキ、ヴィクトワールピサ、ロジユニヴァース、ディープインパクト、アグネスタキオン、スペシャルウィークらが皐月賞や東京優駿(日本ダービー)を勝利。他にもナリタトップロードやダンスインザダークが菊花賞を勝ち、2着馬からもワンアンドオンリー、エアシャカール、アドマイヤベガ、セイウンスカイもGⅠを勝っており、メンバー次第では先々の活躍馬が出る事も。


 弥生賞の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬2着、未勝利2着、1着」のミッキーペトラ
「新馬1着」のココナッツパンチ

と上のクラスに出走が無かった。

次点は「500万勝ち」。OP以上が…

「ホープフルS(旧)3着のみ」のカミノタサハラ
「中京2歳S5着、東スポ杯2歳S7着、ホープフルS(旧)4着、若駒S4着」のミヤジタイガ
「共同通信杯5着のみ」のコスモオオゾラ

次々点は「OP連対」。

「若駒S1着、重賞出走なし」のマカヒキとトゥザワールド
「京都2歳S1着、ラジオNIKKEI杯4着」のトリップ
「京都2歳S2着、重賞は京成杯3着、(500万つばき賞2着)」のプレイ
「ホープフルS(旧)2着、重賞はきさらぎ賞7着」のブラックシェル

残り10頭は「重賞勝ち」。

ただ、1年延ばした06年に「ラジオたんぱ杯12着、シンザン記念2着、きさらぎ賞4着」のグロリアスウィークがおり、「重賞2着」の可能性は残る。

年によるが、出走があれば「OP4着か重賞5着以内」でチャンスはある。

(3着は「重賞連対」6頭。残りは「新馬1着、京成杯3着」、「OP勝ち、京成杯4着」、「新馬3着、未勝利1着、500万2着」、「地方出身、中央はクローバー賞1着とシンザン記念10着」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは…

「1戦1勝」のココナッツパンチ

のみ。

残り19頭は「1800m連対」。

この内、1800m以上が「中京2歳S(1800m時)がダイワスカーレットの2着のみ」のアドマイヤオーラ以外は「1800m以上勝利」があった。

さらに2000mが…

「ホープフルS4着、若駒S4着」のミヤジタイガ
「2000m以上初」のサトノクラウン、ブライトエンブレム、サダムパテック、エイシンアポロン、ミッキーペトラ

以外の12頭は「2000m以上連対」。

ちなみに20頭中17頭が「出走最長距離勝利」。

(3着は「1600m勝ちまで」が3頭。「1800m以上初」2頭と「東スポ杯2歳S3着」1頭。次点の「1800m勝ち」は「2000m初」4頭と「京成杯4着のみ」1頭。「2000m勝ち」が2頭。)



<コース>
「中山連対」5頭、「初出走」12頭。

残りは…

「ホープフルS(旧)3着のみ」のカミノタサハラ
「朝日杯FS4着のみ」のサダムパテック
「ホープフルS(旧)5着と京成杯3着」のプレイ

上のクラスである程度の結果が出ているので、数を走ってダメなら「坂やコーナー」が苦手な可能性も。

(3着は「中山連対」6頭、「初出走」4頭。)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行・マクリ差し」13頭、「差し」6頭。

1000mは59.5、61.3、61.2、61.6、63.1(稍重)、61.7、63.6(重)、62.0(稍重)、61.8、59.8と通過は遅い。
直線の短さや開幕2週目という事もあり、「前有利」。

(3着は「先行」4頭、「差し」6頭。)



<その他>
10年で「人気」は、「1番人気」が7連対と多い。

残り3頭はシャイニングレイ、エピファネイア、アダムスピークだが、3頭とも「無敗」で「ホープフルS1着か旧・ラジオNIKKEI杯1着から」、後の2頭は「乗り替わり」もあった。


2番人気4連対、3番人気1連対と上位人気では1番人気が抜けている。
後は4番人気2連対、6番人気2連対、残りは5、7、9、10番人気。

3着は3、10、2、2、5、5、7、7、7、2番人気。



上位人気で4着以下に敗れたのは…

「後方一気で届かず」
「乗り替わり+α」
「500万勝ち直後、OP以上不出走」
「馬体重、大幅プラスかマイナス」
「京成杯連対かラジオNIKKEI杯上位」
「レース間隔3ヶ月ほど開く」
「距離1800m出走で連なし」

などが目につく。「GⅠ前の新星に期待しての過剰人気」や「重賞実績はあるが、仕上がり足らず」などがあり、その辺りはしっかりチェックしたい。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で14頭。

近年は増えてきたが、以前と比べて該当する馬が減っている時期が…。
開幕2週目やコースが「前有利」な事に加えて、有力馬の出走が少ない事もあって「それまでよりも前」で競馬をする馬も多い。
仕上がり途上で後ろから届かずという事もあるので、早めに仕掛けるタイプが多い。

「残り600mだけで勝負する」よりも、「いい位置取りで残り600mに入る」方が結果に繋がっているかと。

20頭すべてが「連対時に上がり2番手以内」をクリア。18頭が「2回以上」で、残りは「3戦して2番手と3番手1回ずつ」と「キャリア1戦して最速のみ」。

(3着は10頭中5頭が該当。ただ、「最速」は10年間はいない。9頭に「連対時に上がり2番手以内2回以上)。残り1頭は「2戦して新馬1着とGⅢ3着で共に最速」。)



「鞍上」は10年で3連対の「武豊」騎手(過去7勝)がトップ。

「横山典弘」騎手と「松岡正海」騎手と「田辺裕信」の2連対が続く。
(3着に複数回はいない。ただ、連にも名前のある「武豊」騎手、「横山典弘」騎手、「松岡正海」騎手が1回ずつ。)
皐月賞に向けて本番と同じ舞台で、日曜日の重賞は弥生賞だけなので、騎手の確保もしやすいのかと…。



10年で6頭は「勝ち馬が重賞勝ち」。

残りは「重賞出走無し」のマカヒキ、トゥザワールド、カミノタサハラと、出走メンバーがかなり微妙だった12年の「共同通信杯5着のみ」のコスモオオゾラ。

2着と3着も4頭ずつが「重賞勝ち」なので、まずはコレをチェックしたい。



出走頭数は10年で10~16頭の「平均12.7頭」。

さらに開幕2週目という事もあり、馬番は「1~13番」で「14:6」と「内が多い」。
「3番」「4番」「10番」の3連対、「2番」「5番」「8番」の2連対が続く。

(3着は「1~7番」で「内10:外0」。「2番」「4番」が3回ずつ。「3番」が2回。)



20頭中10頭は「9~12月以来」の出走。

有力馬が多いが、休み明けでも通用するので注意したい。
(3着も10頭中4頭は「12月出走」。)




[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-28 00:03 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

中山記念の結果 2017
良馬場では10年で最も遅いペースだった中山記念は…

3番人気ネオリアリズムのスタートはまずまず。ジワっとあがって行って3、4番手。コーナーを利して3番手に上がって2コーナーへ。鞍上の膝が伸びて、手綱を引いて行きたがるのを抑える仕草。しかし、残り1000mの手前辺りから、マイネルミラノ共に上がって行き、2番手につける。前とは1、2馬身後方を追走していたが、残り600mで外からロゴタイプが上がって3番手。4コーナーでは内を回って直線に入ると同時に外に出すためかムチが2発入る。追って2番手に上がると、ムチと追いで残り100mを切って先頭に立ち、そのままリードを保ってゴールし、優勝。

8番人気サクラアンプルールもスタートはそこそこ。9番手で1周目のゴール板を通過。向う正面で1頭上がって10番手に。鞍上が手綱を引いていたが、内から上がって行き8番手で残り1000m。残り600m辺りか仕掛けて最内を回る。直線でも最内を狙って追って、少し鞭を右に持ち替えるのに手間取ったが、すぐに右ムチが入る。200mを切って4番手で、またしても鞭を抜くのに引っかかったのか手綱を持ち直す。その間にも3番手に上がり、ようやくムチを入れて追い出す。連打で1頭捕まえて、追うも2着。どうした典さん?

7番人気ロゴタイプのスタートもまずまず。仕掛けて、先頭に立つ。手綱を引いて、1馬身ほどのリードで逃げる。残り1000mを切って外からマイネルミラノが上がり、内からネオリアリズムが上がって3番手に下がる。残り600mで仕掛けて2番手に上がる。4コーナーで先頭に並びかけ、追いだして先頭に立つ。ムチを入れて粘ろうとするも、力尽きたかあっさり2頭に交されて3着。

4着は1番人気アンビシャス。スタートで内の馬と接触して少し後方に。5着はヴィブロス。2番人気リアルスティールは8着だった。


予想は4着、5着、6着、8着。

敗因はペースの読み違い。前から行きたい馬が3頭ほどいたので、もう少し流れるかと思ったのですが、かなりのスロー…。ネオリアリズムとロゴタイプを脚質でパスしただけに。

サクラアンプルールは重賞実績がなく、予想候補にも入れず。京成杯勝ちのプロフェットに先着していたので、GⅢで連対くらいは考えても良かったか…。


アンビシャスはペースの割には頑張っており、やはり能力は高い。ヴィブロスはもう少し前で競馬をしてほしかった…。ツクバアズマオーも位置取りもあって、ペースが違えば…。

昨年もピリっとせず評価を下げたリアルスティールは「直線でハミをかむところがなかったし、まだもう一歩という感じ。次は叩いてピリッとしてくるんじゃないか」との騎手コメントに対して、矢作師は「(敗因は)ちょっと分からない…(略)」との事。やれるようには仕上げていて、コレだったのか…。

近年はGⅠでも超スローもあるだけに、展開は考えを改める必要はありそう。


2着は無かったものの、またしても5頭目、6頭目が上位に…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-27 02:51 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の結果 2017
出走メンバーがイマイチだった阪急杯は…

7番人気トーキングドラムはまずまずのスタート。仕掛けて少し前にいって7番手の内へ。しかし、ゆっくりと下がって残り800mでは10番手に。4コーナーでは最内を回って、一気に差を詰めて直線へ。仕掛けて追い出し、最内を突いて100mほどで先頭に立つ。残り200mを切り、ムチが入って連打。後ろから1頭詰めてくるも、最期まで凌いで優勝。

4番人気ヒルノデイバローもスタートはまずまず。軽く押しながら下がって8番手。1頭上がって9、10番手の内。残り800mでは8番手。4コーナーで仕掛けて、中ほどを回って直線へ。少しずつ外へ出して、狭めの所へ突っ込んで、ムチの連打。加速すると、残り200mを切って2番手に上がる。追いとムチで前を捕えるかと思われたが、脚が少し止まったか差が少しずつしか詰まらず2着。

12番人気ナガラオリオンは半馬身ほど遅れたスタートだが、軽く仕掛けて追走するも、下がって最後方へ。800mで上がって11番手で4コーナーでは内目から外へ。直線ではミッキーラブソングの行った後へ突っ込む。ムチが入って、残り200mで7番手。ムチと追いで3番手に上がるも前2頭とは離れており、3着。

4着は3番人気ブラヴィッシモ。5着はメイドウラーク。1番人気シュウジは8着で、「テンションが凄く高く、レース自体も4角で一杯でした」とのコメント。結構掛かっていたように見えました…。2番人気ロサギガンティアは出遅れもあって9着で、「ゲートは遅いと聞いていた。促して流れには乗れたが、4角では手応えがなかった」との事。


予想は1着、8着、9着、11着。

敗因は後方一気のヒルノデイバローの脚質を気にして、迷って予想に入れず。さらに芝が初めてだったナガラオリオンは予想候補にさえ入れず。

シュウジとムーンクレストは鞍上もあって怪しんでおり、実績からもムーンクレストを切って、ヒルノデイバローを入れていれば問題なかった…。

ナガラオリオンは、マジンプロスパーやプリサイスマシーンのダートからの転戦組もいて、頭をよぎりましたが、さすがに初芝では…。ただ、予想候補に残る馬が少なかった事もあり、条件を大幅に下げる必要があったかと。


しかし、やはりココの予想5番目はコワイ…現場でどうしても気になって、押さえて正解!馬連1万3090円でした。

d0133437_00225380.jpg

もちろん、予想時のモノではないので、年間の収支には入れませんが、自分のテンション維持のため…。


23レース中16レースで5頭目が3着以内…もう本当にココの5頭目が本命でもいいんじゃないでしょうか…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-27 00:23 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中山記念の予想 2017
メンバーが寂しいですが、良いレースを期待します。

 中山記念 予想 2017

昨年2着のアンビシャス。休み明けであれだけのパフォーマンスが出せるなら、能力はあるはず。ただ、前走はペースも遅かったので、同じようになると怪しいが…。

応援馬ヴィブロス。紫苑Sでは不利を受けながらの2着で、秋華賞で勝利。今回は、古馬…しかも牡馬のGⅠ馬と初対戦になるが、仕上がりの早い牝馬と成長で上位を期待する。

ドバイターフ勝ちのリアルスティール。ただ、国内では惜しいレースが続いている。能力はある程度あると思うが、昨年の物足りなさを考えると、安心は出来ない。さらに乗り替わりも気になる…。

オールカマー3着のツクバアズマオー。相手が休み明けとはいえ、ゴールドアクターに0.2秒差は見事。その後は連勝しており、さらに上があってもいい。位置取りがポイントになりそうだが、流れに乗れば…。

札幌記念くらい走ればネオリアリズム。天皇賞(秋)がもう少しやれていればロゴタイプ。前走以上でヌーヴォレコルト。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-26 02:00 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の予想 2017
出走メンバーが随分と寂しくなっており、残念…。

 阪急杯 予想 2017

阪神C勝ちのシュウジ。スプリンターズS4着もあり、素直に信じれば、ココでは抜けている。余程おかしな乗り方をしない限りは大丈夫だとは思うが、鞍上が鞍上だけに…。

阪神C5着からのロサギガンティア。毎日王冠は久しぶりの距離もあったかと。阪神C勝ちや京王杯SC3着など1400mの方があっているはず。前走くらいの状態にあるなら。

スワンS5着のムーンクレスト。ダンスディレクターにクビ差で、単純計算で阪神Cでも掲示板があってもいい。1600万でも昨年3着のブラヴィッシモに同タイム2着がある。乗り替わって、前走が大敗というのは気になるが…。

重賞初出走のトーキングドラム。昨年の1400mの1600万で0.1秒差に重賞2着や3着馬がいる。この距離で今回の面子なら上位の可能性はある。

位置取りと仕掛けひとつでヒルノデイバロー。昨年くらいの出来ならブラヴィッシモ。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-26 00:41 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

アーリントンCの結果 2017
良馬場で行われたアーリントンCは…

1番人気ペルシアンナイトはそこそこのスタート。軽く仕掛けるも後方からの追走。道中はほぼ9番手の外。4コーナーでは外を回って直線へ。追い出すと外を一気に伸びて、残り300m辺りでムチが1発入ると内をあっさり交わして先頭へ。追って後続を確認しながら、左右にムチを交互に入れて、リードを広げてゴールし優勝。

6番人気レッドアンシェルはあまりいいスタートではなかったが、特に鞍上が慌てる仕草も無かったので、軽く出したか。11番手を追走。残り800mを切って外から差を詰めたキョウヘイを鞍上が2度確認して、4コーナーへ。外目を回って直線で、ペルシアンナイトの内へ追い出すが、前が閉まったので、その外へ出して追い直す。画面から見切れてしまったので分からないが、左ムチが入ったか、残り200mを切って差を詰めて3番手に上がる。右ムチの連打で2番手に上がるも大勢決して追うのを止めて2着。

3番人気ディバンコードは絶好のスタート。3番手で手綱を引いての内を追走。残り1200mでは4番手、その後1頭外を掛かり気味に上がって5番手。残り600mで仕掛けて、4コーナーは内をまわて直線へ。加速し始めるも前の馬がいて直前で横に避ける。追い直して、逃げ馬を交わして、先頭に立とうと鞭を持ち替えるも外から1頭一気に行かれて2番手。左ムチがはいって、前を追うも差が広がって、残り50mでもう1頭交わされ3着。

4着はヴゼットジョリー。5着はジョーストリクトリ。2番人気ミラアイトーンは序盤から行きたがって8着。


予想は1着、2着、6着、7着。

馬連920円的中。

ただ、先行して粘れるかが気になってディバインコードを予想に入れず。

前から行くと考えて選んだナンヨーマーズは思ったより後方から…キョウヘイには先着したものの6着では…。

そのキョウヘイは「ずっとフワフワしながら走っていました。ペースは流れていたんですけどね。まだ、粗削りな面があります」とのコメント。良馬場だったのは関係ないのか…。


馬場の向き不向きも判断が難しい。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-26 00:11 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

アーリントンCの予想 2017
直線長めのコースも開幕週なので、頭数が落ちついて、展開一つの感が…。

 アーリントンC 予想 2017

シンザン記念勝ちのキョウヘイ。馬場の影響や不利を受けた馬もいたが、見事に差し切った。ただ、良馬場の切れ味勝負になった時がどうか、試金石になりそう。

白梅賞2着のナンヨーマーズ。前走は逃げ馬には完敗。千両賞は差してキョウヘイにはあっさりと置いて行かれたが、やや前目が残る展開。馬場がいいなら違ったカタチもありうる。乗り替わりもあり、位置取り一つで上位があってもいい。

シンザン記念3着のペルシアンナイト。ただ、前走は直線で行き場がなくなった部分も少しあったが、道中脚を使ったか最期が思ったほど伸びず。アイビーSではソウルスターリングに0.3秒差の2着があり、いい脚を使っている。前走が馬場だけの問題なら、あっさり勝っても不思議はないが…。

もみじS勝ちのレッドアンシェル。朝日杯FSが8着と物足りなかったが、スタートで少し後手を踏んで、外で早めに脚を使わざるを得なかった。さらに+14キロも影響があったと考える。仕上がり次第で。

葉牡丹賞の敗因次第でミライアトーン。いいペースで行ければディバインコード。馬体重が回復していればヴゼットジョリー。右回りが問題ないならジョストリクトリ。脚質次第でリンクスゼロ。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-25 02:15 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の予想候補 2017
過去10年の連対馬+3着馬をチェックした「阪急杯の傾向 2017」を元にして、阪急杯の予想候補を選んでみます。

実績「重賞連対、または1600万勝ちで重賞3着か1戦以下」、距離「1400m以上連対」、コース「阪神3着か2戦以下」、近走「3戦以内に重賞5着か条件戦勝利」をラインにすると…

シュウジ
トーキングドラム
ムーンクレスト
ロサギガンティア

がクリア。

実績で重賞4着で3着ラインなら

ヒルノデイバロー

前年の3着で復調次第で

ブラヴィッシモ

は残せるか。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-24 01:09 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中山記念の予想候補 2017
過去10年の連対馬と3着馬をチェックした「中山記念の傾向 2017」を元にして、中山記念の予想候補を選んでみます。

実績「重賞連対」、距離「2000m以上勝利」、コース「中山連対か初出走、または2戦以下で阪神連対」、近走「2走以内に重賞5着以内、GⅠ2戦の場合は3走前に連対」を条件にすると…

アンビシャス
ヴィブロス
ツクバアズマオー
ヌーヴォレコルト
ネオリアリズム
ロゴタイプ

がクリア。

距離で2000mがGⅠ2着2回で、3000mや2400mで2着のある

リアルスティール

はセーフか。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-24 00:24 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

アーリントンCの予想候補 2017
過去10年の連対馬と3着馬をチェックした「アーリントンCの傾向 2017」を元にして、アーリントンCの予想候補を選んでみます。

実績「500万勝ち以上でOP3着か重賞5着以内か重賞1戦、または新馬・未勝利勝ちでOP3着」、距離「1600m以上連対か1400m連対で1600m重賞5着以内かGⅠ1戦」、コース「阪神連対か初出走、1戦して掲示板」、上がり「連対時に上がり3番手以内」を条件にすると…

ヴゼットジョリー
キョウヘイ
ディバインコード
ペルシアンナイト
ミライアトーン
リンクスゼロ
レッドアンシェル

がクリア。

1600m以上初の

ジョーストリクトリ

500万2着の

ナンヨーマーズ

はセーフか。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-24 00:05 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク