<   2017年 03月 ( 46 )   > この月の画像一覧

マーチSの傾向 2017
中山ダート1800mで行われる古馬ハンデGⅢ「マーチステークス」。

11年は震災の影響で時期をずらして阪神で代替開催。中山開催分をチェックします。今年は3着も。


 マーチSの傾向 (中山開催過去10回の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPは9、5、4、6着」のショウナンアポロン
「ダートOPは師走S10着、重賞は平安S6着のみ」のサイレントメロディ
「OP以上初」のナニハトモアレとナンヨーヒマワリ

次点は「OP勝ち」。重賞が…

「初出走」のバスタータイプ
「北海道2歳優駿5着、シリウスS14着、みやこS4着、川崎記念5着」のイッシンドウタイ
「ダートは兵庫CS3着、フェブラリーS12着」のソロル
「レパードS4着のみ」のジェベルムーサ
「武蔵野S10着のみ」のダイショウジェット
「マーチS12着とアンタレスS11着」のクワイエットデイ

OP勝ち以下は重賞出走が2戦以下と少なかった。

残り10頭は「重賞連対」。
ハンデ戦という事もあってか5頭が「交流重賞」なので、あまり気にする必要はないかと。

ちなみに04年に「芝重賞連対でダート重賞初出走」のプリサイスマシーンがいる。

(3着は「1600万勝ち」。2頭で「OP以上出走無し」と「仁川S3着のみ」。次点は「OP連対」で、「マーチS3着やレパードS5着」、「重賞初出走」2頭、「レパードS5着、全日本2歳優駿11着」、「重賞4戦でエルムS5着や武蔵野S4着など」、「5戦東京大賞典4着、東海S5着など」。残り2頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上連対」。

1600mまでは…

「1600m1着、スプリングS15着、兵庫CS3着、JDD6着、仁川S(1800m時)5着」のプライドキム

残り19頭に「1800m以上勝利」があった。

(3着は「1700m以上連対」。1700mまでは、1800m以上が「アンタレスS13着のみ」1頭。残りは「1800m以上連対」。)



<コース>
「中山連対」9頭、「初出走(芝除く)」5頭。

残りは…

「500万3着、OP5着、1600万7着」のマイネルクロップ
「GⅢ3着とOP5着」のバーディバーディ
「OP10着のみ」のサイレントメロディ
「OP3着と1600万10着」のメイショウタメトモ
「1600万6着のみ」のダイショウジェット
「OP3着とGⅢ12着」のクワイエットデイ

「1戦かOP以上3着」なので、ある程度は結果がほしいが…。

(3着は「中山連対」4頭、「初出走(芝除く)」4頭。残りは「OP13着と4着、GⅢ3着」、「OP13着と4着」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」6頭、「差し」9頭、「追い込み」3頭。

1000m63.3、は61.9、60.7(重)、61.9、61.4(重)、61.3(稍重)、62.2、61.1、59.8(稍重)、61.0であまり速くならない。
ただ、ペースの割にかなり後方から通用しており、侮れない。

(3着は「先行」3頭、「差し」7頭。)



<その他>
「人気」は中山開催の10回で…

1番人気2連対、2番人気3連対、3番人気1連対。

『6番人気』5連対、8番人気2連対で、残りは4、5、7、9、10、13、16番人気。
ハンデ戦の影響もあってか、上位人気が苦戦しており、人気薄も絡む。

3着は2、1、3、7、3、2、1、4、7、3番人気。



10回で上位人気で4着以下に敗れたのは…

2頭を除いて「上がり4番手以下」で連対馬と比べて上がりで負けていた。

7頭が4、5着と惜しい内容でハンデの影響もある。

他は「前走フェブラリーS」「後方から(出遅れ含む)」「OP以上初出走」「重賞1戦のみ」「乗り替わり(テン乗り)」などが多い。

いつもと脚質が違っている馬も多く、ペースの違いかアクシデントなども考えておきたい。
上位人気が苦戦しているので、普段人気を集める要素だけでは3着以内は難しいのかも。



ハンデは54~59キロで平均56.08キロ。中央値は56キロ。

重賞実績馬の少なさもあって、ハンデは56キロ付近で落ち着いているが、後述が影響している感は否めない。
(3着は55~58キロで平均56.35キロ。中央値は56キロ。)


トップハンデは57.5~59キロでのべ15頭中5連対3着2回。
10回で5頭連対と平均年1頭は来ており、重賞連対馬の少なさの割にハンデ頭はコワい。



「上がり3ハロン3番手以内」は10回分で16頭。

該当していないのは「逃げ」と「3番手」、10回で最も着差が(0.4秒差)あった2010年の2着馬。
「逃げ」や「先行」でも速い上がりの馬が多く、かなり後方からでも通用している事もあり、600mの脚の使い方ががポイントになりそう。

(3着は10頭中7頭が該当。コチラも多い。)



「年齢」は…

「4歳」7連対3着2回
「5歳」2連対3着4回
「6歳」8連対3着2回
「7歳」3連対3着2回

ダート路線は芝からの転戦や交流重賞などもあり、息が長い馬が目立つ。高齢馬も侮れない。



中山10回で「鞍上」は現役では「田辺裕信」騎手と「北村宏司」騎手の2連対が複数。

同日にGⅠ高松宮記念があるので、トップジョッキーが中京に回るケースが多い。
3場開催で関西の若手は阪神があるので、関東の若手が多い?

(3着は「北村宏司」騎手の2回が複数。)



「所属」は中山10回で「東6:西14」と関東重賞だが、関西優勢。

ただ、ココ4年連続で関東馬が5連対しており、増えてきた。
アンタレスSが京都から阪神に早まった部分も考えられるので、今後に注目したい。
(3着は「関東5:関西5」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-23 13:00 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

毎日杯の傾向 2017
阪神1800mで行われる3歳GⅢ「毎日杯」。

賞金加算で皐月賞へ出走が狙えるラストチャンス。NHKマイルCへの前哨戦とする馬もいる。

以前は2000mで行われていたが、阪神競馬場の改修にともない07年から1800mに変わった。その影響もあってか近年は皐月賞での活躍馬は出ておらず、ダノンシャンティやディープスカイが勝利し、コティリオンが2着とNHKマイルCとの結びつきが強くなっている。直線が延びた事もあり、キズナとディープスカイが東京優駿も制している。1800mになってからの11回目。


 毎日杯の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「新馬・地方特別勝ち」。

該当するのは…

「新馬1着、札幌2歳S4着、百日草特別3着、葉牡丹賞6着、共同通信杯4着」のミュゼエイリアン。
「新馬3着、未勝利2着、2着、7着、船橋・ベストホイップ特別1着」のゴールドチケット
「新馬1着、アーリントンC4着」のアイアンルック
「新馬1着のみ」のアドマイヤコマンド

次点は「500万2着」。

「新馬1着、エリカ賞12着(+24キロ)、京成杯5着、つばき賞2着」のダノンリバティ
「ダート新馬1着、ダート500万2着」のガイヤースヴェルト
「新馬1着、ベゴニア賞2着、ラジオNIKKEI杯3着、500万3着、きさらぎ賞6着」のコティリオン
「新馬4着、未勝利2、2、2、9着、1着、500万2着、アーリントンC3着」のディープスカイ

次々点は「500万勝ち」。

「新馬1着、白菊賞1着、アーリントンC7着」のエイシンブルズアイ
「新馬1着、黄菊賞1着、ラジオNIKKEI杯3着、弥生賞5着」のキズナ
「新馬1着、アルメリア賞1着」のマウントシャスタ
「新馬3着、未勝利5着、1着、福寿草特別3着、つばき賞1着」のミッキードリーム
「新馬2着、未勝利2、3、2、7、1着、つばき賞2着、ゆきやなぎ賞1着」のヒラボクロイヤル

残り7頭は「OP以上連対」。
「アーリントンC5着のみ」のアーバンキッドと「札幌2歳S5着、ラジオNIKKEI杯7着、共同通信杯4着」のマイネルフロスト以外の5頭は「重賞連対」。

出走があった場合は「重賞7着以内」だが、キャリア2戦目で出遅れもあったアイアンルック、キャリア3戦のエイシンブルズアイ以外には『重賞5着以内』。出走がなければダート2戦のガイヤースヴェルト以外は「条件戦連対直後」なので、コレを条件にしたい。

(3着は「未勝利勝ち」。「500万以上出走なし」が1頭。次点は「500万連対」。「OP以上出走無し」3頭、「GⅡ4着など」1頭、「重賞3着」2頭。残りは「OP勝ち」2頭、「重賞連対」1頭。)



<距離>
全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

ただ、1200mまでだったのは「1200m新馬1着(1.1秒差)、キャリア2戦目のアーリントンCで先行有利の中、出遅れて後方から4着」のアイアンルックのみ。

次点は「1600m勝ち」。

「1800m以上出走無し」のアーバンキッドとエイシンブルズアイ
「1800m以上がラジオNIKKEI杯3着、きさらぎ賞6着」のコティリオン

残りの16頭には『1800m以上連対』があった。

(3着は「1600m勝ち」。「共同通信杯3着のみ」以外の9頭は「1800m以上連対」。「2000m勝ち」で、「1800m以下が共同通信杯3着や4着のみ」が2頭いる。)



<コース>
「阪神連対」6頭、「初出走」2頭。

残りは…

「アーリントンC5着のみ」のアーバンキッド
「エリカ賞12着(+24キロ)のみ」のダノンリバティ
「ラジオNIKKEI杯7着のみ」のマイネルフロスト
「500万3着とアーリントンC7着」のエイシンブルズアイ
「ラジオNIKKEI杯3着のみ」のキズナ、コティリオン、ダノンシャンティ、ナムラマース
「エリカ賞4着のみ」のヒストリカル
「アーリントンC4着のみ」のアイアンルック
「未勝利7着のみ」のゴールデンチケット
「アーリントンC3着のみ」のディープスカイ

他のレースと比べると連対や初が少ない。「1戦か3着」はセーフ。

(3着は「阪神連対」8頭、「初出走」1頭、残りは「新馬4着のみ」。)



<脚質>
「先行」7頭、「差し」13頭。

1000mは61.6、60.5、59.7、58.6、61.3(重)、60.4、62.3、61.0、59.0、60.8(稍重)。
ペースはそれほど速くならないが、直線の長さもあって基本は後ろからが多い。

(3着は「先行」4頭、「差し」5頭、「追い込み」1頭。)

2000m時には絡んでいた「逃げ」だが、1800m変更後は6着、13着、11着、10着、8着、18着、4着、4着、5着、5着と苦戦。



<その他>
「人気」は1番人気6連対、2番人気1連対、3番人気4連対。

6番人気3連対、4番人気2連対、5番人気2連対で、残りは7、12番人気。
主に「1~6番人気」で決まっており、あまり大きな荒れにはなっていない。

3着は2、1、4、3、7、1、2、2、11、4番人気。



1800m以後の上位人気4着以下では…

「GⅢ3着」

が最も多い。「きさらぎ賞」「ラジオNIKKEI杯2歳S」「京成杯」「アーリントンC」「共同通信杯」などで、連対馬にもいるのだが安易に狙うのは危い。

他も「良血」や「重賞2~5着」なども人気になりやすい。ただ、「OP9着のみ」や「逃げ」、「1戦1勝馬」など過剰人気も見られるので気を付けたい。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で15頭。

先行勢で該当していない馬がいるが、良馬場なら34秒台とタイムは速い。
うち2回は、0.4秒差と0.5秒差の2着馬で、共に「勝ち馬が後の東京優駿(日本ダービー)馬」。相手が抜けていた感も。

19頭に「連対時に上がり2番手内」。残り1頭は「逃げて上がり3番手」のゴールデンチケット。
キャリアがある程度あるなら「連対時に複数上がり3ハロン3番手以内」。

(3着は10頭中6頭。「連対時に上がり2番手以内」9頭、残り1頭は「逃げと2番手で、上がり3番手」)



鞍上は10年で現役では「川田将雅」騎手、「武豊」騎手、「小牧太」騎手の2連対が複数。

3場開催で日経賞が同日という部分もあるのでその影響もあるとは思うが、今後も注目したい。
(3着は「川田将雅」騎手2回、「内田博幸」騎手2回など。)



以前は10年で4頭が「ラジオNIKKEI杯3着」、3頭が「アーリントンC3着~5着」。

阪神1800m重賞という事もあって、阪神2000mや阪神1600mの重賞で惜しい馬が多く、1ハロンをこなしてくるケースが目立った。

ただ、ラジオNIKKEI杯2歳Sが無くなって、ホープフルSになった事や直線が長くなった影響もあってか共同通信杯や京成杯の4、5着辺りが絡みだしている。



「所属」は「関東4:関西16」。

改修直後は関東馬苦戦していたが、ココ4年連続で「関東馬」連対と戻しつつある。
(3着は「関東1:関西9」。)



少なくなっているが、開催のあった(11年は延期)9回の内3頭が「中1週」間隔。

ココ7年は中2週以上になっているが、通用していた。この年齢でも短いレース間隔でもやれる可能性はあるかと。
(3着も9頭中1頭。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-23 01:08 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

日経賞の傾向 2017
中山2500mで行われる古馬GⅡ「日経賞」。

天皇賞(春)へ向けての前哨戦のひとつ。以前と比べると本番でも結果が出てきている。11年は震災の影響もあって阪神2400mで代替開催。


 日経賞の傾向 (中山開催の過去10回分の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

OP以上が…

「アルゼンチン共和国杯5着とJC12着のみ」のホッコーレーヴ

次点は「OP2着」。

「重賞3戦して菊花賞5着、日経新春杯3着と5着」のストラタジェム

次々点は「OP勝ち」。

「重賞4戦して京都大賞典6着、アルゼンチン共和国杯10着、ステイヤーズS14着、ダイヤモンドS15着」のネコパンチ

ただ、この年は逃げた本馬を他がまったく追わず、展開の部分がかなり大きかったのだが…。

残り17頭は「重賞連対」。
この内、GⅡ以上が「AJC杯4着とオールカマー4着」の09年時のマイネルキッツ以外は「GⅡ以上連対」。

GⅡ以上への出走が少ないなら「GⅡ5着程度」、GⅡ以上への出走が多いなら「GⅡ3着以内」はクリアしてほしい。

(3着は10頭ともに「重賞連対」。内7頭が「GⅡ連対」で、残りは「青葉賞3着」2頭と「札幌記念4着」。)



<距離>
全馬に共通するのは「2000m以上勝利」。

競走距離の2500mとの差は大きい。ただ、コレは同じ中山2500mで行われる「有馬記念」も同じで、コーナーの多さなどもあってか、他の競馬場と違い実際に走る距離で連対が無くても大きな問題にならない。

2200m以上が…

「水仙賞5着、オールカマー4着、AJC杯4着」の09年時のマイネルキッツ

「2200mまで」は2300m以上が…

「有馬記念3着2回とJC5着」のエアシェイディ
「東京優駿7着と菊花賞5着」のバランスオブゲーム

「2400mまで」は…

「2500m以上出走無し」のアドマイヤデウス、フェノーメノ、カポーティスター

残り14頭に「2500m以上連対」があった。

05年は「1800m勝ち、19戦してAJC杯3着や2000mOP3着など」のユキノサンロイヤルがいる。

(3着は「2200m以上連対」。2200mまでは「2400m以上初」2頭。次点は「2400m連対」で「菊花賞4着のみ」、「有馬記念4着と6着」、「菊花賞13着のみ」。残り5頭は「2500m以上連対」。)



<コース>
「中山連対」14頭、「初出走」1頭。

残りは…

「皐月賞9着のみ」のアドマイヤデウス
「未勝利6着と3着、1600万3着」のホッコーレーヴ
「弥生賞7着のみ」の12年時のウインバリアシオン
「京成杯3着、有馬記念6着、AJC杯6着」のアルナスライン
「1600万4着のみ」のストラタジェム

「3着か1戦」はセーフ。
ちなみに中山に連対がなかった馬には「阪神連対」があり、「直線の急な坂」はクリアしていたかと。

(3着は「中山連対」8頭、「初出走」1頭。残りは「GⅡ9着と1600万6着」。中山に連対がなかった馬は「阪神連対」があった。)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」9頭、「マクり差し、差し」9頭、「追い込み」1頭。

だいたい1000mの通過は64.6、59.2、62.9、60.9、60.8(重)、59.6(稍重)、59.2、60.7、60.4、61.0。
馬場の割にはペースは速くて前が多く、コースの特性が出ているかと。

(3着は「先行」3頭、「マクリ差し、差し」7頭。)



<その他>
1番人気は5連対、2番人気は3連対、3番人気2連対。

4番人気3連対、6番人気2連対で、残りは5、7、9、10、12番人気。
以前は堅めの時期もあったが、ドバイ遠征が増えた影響もあってか人気薄も絡んでいる。

3着は4、6、3、7、1、7、3、2、1、8、2番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10回で18頭。

該当しなかったのは「逃げ」1頭と5番手追走の「先行」1頭で他が該当。先行の数の割に上がりが速い馬が多い。
直線が短く、コーナーも多いので、残り600mから重要になってくる。
(3着は10頭中7頭該当。他のレースと比べると多め。)

レース当日に良い脚が使えそうなタイプを選びたい。



ウインバリアシオン、マイネルキッツやトウショウナイト、古くはステージチャンプやライスシャワーなどが複数連対。

他にもホッコーブレーヴ、マツリダゴッホ、メイショウドトウ、ステイゴールド、ローゼンカバリーも3着以内が複数あり、「リピート率」は高め。
コースの難しさなどもあって、得意なタイプはレースがしやすいのかも。



中山10回で「鞍上」は「蛯名正義」騎手3連対がトップ。

「福永祐一」騎手、「武士沢友治」騎手、「岩田康誠」騎手、「松岡正海」騎手の2連対が続く。
同じ馬の複数連対があるので、その影響もあるが…。
(3着は「蛯名正義」騎手の2回が複数。)

3場開催で関西も「毎日杯」があるので、騎手は分かれるので、若手にもチャンスあり。



中山開催10回で「年齢」は…

「4歳」5連対3着3頭
「5歳」5連対3着4頭
「6歳」6連対3着1頭
「7歳」3連対3着2頭
「9歳」1連対

「4歳」~「6歳」が多いが、高齢馬が比較的多く絡んでおり、折り合いの面などもあって馬次第では通用する。
(代替開催時は4歳が2頭)。



「前走」は中山開催の10回で…

「有馬記念」7連対
「京都記念」4連対
「AJC杯」3連対
「ジャパンカップ」2連対
「白富士S」1連対
「日経新春杯」1連対
「ダイヤモンドS」1連対
「1600万2着」1連対

天皇賞(春)に向けて休み明けの出走も目立つ。

(3着は「AJC杯」2頭、「ダイヤモンドS」2頭が複数。「有馬記念」「ステイヤーズS」「小倉大賞典」「日経新春杯」「中山記念」「京都記念」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-22 00:54 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

高松宮記念の傾向 2017
中京1200mで行われれる古馬GⅠ「高松宮記念」。

改修して新しくなってからは6回目。13年から1月に中京開催が増えているので、2012年とは若干違っていますが、5回分の3着までを中心に考えてみます。改修時は「阪神開催」でした。

ただ、15頭だけでは少ないので、実績やその他は「以前の高松宮記念の連対馬」、コースや脚質などは「新・中京1200mの1000万以上の連対馬」のモノも参考に載せておきます。

※ちなみに2016年から中京競馬場の走破タイムが速くなっています。


 高松宮記念の傾向 (過去5年3着まで+旧コース分+α) 2017


【実績】
連対馬10頭に該当するのは「重賞2連対以上」。

ただ…

「重賞4戦GⅢ2着2回、GⅡ3着、GⅢ5着」のビッグアーサー
「ダート重賞4戦2着1回、芝重賞1戦2着」のスノードラゴン

以外の8頭は「重賞2勝以上」。

ちなみに3着5頭は「重賞勝ち」。重賞5戦1勝の13年のハクサンムーン以外は「重賞勝ち+重賞連対」。


阪神開催時や旧・中京時代の5年延ばすと…

最低連対ラインは「OP勝ち」。

「重賞8戦してNHKマイルC3着、セントウルS3着、マイルCS5着など」のキンシャサノキセキ

次点は「重賞勝ち」。

「重賞5戦で東京新聞杯1着、阪急杯3着、富士S3着、朝日CC4着、京都金杯5着」のスズカフェニックス

残り8頭は「重賞2連対以上」、内7頭は「重賞3連対以上」。



【距離】
連対馬10頭に共通するのは「1200m以上連対」。

ただ、1200mまでなのは、1400m以上が…

「阪神C3着のみ」のビッグアーサー

それ以外の9頭は「1400m以上連対」。

「1200m以下初」のコパノリチャード、「1200mGⅠ3戦3着や4着」のミッキーアイル、「1200m2着」のサンカルロがおり、「1200勝ち」が無くてもいい。
海外馬エアロヴェロシティが1400m2着だが、日本馬は「1400m以上勝利」だった。

3着5頭も「1400m以上連対」。「1200m勝ち」ありは3頭。1200m以下は「オーシャンS5着のみ」と「出走無し」。

直線の長いコースでは少し長めで結果が出ているタイプが多いので、その影響か。


「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」76頭では…

56頭が「1400m以上連対」で、20頭が「1200mまで」。


ちなみに中京1200mGⅢ「CBC賞」の連対馬10頭も「1400m以上連対」。



【コース】
連対馬は「中京連対」2頭、「(新)中京(ダート除く)初」6頭。

残り2頭は「高松宮記念3着」のミッキーアイルとロードカナロア。

2012年は3月に新装なので2頭とも「新・中京初」。共に旧コースで「1連対」と「GⅠ1戦」と中京への輸送はクリアしていた。

3着5頭では「中京連対」1頭、「初出走」3頭。残りは「ファルコンS11着のみ」。


中京に連の無かった馬の『左回り』は…

日本馬は

「NHKマイルC3着など」のミッキーアイル
「NHKマイルC8着のみ」のコパノリチャード
12年の「初出走」と13年の「高松宮記念3着のみ」のロードカナロア
「クロッカスS7着とファルコンS11着」の14年時のハクサンムーン

以外が「左回り連対」。


「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」76頭では…

「新中京連対」26頭
「新コース初出走」16頭
「新中京3着」12頭

残りは「3戦以下」で、3戦は「4着2回、8着1回」のみ。

ちなみにCBC賞では「新中京連対」6頭、「初出走」2頭。残りは「GⅠ3着とGⅢ11着」「GⅠ5着のみ」。



【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」8頭、「差し」6頭。

600mは32.7、34.0、34.5(不良)、34.3、34.5。
中京競馬場が変わった事もあり、勝ち時計も改修後は遅かった。ただ、16年に路盤工事もあってか一気に時計を詰めた。


「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」76頭では…

「逃げ」6頭、「先行」25頭、「差し」40頭、「追い込み」5頭。

600mも33.3~35.7で、同じく時計はあまり速くならない。



【前哨戦】
「阪急杯(1、2、1、1、3着)」5頭、「オーシャンS(5、2、2、4、9着)」5頭、「シルクロードS(5、2、1、2着)」4頭、「チェアマンズスプリント2着」1頭。

オーシャンS9着のハクサンムーン以外は「前哨戦の重賞5着以内」


阪神開催時や旧・中京時代の5年延ばすと…

連対馬は「阪急杯」5頭、「オーシャンS」2頭、「スプリンターズS」1頭、「シルクロードS」1頭、「中山記念」1頭。



【その他】
「人気」は1番人気2連対、2番人気3連対、3番人気2連対。残りは4、6、8番人気1連対。

3着は3、3、1、10、1番人気。
1番人気が3年連続3着以内で、上位人気がある程度来ている。


阪神開催時や旧・中京時代の5年延ばすと…

1番人気3連対、2番人気全滅、3番人気2連対。4番人気2連対、残りは5、6、13番人気。
3着は11、3、15、1、2番人気。

過去10年で見ても7割近くを「1~4番人気」が占めており、スプリンターズSでも10年で7割ほどが「1~3番人気」なので、スプリント戦はあまり大きくは荒れないかと。




「上がり3ハロン3番手以内」は15頭中8頭が該当。

10頭中6頭が連対馬なので、少し比率が高め。16年から時計が速くなっており、路盤工事の影響があるとかないとかで、変わってくる可能性もある。


「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」76頭では44頭が該当。



「鞍上」は5年で「松山弘平」騎手の2連対、「福永祐一」騎手と「岩田康誠」騎手の1勝3着1回、「酒井学」騎手の2着3着1回などが複数。

「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」76頭では…

「福永祐一」騎手、「濱中俊」騎手の5連対がトップ。
「北村友一」騎手、「藤岡康太」騎手の4連対、「太宰啓介」騎手、「勝浦正樹」騎手、「吉田隼人」騎手の3連対などが続く。




「年齢」は…

「5歳」3勝2着1回3着1回、「6歳」2着4回、「4歳」1勝3着3回、「7歳」1勝。

阪神開催時や旧・中京時代の5年では…
「5歳」7連対3着1回、「6歳」1連対3着1回、「7歳」1連3着1回、「8歳」1連対3着1回。




以前は「NHKマイルC4着以上」や「東京新聞杯連対」、「安田記念2着」など『東京1600m重賞』との相性は良かった。「左回りの高いレベル」という部分では共通しており、その辺りで近いモノはあったが、ココ5年ではミッキーアイルの「NHKマイルC1着」のみ。

新・コース2年の勝ち馬は共に「スプリンターズS勝ち」だが、コレは実力の高さが大きい。
3着までで見ると「シルクロードS1着」、「阪急杯1着」、「函館スプリントS1着」「京阪杯1着」などが共通しており、その辺りはチェックしてみたい。

※データに関して、たまに間違っている時があります…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-21 12:01 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

フラワーCの結果 2017
ペースが遅めとなったとなったフラワーCは…

1番人気ファンディーナはまずまずのスタートから仕掛けて前へ。1周目のゴール板辺りで2番手に上がる。手綱をしっかりと絞っての追走。向う正面では前とは2馬身ほどの差。4コーナーでも手綱を引いていたが、あっさり先頭に立つ。軽く仕掛けるとさらにリードを広げ、鞍上がターフビジョンを確認して残り200m。追わずに持ったままでゴールし楽勝。

8番人気シーズララバイはいいスタートだったが下げる。10番手を追走して1コーナーへ。残り800mを切って仕掛けて、4コーナーでは追って外を上がって行く。追い出して直線に入って6番手で、ムチが入って残り200m。大きくムチを入れながら追って、内の馬を交わしていき残り40mで2番手に上がるも、前は大勢決しており2着。

7番人気ドロウアカードは好スタートから仕掛けて、すぐ先頭に立つ。1~2馬身のリードで逃げる。残り800mを切って少し仕掛けたか差を広げる。しかし、600mを切って肩ムチを入れるもあっさり交わされる。右ムチが入って追い出し、ムチと追いを繰り返すも前とは離れていき、残り40m辺りで交わされ3着。

4着はクビ差でエバープリンセス。5着はハナレイムーン。2番人気デアレガーロは「引っかかった…」という事もあってか11着。3番人気ディーパワンサは6着。


予想は1着、2着、7着、9着。

馬連は2370円的中。近走は3着ラインだったが、今回のメンバーから少し幅を持たせた予想が功を奏したカタチ。

ただ、先行勢が有利と考えたが、休み明けを気にしてドロウアカードを予想に入れずに3連複は外す。


3着ラインも2頭以上入れる器量が必要でした。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-21 00:03 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

フラワーCの予想 2017
未対戦の馬も多く、力関係が計りづらいレースかと。

 フラワーC 予想 2017

2戦2勝のファンディーナ。デビュー戦で逃げて馬なりで1.5秒差の勝利。前走はスローで逃げが粘るなか先行で0.3秒差も3着以下は離しての勝利。上のクラスでもやれそうな気配。

京成杯7着のサンティール。前走は後ろから2番手だったが、デビュー戦から2戦は前目の競馬をしており、どこからでも競馬ができそう。牡馬相手でもある程度やれる所を見せており、牝馬同士なら…。

フリージア賞6着からのシーズララバイ。前走は勝ち馬と同じ上がりで6着。位置取りがそのまま結果に出た感は否めない。牡馬相手の500万で頑張っており、牝馬同士でなら、もう少しやれるはず。脚の使いどころがポイントになりそうではあるが…。

フェアリーS3着のモリトシラユリ。前走が気になるが、2走前は悪くない。ダートでは先行も出来ており、ペース次第で立ち回れるなら面白い。

乗り替わりが問題ないならディーパワンサ。中山がやれるならハナレイムーン。休み明けでもやれるならドロウアカードやサクレエクスプレス。前走がもう少しやれていればデアレガーロ。叩いた効果でトーホウアイレス。上のクラスでもやれるならブライトムーン。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-20 10:02 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

スプリングSの結果 2017
頭数が少なかったスプリングSは…

5番人気ウインブライトはスタートはまずまずか。特に仕掛けず8番手を追走。残り1000mを過ぎて1頭上がって9番手。800mを切って仕掛け始める。4コーナーで仕掛けて、4コーナーで大外を回って一気に交して直線へ。追いだして修正しつつムチが入って残り200mで2番手に。追って追って追って内を交わして、後続の追撃を確認してゴールし優勝。

2番人気アウトライアーズのスタートもそこそこ。10番手に下げるが、1コーナーを回って9番手。行きたがるのを抑えての追走。1000mを切って8番手に上がる。800mを切って仕掛けるも前に馬がおり、4コーナーで判断が遅れて外へ。追い出して残り200mでムチが入って5番手。加速して3番手に上がって、前を追うも勝ち馬とは脚が同じになる。ゴール前で1頭交わすも2着。

6番人気プラチナヴォイスもまずまずのスタート。下がって7番手。中団だが、前とは2馬身以上、後ろとも2馬身ほど離れた追走。残り1000m辺りで後続が近づいてくる。残り600mの手前で仕掛けて、上がって4コーナーでは外を回る。直線に入って、すぐに先頭に立つと右ムチが入る。しかし、内によれてラチ沿いまで向う。ムチと追いを繰り返していたが減速し、残り50mを切って2頭に交され3着。

4着はスタートですべって出遅れた1番人気サトノアレス。5着は後方からの3番人気トリコロールブルー。


予想は2着、4着、5着、7着。

敗因は展開の読み損ね。さらに近走の成績を気にして、プラチナヴォイスを予想候補にも残さず…。

後方からの競馬が厳しいと思っていたが、選んだ4頭中3頭が見事に後ろの3頭…。ウインブライトは後方勢の中では一番前の位置取り。

プラチナヴォイスはココ2走が重賞で6着と4着を気にした…。レース間隔もそれほどひらいておらず、上積みは厳しいかと思ったのですが、まさか脚質を変えるとは思わず…。

単騎で楽に行くと思ったオールザゴーは逃げず。乗り替わりもあったが…。


またしても切った馬に1頭絡まれる…もう才能かも(笑)。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-20 00:28 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪神大賞典の結果 2017
ダントツ1番人気が出走した阪神大賞典は…

1番人気サトノダイヤモンドはそこそこのスタート。下がって7番手辺り。1頭上がって8番手。1周目の残り600mでクビを横にして行きたがるのを抑えると、下がって9番手に。1周目の直線では落ち着いての追走。ゴール板で1頭交わして8番手に上がる。残り1000mを切って行きたがるが抑える。残り700m辺りから1頭交わし、残り600mを切って仕掛ける。4コーナーでは外を回って直線へ。追いだして2番手に上がり、残り200mでムチが入る。ムチと追いで交して先頭に立つとそのままゴールして優勝。

2番人気シュヴァルグランのスタートはまずまず。前の方から下がって5番手。1頭が上がって6番手。1周目の直線で鞍上がチラチラと後ろのサトノダイヤモンドを確認する。1頭上がって7番手で1コーナーへ。残り1000m辺りでサトノダイヤモンドが来たので上がって5番手に。4コーナーで仕掛けて、先頭で直線に向う。追いだして、ムチが入って残り200m。しかし、100mの手前で交わされて2着。

5番人気トーセンバジルは少し遅めという程度ののスタート。9番手になるも1頭あがって最後方へ。1周目の800mの手前で1頭かわして9番手。さらに4コーナーで内を利して8番手に上がる。1周目のゴール板で1頭行って9番手。残り800m辺りから仕掛けて、前との差を詰める。4コーナーで追い出してムチが入る。直線では大外を上がって、残り200mを切って一気に差を詰める。2頭交わすも前の前の2頭とは距離があり3着。

4着はタマモベストプレイ。5着はスピリッツミノル。3番人気ワンアンドオンリーは7着。


予想は1着-2着-3着、9着。

馬連140円、3連複470円的中。

ただ、3連単1点やワイドにすべきでした…。

近走と鞍上が気になったレーヴミストラルは抑えが利かないので行かしてみたが、相手も譲らないので諦めたらしく、その後はさらにバタバタして終了~。危ない可能性はあっただけに、少し幅を見たのは不味かった。


ここまで人気だと買うのは絞らないと…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-20 00:13 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

スプリングSの予想 2017
コチラも頭数が少なくなったし、有力馬が出走も少ない…。

 スプリングS 予想 2017

フリージア賞勝ちのトリコロールブルー。2戦目は逃げ馬を楽に行かせた部分もあった。レース間隔が開いた前走を使って、上積みがあればさらにやれていい。中山は初めてだが、輸送はやれており、走り方はやれそうな気配。

ひいらぎ賞勝ちのアウトライアーズ。前走は後方から見事に差し切った。百日草特別は3着で連対馬は後の重賞勝ち。ある程度の能力はありそうだが、どのあたりにつけるか次第か。

朝日杯FS勝ちのサトノアレス。未対戦の馬が多く、前走だけではどの程度走れるかが分からない。賞金的にGⅠに向けて試す事も出来る立場なので、あっさり勝つかもしれないが、そこそこの可能性も。

白梅賞勝ちのオールザゴー。内で前からという事で狙ってみたい。中山はデビュー戦で経験がある。前走は早々と後ろにつかれたが、逃げ切った。頭数もあってペースをうまくコントロール出来れば…。

2走前の仕上がり次第でウインブライト。距離がやれるならモンドキャンノ。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-19 08:28 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪神大賞典の予想 2017
距離もありますが、大阪杯がGⅠになった事や、有力馬が出走して頭数が少なくなって盛り上がりに…。

 阪神大賞典 予想 2017

菊花賞馬サトノダイヤモンド。有馬記念も勝っており、折り合いがつけば力は抜けている。

昨年の勝ち馬シュヴァルグラン。位置取りは気になるが、普通に走れば連は外してほしくない。

馬連は1点勝負。

一叩きしたレーヴミストラル。位置取りがポイントになりそうだが、頑張ってほしい。

神戸新聞杯3着のトーセンバジル。初めての距離だが、折り合えば。

3連複は2点で。

復調していればワンアンドオンリー。流れひとつでタマモペストプレイ。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-19 00:45 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
マーチSの傾向 2017
at 2017-03-23 13:00
毎日杯の傾向 2017
at 2017-03-23 01:08
日経賞の傾向 2017
at 2017-03-22 00:54
高松宮記念の傾向 2017
at 2017-03-21 12:01
フラワーCの結果 2017
at 2017-03-21 00:03
フラワーCの予想 2017
at 2017-03-20 10:02
スプリングSの結果 2017
at 2017-03-20 00:28
阪神大賞典の結果 2017
at 2017-03-20 00:13
スプリングSの予想 2017
at 2017-03-19 08:28
阪神大賞典の予想 2017
at 2017-03-19 00:45
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク