<   2017年 05月 ( 52 )   > この月の画像一覧

安田記念3着の傾向 2017
過去10年の安田記念連対馬をチェックした「安田記念の傾向 2017」に続いて、安田記念3着もみておきます。


 安田記念3着の傾向 (過去10年の日本調教馬3着のデータから) 2017


【実績】
最低連対ラインは「重賞2着」。

該当するのは…

「重賞11戦してマイルSC2着2回、マイラーズC2着3着、スワンS2着3着、安田記念4着など」のフィエロ
「重賞8戦して阪神C2着や京阪杯2着、京王杯SC3着や京都記念3着、NHKマイルC5着など」のファリダット

連対馬と同様に「重賞2着2回」。

次点は「重賞勝ち(1回)」。

「重賞4戦して中山牝馬S12着、愛知杯8着、阪神牝馬S1着、ヴィクトリアマイル5着」のジョリーダンス

残り7頭は「GⅢ以上勝利+GⅢ以上連対」。

GⅠは「GⅠ連対」4頭。残りは「GⅠ3着など」「GⅠ5着のみ」「GⅠ6着のみ」「GⅠ5着と6着」「GⅠ6着と12着」「GⅠ11着と17着」。

連対馬の「GⅡ以上勝利+GⅡ以上連対」と比べると少し下がる。



【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは1800m以上が…

「小倉大賞典13着のみ」のコスモセンサー
「1800m500万3着、2000m500万3着、すれみS5着」のファリダット

出走が少ないか惜しいレースがあった。

残り8頭は「1800m以上勝利」。



【コース】
「東京連対」8頭。

残りは…

「1000万3着、安田記念8着と4着」のフィエロ
「NHKマイルC5着と京王杯SC3着」のファリダット

3着に加え、GⅠで掲示板とやれそうな気配はあった。



【脚質】
「先行」3頭、「差し」6頭、「追い込み」1頭。

10年中9回が「勝ち馬よりも後方の位置取り」で届かず。



【前哨戦】
「マイラーズC(4、10、3、3、6、5、3着)」6頭
「大阪杯5着」1頭
「京王杯SC3着」1頭
「ヴィクトリアマイル5着」1頭

連対馬よりも安定?しているが、3~5着がメイン。




【その他】
「人気」は6、12、10、12、15、3、5、10、9、9番人気。

連対馬と比べると上位人気が少なく、7割が「8番人気以下」なので、荒れるなら3着の可能性は高い。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で7頭。

届かず3着が多いが、上がりで勝ち馬に勝っているのは5回。
人気の部分を考えても、能力で3着という感じも受けるが…。



「鞍上」は「三浦皇成」騎手の2回が複数。

他はバラバラ。連対に名を連ねる騎手もいるが、特に得意そうは騎手がいるような感じはしない。



「年齢」は…

「6歳」5頭、「5歳」3頭、「4歳」1頭、「7歳」1頭。

連対馬もそうだが、5歳以上が多い。



「東京GⅡ以上連対」は5頭。

GⅡ以上が「東京GⅠ8着と4着(1000万3着)」、「東京GⅡ5着のみ(GⅢ2着)」、「東京GⅠ11着と16着、東京GⅡ5着と4着(GⅢ2着)」、「東京GⅡ3着とGⅠ5着」、「東京GⅠ5着のみ」。



実績と被るが「GⅠが2~11着」と、「日本馬のGⅠ勝ちがいない」。

「GⅠ馬」が4着以下に敗れたりする事もあるが、3着にいないのは興味深い。
出走メンバーにもよるだろうが、連対馬は「GⅠ連対」が多いので、その辺りでも劣っている。



複数3着は10年でスマイルジャック(5歳、6歳)1頭。

2着→3着のショウナンマイティ(5歳、6歳)もいて、10年で1~3着では6頭が複数絡んでいる。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-31 00:24 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

安田記念の傾向 2017
東京1600mで行われる3歳以上のGⅠ「安田記念」。

海外、特に香港からの外国調教馬の出走が多い。馬場の違いなどもあるので、海外調教馬は除いて考えます。

3着は別記事「安田記念3着の傾向 2017」で。


 安田記念の傾向 (過去10年の日本連対馬19頭のデータから) 2017


【実績】
最低連対ラインは「重賞2着」。

ただ、該当するのは…

「新馬1着、京王杯2歳S2着、朝日杯FS2着、ニュージーランドT11着、NHKマイルC3着」のリアルインパクト

ただ、デビュー戦以後は「GⅡ以上にしか出走が無く」、「大敗したニュージーランドTは震災の影響で、阪神に変更で初の関西遠征」、「それ以外は勝ち馬グランプリボスの2着2回と3着」。重賞勝ちの可能性はあったかと。

普通なら重賞勝ちがあっていい。

次点は「重賞勝ち(1勝)」。

「重賞5戦して京王杯2歳S6着、シンザン記念5着、スプリングS4着、京都新聞杯7着、ダービー卿CT1着」のモーリス
「重賞3戦して京都新聞杯12着、東京新聞杯1着、京王杯SC2着」のヴァンセンヌ
「重賞4戦で毎日杯6着、ラジオNIKKEI賞3着、エプソムC6着、京王杯SC1着」の11年のストロングリターン
「重賞14戦してダービー卿CT1着、中山記念3着、スプリングS4着など」のショウワモダン

残り14頭は『GⅡ以上勝利+GⅡ以上連対』。

前述の5頭中「GⅢ勝ち+スプリングS4着など」のモーリス以外の4頭に「GⅡ連対+GⅡ以上連対」や「GⅢ以上勝ち+GⅡ以上3着以内」があり、重賞で複数上位が無いと厳しい。

「重賞勝ちのみ」の場合は、OP勝ち(2走前にGⅢ勝ち)のショウワモダン以外は「2走以内に重賞勝ち」。単発の実績の場合は注目したい。

GⅠは「GⅠ連対」13頭、「GⅠ3着」1頭、「GⅠ初出走」4頭、「芝GⅠ16着と11着」1頭。



【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上連対」。

「1600m2着」までだったのは…

「ジュニアC2着のみ」のロードカナロア
「朝日杯FS2着、NZT11着、NHKマイルC3着」のリアルインパクト

「出走数が少ない」のと「高いレベルで2着や3着」とやれそうな気配はあった。

次点は「1600m勝ち」だが…

「1800m以上が休み明けのスプリングS4着のみ」のグランプリボスの2回

残り15頭が「1800m以上連対」。

ちなみに13年のショウナンマイティは「1800勝ち、1600m以下初出走」の「距離短縮」で連対している。



【コース】
「東京連対」15頭、「初出走」1頭。

残りは…

「京王杯2歳S6着(0.4秒差 2戦目)のみ」の15年時のモーリス
「青葉賞5着(0.3秒差)のみ」のショウナンマイティ
「東京優駿11着のみ」のコンゴウリキシオー

左回りは、ショウナンマイティが青葉賞のみ、コンゴウリキシオーは中京GⅡとGⅢ勝ちなど。
初出走のロードカナロアは「高松宮記念1着と3着」など左回りで結果が出ていた。



【脚質】 ※海外調教馬含む
「逃げ」2頭、「先行」5頭、「差し」13頭。

1000mは59.1、57.3、59.1(不良)、57.0、56.3、57.0、56.3、57.4、57.9、57.5で速くなる事が多め。
直線の長さとペースもあって後方からが多いが、前も粘る事もある。



【前哨戦】 ※海外調教馬含む
「京王杯SC(2、4、7、1着)」4頭
「ドバイ帰り」2頭
「マイラーズC(9、1着)」2頭
「ヴィクトリアマイル(1、2着)」2頭
「大阪杯(2、2着)」2頭
「ダービー卿CT(2着、1着)」2頭
「チャンピオンズマイル(1、2着)」2頭
「高松宮記念1着」1頭
「マイルCS9着」1頭
「NHKマイルC3着」1頭
「メイS1着」1頭

着順は、復調前や叩き台などもあってか、「GⅠ9着、GⅡ9着、OP5着以内」。距離の違いなどもあってあまりこだわる必要はない。



【その他】 ※海外調教馬含む
1番人気5連対、2番人気4連対、3番人気3連対。

5番人気2連対、8番人気2連対、残りは6、9、13、16番人気。
上位人気が半分を超えているが、二桁人気も絡んでおり、荒れる事も。



上位人気で4着以下だったのは10年で30頭中17頭。

実績は「GⅠ連対」、前哨戦は「GⅡ以上3着以内」、距離やコースもこなせている場合がほとんどなので、判断が難しい。

特にスーパーホーネット、ダイワメジャー、テレグノシスなどは2度以上4着以下に敗れていながら、その後連対している。枠や脚質も近い感じだったのだが…。

「数をこなす(年を取る)」か「流れに乗る」必要があるのかも。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で14頭。

16年は超スローになったが、脚質の割に先行勢でもいい脚を使っている馬が多い。
上位人気で4着以下に敗れた馬は8割方が「上がり4番手以下」なので、残り600mで良い脚を使えるタイプがいい。



現役で「鞍上」は「福永祐一」騎手と「岩田康誠」騎手の2連対が複数。

後はバラバラ。上位人気が崩れる事も多く、あまり鞍上で決めるのはお奨め出来ない。



「年齢」は…

「5歳」7連対、「6歳」6連対、「4歳」4連対、「7歳」2連対、「3歳」1連対

6歳や7歳も多く、年齢が高い馬も通用している。4歳や5歳が上位人気になる事も多いが、「3度目の正直など」で連対するケースもあり、年齢を重ねるのがプラスに働く事も考えられる。



13頭に「東京GⅡ以上連対」があった。

海外調教馬2頭を除くと、残りは「初出走」1頭と「東京優駿5着と毎日王冠6着」、「京王杯2歳S6着のみ」、「青葉賞5着のみ」、「東京優駿11着のみ」、「東京GⅡ出走無し(芝GⅢは6着と9着)」。




日本馬は「年明けレース数」では「4戦目以下」が多い。

7戦目のショウワモダン、6戦目のアサクサデンエン以外が該当している。
前哨戦が良くても敗れたり、叩いて上積みなどもあって、判断が難しい。



複数連対は10年でモーリス(4、5歳)、グランプリボス(4、6歳)、ストロングリターン(5、6歳)、ウオッカ(4、5歳)の4頭。

少し延ばすとアサクサデンエン(6、7歳)が絡む。
難しいと言われる東京1600mだけに、合った馬がいいのかと。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-30 00:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の結果 2017
かなりのスローとなった東京優駿(日本ダービー)は…

2番人気レイデオロはそこそこのスタート。軽く仕掛けて、抑えると13番手で1周目のゴール板を通過。2コーナー辺りから14番手。しかし、残り1500mを切った辺りで一気に外を上がって、残り1400mで5番手、1300mで2番手に上がる。鞍上が斜め左後ろを確認して、残りが1200m。逃げ馬とは1馬身ほどで追走。4コーナーで並びかける。直線では内に併せずに外目に出して、追い出して残り400m。右ムチが1発入って300mを切って、左ムチが2発入る。外から後続が近づいてくるが、追って追って左ムチが入るとグッと加速し、リードを確保するとムチを一発軽く入れてゴールし、優勝。

3番人気スワーヴリチャードは1馬身くらいか出遅れ。仕掛けるも内をゆっくりと上がる。10番手辺りで1周目のゴール板を通過。コーナーの内を利して7、8番手で向う正面へ。外から2頭上がるも下がった馬もいて、残り1200mでは8番手、1100mで7番手。800m辺りから、アルアインとダンビュライトの間に入れる。仕掛けて4コーナーから直線で外へ出して、アルアインを外へ広げるが、左ムチが入ると外へ。追って追って残り400mで4、5番手で、ムチが入って追う。残り200mで3番手に上がって、左ムチが1発入り、追って追って追うが内の逃げ馬を交わして2番手に上がるも前との差が縮まらず2着。

1番人気アドミラブルは外にヨレたスタートで少しおかれる。押して行き脚をつけると内へ移動して行って、14番手で1周目のゴール板。コーナーで外回った分で17番手に。向う正面で1500mを過ぎて上がって行き、12番手辺り。残り1200mで13番手。下がって残り800mで15番手になり、残り700mで仕掛けて追い出して残り600m。4コーナーでは外を追って、直線で大外を追い出すが、前が邪魔になってさらに外へ進路を変更。追い直して右ムチが入って、残り400mで9、10番手辺り。追って追って右ムチが入り、残り250mで左ムチが入る。残り200mで8番手で、右ムチと追いで内を交わしていくもゴール前に3番手に上がるのが精一杯で3着。

4着は逃げたマイスタイル。5着はアルアイン。


予想は1着、2着、5着、11着。

馬連1620円的中。

ただ、迷った末に人気だったので「普通に考えれば2着はあるとした」アドミラブルを予想に入れず。上位2頭に期待していたので馬連は取れると思ったのがマズかった。入れておけばよかった…。

1000mが63.2と過去10年で良馬場では61.6だが、それよりも1.6秒も遅い。逃げ馬が4着に粘っており、後ろからの馬には厳しくなりました。

早めに動いたレイデオロのC.ルメール騎手は見事でした。藤沢和雄調教師が「1000mの通過をアナウンス聞いて動いて…日本語分かってるんじゃ?(笑)」みたいな冗談言ってましたが、すでに900m時点で動いてましたね(笑)。追記…新聞に「300mくらいでスローと分かった」と記事がありました。

アルアインの松山騎手は「スタート良く、道中もすごくいいポジションを摂れたのですが、そこから自分が何もできませんでした」のコメント。

カデナの福永騎手は「馬は本当にいい状態でした。…略…僕がスタートを含めて勝負できるポジションで競馬をさせてあげられなかったのが全て。…略」との事。

その後の目黒記念の2着馬のマズさを見ても、やはり騎手の腕は大事です。


ヤネも考えて、素直に買う事も必要です。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-29 00:25 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

目黒記念の結果 2017
東京優駿の2レース後に行われた目黒記念は…

8番人気フェイムゲームはまずまずのスタート。ジワっと下がって行く。13番手辺り。1コーナでは12番手に。2コーナーでは10番手に。道中はその位置取り。4コーナーは外を仕掛けて、直線に入ってレコンダイトの後ろで追い出す。進路がしっかりと開いて、追い出して残り400mで10番手辺り。追って左ムチが入って300mをきる。残り200m辺りから追いとムチを繰り返すと、外を一気に加速して残り50m辺りで前を交わして先頭に立つ。そのまま少しリードを広げた所がゴールで、優勝。

1番人気ヴォルシェーブもスタートはよかったか。押して押して前の方へ。シルクドリーマーが先頭に立つと手綱を引いて追走。8番手の内を追走。向う正面では9番手。4コーナーで仕掛けて、直線に入るも前にクリプトグラムがいて追えない。外の隙間に出そうとするもレコンダイトが強くこじ開けられない。仕方なく、クリプトグラムの内へ進路を取る。ウムブルフがいたが、進路が確保できて追い出して残り200mで5番手。ムチが入って残り100mを切って先頭に立つが、一気に外から交わされて2着。

13番人気ハッピーモーメントもいいスタートから前の方へ。100mほどで3、4番手に。4番手で1コーナーへ。2コーナーで3番手に上がる。道中はその位置取り。4コーナーから直線では内から4頭ほどの辺りに出す。追って左ムチが入って400m。追いとムチで先頭に立つ。右ムチにかえて、追って粘っていたが、あっさり外から交わされ、もう1頭大外から交わされて3着。

4着はクリプトグラム。5着はレコンダイト。2番人気のウムブルフは9着。3番人気のモンドインテロは8着だった。


予想は1着、2着、8着、16着。

馬連3450円は的中。

ただ、迷ってアルターを選んで最後にハッピーモーメントを選ばず。6頭目も4着なので、狙いは悪くなかったが…。人気薄も絡む可能性があったのだが、フェイムゲームを選んだので、7歳を2頭入れるのを気にしたのが不味かった。

アルターは「いつもと走りが違って、いやいや走っていた。敗因がよく分からない」との事。

ちょっと強引な乗り方をして、しっかりと追えなかったヴォルシェーブが半馬身差で2着…進路をしっかりと確保して追い出して勝ったフェイムゲーム。騎手の腕は本当に大事です。


少し傾向で年齢を気にし過ぎました。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-29 00:07 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の予想 2017
皐月賞をどう判断するかで、予想が変わってきそうですが…。

 東京優駿(日本ダービー) 予想 2017

ホープフルS勝ちのレイデオロ。皐月賞馬ぶっつけ後方からで、0.4秒差の5着。強いと思わせた。使った上積みを考えると、さらに上の能力を見せてもおかしくない。

皐月賞6着のスワーヴリチャード。前走は位置を下げたり、右手前で走って6着。左回りで普通に走れるなら、あっさり逆転はある。東京も2戦2連対と相性は悪くない。

応援馬アルアイン。シンザン記念は不利があって6着。前走も一度下がりながらも盛り返してきたのは見事。ただ、さすがに距離はあっているかは分からない。後は速い脚をどれくらい使えるかもポイントになるかと。

弥生賞勝ちのカデナ。前走は馬体重も減っており、行く気もなかったとの事。馬体重を増やして、やる気があるなら3着があってもいい。

普通に考えれば2着はありそうなアドミラブル。鞍上次第でサトノアーサーとペルシアンナイト。位置取りでダンビュライト。一変するならマイネルスフェーン。うまく乗ればエストアプローチ。距離がやれるならウインブライト。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-28 03:37 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

目黒記念の予想 2017
思っていた以上に、メンバーの力関係が分かりかねます…。

 目黒記念 予想 2017

1600万勝ちのアルター。昨年10月にトーセンバジルに0.2秒差の競馬がある。さらに破った馬にGⅡ5着が何頭かおり、それくらい走ってもおかしくない。関西での競馬で上位が多く、関東馬プラスに出れば、上位があったもいい。乗り替わりは気になるが…。

ステイヤーズS3着や日経新春杯3着のモンドインテロ。前走は久々の2000mでGⅠと度外視できる。アルゼンチン共和国杯や目黒記念で掲示板もあり、東京のハンデ戦もやる程度やれている。立ち回り次第で。

休み明けを叩いたヴォルシェーブ。アルゼンチン共和国杯3着があり、いい脚を使えるはず。乗り替わりがいいとは思えないが…。

休み明けのフェイムゲーム。トップハンデは気になるが、実績や鞍上は非常に魅力的。掲示板以上が狙えるはず。

ペース次第でハッピーモーメント。仕上げ次第でクリプトグラム。一つ上があればカフジプリンス。成長でウムブルフ。叩いた効果でヒットザターゲット。前走以上でシルクドリーマー。展開でトルークマクト。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-28 02:55 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の予想候補 2017
過去10年の連対馬をチェックした「東京優駿(日本ダービー)の傾向 2017」を元にして、東京優駿(日本ダービー)の予想候補を選んでみます。

実績「GⅡ以上勝利、またはGⅢ勝ちでGⅠ1戦かGⅡ以上連対」、距離「2000m以上勝利、または1800m勝ちで2000m以上1戦」、コース「東京連対か初出走」、上がり「連対時に上がり2番手以内3回以上」、前走「GⅠ不問、GⅡ勝利」を条件にすると…

アドミラブル
ウインブライト
カデナ
スワーヴリチャード
ペルシアンナイト
レイデオロ

がクリア。

上がりが2回で、シンザン記念で不利のあった

アルアイン

GⅢ2着2回が、雨や乗り方に問題のあった

サトノアーサー

実績もGⅠとGⅡで3着、距離も2000m3着2回などの

ダンビュライト

はセーフか。

3着は「東京優駿(日本ダービー)3着の傾向 2017」で、実績は「GⅡ連対や重賞勝ち」、距離「1800m以上連対」、コース「東京連対か初出走」、前哨戦「GⅠ不問、GⅡ6着まで」など…。

ベストアプローチ、マイネルスフェーン辺りも…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-27 01:05 | 競馬(GⅠ) | Trackback(1) | Comments(0)

目黒記念の予想候補 2017
過去10年の連対馬+3着馬をチェックした「目黒記念の傾向 2017」を元にして、目黒記念の予想候補を選んでいます。

実績「1000万勝ち以上で、GⅠ10着、GⅡ8着、GⅢ4着以上か1戦」、距離「2400m以上連対、または2400m3着か2400m重賞5着程度」、コース「東京連対か初出走、あるいは重賞6着以内」、近走「3戦以内にGⅠ4着、GⅢ以上3着以内、OP連対、条件戦1着」をラインにすると…

アルター
ヴォルシェーブ
ウムブルフ
カフジプリンス
クリプトグラム
サラトガスピリット
シルクドリーマー
トルークマクト
ハッピーモーメント
モンドインテロ

はセーフ。

一叩きした

ヒットザターゲット

休み明けの

フェイムゲーム

芝が走れるなら

ラニ

は残せるか。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-26 01:57 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の枠順決定! 2017
2017年5月28日(日)に行われるGⅠ東京優駿(日本ダービー)の枠順が発表されました。

※ちなみに通常と違って「東京10R」となっていますので、お間違いなく。

 第84回 東京優駿(日本ダービー) GⅠ 東京 芝2400m

1枠 1番 ダンビュライト 牡3 57 武豊 音無秀孝
1枠 2番 アメリカズカップ 牡3 57 松若風馬 音無秀孝
2枠 3番 マイスタイル 牡3 57 横山典弘 昆貢
2枠 4番 スワーヴリチャード 牡3 57 四位洋文 庄野靖志
3枠 5番 クリンチャー 牡3 57 藤岡佑介 宮本博
3枠 6番 サトノアーサー 牡3 57 川田将雅 池江泰寿
4枠 7番 アルアイン 牡3 57 松山弘平 池江泰寿
4枠 8番 トラスト 牡3 57 丹内祐次 中村均
5枠 9番 マイネルスフェーン 牡3 57 柴田大知 手塚貴久
5枠 10番 ベストアプローチ 牡3 57 岩田康誠 藤原英昭
6枠 11番 ペルシアンナイト 牡3 57 戸崎圭太 池江泰寿
6枠 12番 レイデオロ 牡3 57 C.ルメール 藤沢和雄
7枠 13番 カデナ 牡3 57 福永祐一 中竹和也
7枠 14番 ジョーストリクトリ 牡3 57 内田博幸 清水久詞
7枠 15番 ダイワキャグニー 牡3 57 北村宏司 菊沢隆徳
8枠 16番 キョウヘイ 牡3 57 高倉凌 宮本博
8枠 17番 ウインブライト 牡3 57 松岡正海 畠山吉宏
8枠 18番 アドミラブル 牡3 57 M.デムーロ 音無秀孝

過去10年で平均17.8頭の1~16番で「内14:外6」
(3着は1~14番で「内6:外4」)。
馬番は「1番」の6連対がトップで、「3番」「8番」が2連対ずつ。
(3着までだと、「1番」7回、「3番」5回、「7番」「14番」3回、「8」「10」「11」の2回。)

皐月賞馬アルアインは7番、ホープフルS勝ちのレイデオロは12番、青葉賞勝ちのアドミラブルは18番、共同通信杯勝ちのスワーヴリチャードは4番、、毎日杯2着からのサトノアーサーは6番、弥生賞勝ちのカデナは13番、皐月賞2着のペルシアンナイトは11番、皐月賞3着のダンビュライトは1番に入った。

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-25 14:54 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

目黒記念の傾向 2017
東京2500mで行われる古馬ハンデGⅡ「目黒記念」。

2月開催だったが、97年に6月、00年に5月に行われていた。11年を除いて06年から東京優駿(日本ダービー)と同日に行われている。12年から「3歳以上」から「4歳以上」に変更されており、07年には3歳馬ココナッツパンチが2着している。

今年は3着もチェックしてみます。


 目黒記念の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは…

「1600万が7着と12着、OP以上不出走」のイケドラゴン

次点「1600万勝ち」。

「OPはホープフルS8着、大阪ハンブルグC4着、重賞が京成杯4着とセントライト記念8着」のマイネルメダリスト
「OPは福島民報杯5着、重賞が5戦して福島記念3着や有馬記念4着など」のラブイズブーシェ
「OP不出走、重賞は天皇賞(春)10着のみ」のトウカイパラダイス
「OP不出走、重賞は青葉賞3着のみ」のハートビートソング
「OPはプリンシパルS10着、重賞はダイヤモンドS6着と阪神大賞典8着」のコパノジングー
「OP不出走、青葉賞12着、神戸新聞杯4着、菊花賞6着、天皇賞(春)4着」のホクトスルタン

次々点は「OP連対」。

「OP勝ち、重賞出走無し」のクリプトグラム
「OP2着、重賞出走無し」のレコンダイト
「OP勝ち、重賞6戦ダイヤモンドS3着、神戸新聞杯4着、日経新春杯5着など」のスマートロビン
「OP2着、重賞は5戦して目黒記念6着など」のキングトップガン

残り9頭は「重賞連対」。

ハンデ次第だが、イケドラゴン以外は「GⅠ10着、GⅡ8着、GⅢ4着以内」なので、その辺りがラインか。

(3着は「1000万勝ち」。1600m以上が「5着と7着(2年前)」1頭。次点は「1600万勝ち」で、OP以上が「日経賞4着と天皇賞(春)14着」と「OP3戦4着2回など、重賞は東スポ杯2歳S12着、セントライト記念7着、新潟大賞典4着」と「ダイヤモンドS11着と大阪ハンブルグC9着」。次々点は「OP勝ち」で、「日経賞13着のみ」と「皐月賞13着、ラジオNIKKEI賞3着、日経新春杯6着」。残り4頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「2000m以上勝利」。

2000mまでしか連対が無かったのは…

「未勝利2200m3着、2400mが1600万4着とGⅡ8着、有馬記念4着」のラブイズブーシェ
「2200m以上出走無し」の07年は出走可能だった3歳馬ココナッツパンチ

次点「2200m」は

「2400mが芝500万3着、ダート500万8着、2500mが1000万7着」のイケドラゴン

次々点の「2400m連対」。

2500m以上が…

「2500m以上出走なし」のクリプトグラム、レコンダイト、ハートビートソング
「天皇賞(春)10着のみ」のトウカイパラダイス
「目黒記念6着とダイヤモンドS15着」のキングトップガン
「ダイヤモンドS6着と阪神大賞典8着」のコパノジングー

残り11頭には「2500m以上勝利か連対」があった。

(3着は「2200m」。2400m以上が「菊花賞3着と有馬記念4着」。次点は「2400m」で、「日経賞13着のみ」「2500m以上初」「有馬記念8着、菊花賞6着、ダイヤモンドS13着」。それ以外は「2500m以上勝利」。)



<コース>
「東京連対」14頭、「初出走」3頭。

残りは…

「目黒記念4着、GⅠ4戦天皇賞(秋)5着など」のヒットザターゲット
「芝は4戦して目黒記念6着やメトロポリタンS6着2回など」のキングトップガン
「青葉賞3着のみ」のハートビートソング

東京連対が無かった馬は「中京連対」4頭と「東京OP以上1戦で3着」1頭と「新潟連対」1頭と「左回り連対か3着」。

(3着は「東京連対」7頭、「初出走」1頭。残りは「500万5着、1000万5着、GⅢ11着」と「8戦してGⅡ3着や4着、1000万3着など」。)



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」7頭、「差し」10頭。

だいたいの1000mは60.0、59.2、60.3、58.6、58.3、59.4(稍重)、62.7、61.6(不良)、59.4、61.9と速くなる事もある。
仮柵移動もあって、直線の長さやペースの割に前が残る。

(3着は「先行」4頭、「差し」6頭。)



<その他>
1番人気6連対、2番人気1連対、3番人気2連対。

4番人気3連対、7番人気2連対、8番人気2連対で、残りは5、9、11、12番人気。
「1~8番人気」が7割を占めている。

3着は8、1、4、3、6、6、7、17、2、6番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で12頭。

直線の長さなどを考えると少なく、Cコース仕様になった影響が出ているかと。
レース内で速い脚を使うよりも、良い位置でタイミングよく仕掛けるのがいい。

(3着は10頭中6頭。)



「鞍上」は「蛯名正義」騎手が3連対でトップ。

「横山典弘」騎手の2勝が続く。
ハンデの影響もあって、リーディング上位にこだわる必要はないかと。

(3着は「戸崎圭太」騎手と「三浦皇成」騎手の2回ずつ。連対にも名のある「小牧太」騎手、「福永祐一」騎手も。)



ハンデは51~58.5キロで平均55.23キロ。中央値は56キロ。
58.5キロがいるが、51キロが3頭と下げている感もあるので、判断は難しい。

(3着は52~5キロで平均55.35キロ。中央値は55.5キロ。)


トップハンデは57.5~58.5キロ。
のべ12頭で1連対3着1回と少ない。他馬との比較もあるので、あまりお奨め出来ない。



「年齢」は「5歳」の9連対3着3回がトップ。

「4歳」5連対3着4回
「6歳」3連対3着1回
「7歳」1連対3着1回
「8歳」1連対
「3歳」1連対 ※以前は3歳も出走可能だった

で古馬でも5歳が少し抜けている。2015年は4歳の出走は無かったが…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-25 00:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク