東京スポーツ杯2歳Sの予想候補 2017
東京スポーツ杯2歳Sの過去10年の連対馬+3着馬をチェックした「東京スポーツ杯2歳Sの傾向 2017」を元にして、予想候補を選んでみます。

実績「新馬・未勝利勝ち以上、出走があれば500万勝ちかOP連対」」、距離「1800m連対、または1400m以上勝利でそれ以上に出走無し」、コース「東京連対か初出走」、上がり「連対時に2番手以内、34.7以内」を条件にすると…

ゴールドギア
ルーカス
ワグネリアン

がクリア。

逃げ馬と2番手でや不良馬場で上がりが遅めの

コスモイグナーツ
シャルルマーニュ

はセーフ。

前走着差があったカフジバンガードをどうするか…。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2017-11-17 10:15 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東京スポーツ杯2歳Sの傾向 2017
東京1800mで行われる2歳GⅢ「東京スポーツ杯2歳ステークス」。

以前は「馬場の悪さ」や「寒さ」の影響もあってか「勝ち馬が故障」するケースが多かった。しかし、近年は温暖化やコース替わり?などもあり、勝ち馬から皐月賞馬イスラボニータ、東京優駿馬ディープブリランテ、朝日杯FSのローズキングダムやフサイチリシャール、香港ヴァーズや宝塚記念のサトノクラウン、凱旋門賞2着のナカヤマフェスタを輩出。2着からは3歳クラシック2冠などのメイショウサムソン、3着からは朝日杯FSや有馬記念のドリームジャーニーが出ており、注目の一戦。今年は3着もチェックしてみます。

※16年はこの週からCコース。


 東京スポーツ杯2歳Sの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

細かくみると…

「新馬勝ち直後」5頭
「未勝利勝ち直後」4頭
「新馬1着、いちょうS4着(不利あり)」のブレイクランアウト

それ以外は

「500万勝ち(地方戦含む)」2頭
「OP2着」1頭
「OP1着」4頭
「重賞連対」3頭

「OP以上で力を見せている」か「上のクラスに出走していない」がほとんど。出走がありながら、OPや500万で結果が出ていないようでは厳しい。

(3着は「OP勝ち」1頭、「OP2着」1頭、「新馬勝ち直後」3頭、「未勝利勝ち直後」4頭、残りは「新馬勝ち+OP3着」1頭。)



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

1400mまでなのは…

「1400m2戦2勝、1500m以上初」のスズジュピター

次点は「1600m勝ち」。

1600mまでは6頭で共に「1800m以上に出走なし」

次々点1700mも「1800m以上初」1頭。

残り13頭は「1800m以上勝利」。

ちなみに「2000m勝ち」で、「1800m新馬3着」のフジマサエンペラーと「1800m新馬4着」のリフトザウイングスが「1800mに出走ありも3着以下」で連対している。

過去10年で「2000mのみ出走」の連対は1度。16年のスワーヴリチャードが2着したが、上位人気で3頭中1頭なので、違いなどがある可能性も。

(3着は「1600m以上勝利」。「1600mまで」は4頭で、「1800m以上初」3頭と「1800m未勝利8着のみ」1頭。6頭は「1800m以上勝利」。「2000m勝ちで1800mが未勝利3着と4着」が1頭。)



<コース>
「東京連対」10頭、「初出走」9頭。

残り1頭は…

「不利のあったいちょうS4着」のブレイクランアウトのみ

2012年から2歳戦が東京スタートになって増える可能性はあるが、能力があれば直線だけで決まる事もあるので、初出走でも大きな問題はない。
ただ、「左回り」や「直線が長い」などの特徴もあるので、苦手な場合はダメな事もあるが…。

(3着は「東京連対」7頭、「初出走」2頭。残りは「いちょうS3着のみ」。)



<脚質>
「先行」8頭、「差し」10頭、「追い込み」2頭。

1000mは60.6、62.4、60.3、59.6、58.4、63.6(不良)、60.1、61.1、61.0、59.4であまり速くならない。

先行が粘るが、直線の長さも能力差もあって差しも決まる。

(3着は「先行」1頭、「差し」9頭。)



<その他>
「人気」は1番人気6連対、2番人気3連対、3番人気4連対。

4番人気4連対、9番人気2連対で、残りは10番人気。
「1~4番人気」で決まることが多い。

3着は1、6、9、5、7、12、7、9、4、5番人気で、荒れるならココかと。


上位人気で4着以下だったのは…

「新馬勝ち直後」6頭
「未勝利勝ち直後」2頭
「2戦2勝OP勝ち」3頭
「新馬勝ち+OP2着」2頭
「新馬勝ち+重賞連対」2頭
「地方2勝+OP2着+重賞1着」1頭

連対馬にも該当している場合もあって、判断が難しい。

ただ、「OP以上連対」は展開が影響した感が強いが、「新馬勝ち直後」は後の成績を見ても過剰人気が多い。
同じ「新馬勝ち」でも「9番人気や1番人気」が絡んだりするが、「2、3番人気が苦戦」したりする。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で16頭。

先行勢が多いが、その割に該当している馬が多い。
全体的に3ハロンのタイム自体は速いので、良い脚を使えるかがポイント。

「新馬勝ちの上がり4番手のみ」のナカヤマフェスタ以外の19頭には『連対時に上がり2番手以内』。
20頭中17頭が『過去に1戦は上がり34.7以内』。残りは「重馬場」、「新馬勝ちのみで着差のある楽勝」、「地方の芝1戦」などで、馬場状態などの条件次第では可能性があったかと。

(3着は7頭が該当。10頭共に「連対時に上がり2番手以内」。9頭は「上がり34.7以内」。残りは「札幌3戦と京都2000m2戦」で上がりは35.0が最速。)



「鞍上」は10年で「武豊」騎手の3連対がトップ。

「蛯名正義」騎手(3着2回)、「横山典弘」騎手、「C.スミヨン」騎手が2連対。

1連対3着2回の「田中勝春」騎手は人気薄で絡んでいる。他にも「柴田大知」騎手の1連対3着1回など。
素質馬を任せられる事が多いジョッキーを狙ってみるのもひとつか。

上位人気で4着以下は「岩田康誠」騎手、「福永祐一」騎手、「戸崎圭太」騎手らが複数回該当。前2騎手は上位が1回あるが、、まだ3着もない「戸崎圭太」騎手の今後が注目される。



10年で連対馬は「5着以下は無い」。

いちょうS4着のブレイクランアウト、新馬4着のリフトザウイングスとフサイチリシャール以外は「3着以内」。
デビュー戦やOP以外で崩れていると厳しい?

(3着馬は「新馬5着」や「未勝利8着」がある。)



[PR]
# by a_doctrinaire | 2017-11-16 00:03 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

マイルCS3着の傾向 2017
GⅠですので、過去10年の連対馬を調べた「マイルCSの傾向 2017」に続いて、マイルCSの3着馬もチェックしておきます。


 マイルCS3着の傾向 (過去10年の3着馬データから) 2017


【実績】
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのはOP以上が…

「若駒S6着とプリンシパルS15着」のゴールスキー

ただ、重賞1戦1勝馬が1番人気と出走メンバーが微妙な感があった。

次点は「GⅡ勝ち」。

「中山金杯7着、小倉大賞典3着、函館記念6着、札幌記念1着」のネオリアリズム

残り8頭は「重賞勝ち+GⅡ以上連対」。
ちなみに海外馬サプレザは「3、4、3着」。

GⅠは「GⅠ連対」6頭、「GⅠ3着」1頭、「GⅠ初出走」2頭、「5着、10着、10着」1頭。



【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

「1600m勝ち」までは、1800m以上が…

「ジェーヴル賞3着とダーレーS4着」の海外馬サプレザの2回
「きさらぎ賞8着、スプリングS9着、エプソムC4着、オパールS11着」のファイングレイン

残り8頭に「1800m以上勝利」があった。

連対馬と同じく1600mまではいるが少ない。

ちなみに1800m勝ちで、1600m以下が「初出走(新馬取り消し)」のネオリアリズムと「安田記念111着のみ」のグランデッツァが距離短縮に対応。



【コース】
「京都連対」6頭、「初出走」3頭。

残りは…

「マイルSC3着と4着」の11年時のサプレザ



【脚質】
「先行」3頭、「差し」7頭。

連対馬の方が先行勢が少し多いが、同じように差し中心。



【前哨戦】
「サンチャリオットS1着」2回、「天皇賞(秋)3着」1頭、「札幌記念1着」1頭、「毎日王冠6着」1頭、「富士S1着」1頭、「府中牝馬S3着」1頭、「清水S1着」1頭、「スプリンターズS9着」1頭、「スワンS5着」1頭、。




【その他】
人気は10年で7、1、9、1、5、8、2、5、10、5番人気。

「1~5番人気」が多いのは連対馬と同じで、たまに人気薄が絡む。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で4頭。

連対馬同様に脚質の割に該当馬が少ないので、早い仕掛けの方が上位が多い。



鞍上は10年で「福永祐一」騎手の2回がトップ。

他は海外騎手や連対にも名前のある騎手が多い。



年齢は10年で…

「5歳」5頭
「4歳」3頭
「3歳」1頭
「6歳」1頭

「5歳と4歳」が多いのは連対馬と同じ。

性別は「牡7:牝3」。



14年崩れたが、過去10年で「GⅠ連対がない」馬は「札幌記念1着」、「スワンS連対」、「富士S勝ち」、「1600万勝ち」と前哨戦で連対や勝利が多い。

「状態が良ければGⅠ実績が無くても3着」はある。



[PR]
# by a_doctrinaire | 2017-11-15 00:28 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

マイルCSの傾向 2017
京都1600mで行われるGⅠ「マイルチャンピオンシップ」。

春の安田記念と双璧をなす古馬マイルGⅠ。以前はかなり堅い印象のレースの時期があり、途中で大きく荒れはじめ、堅く収まりだしたかと思うと、荒れてみたりと数年毎に「流れ」みたいなモノが出たりするレースなのかと。

3着は別記事「マイルCS3着の傾向 2017」で。


 マイルCSの傾向 (過去10年の連対馬データから) 2017


【実績】
最低連対ラインは「重賞2着」。

該当するのは…

「マイラーズC2着、安田記念8着、スワンS3着」の14年時のフィエロ
「ラジオNIKKEI杯5着、京成杯7着、ダービー卿CT2着、京王杯SC12着、富士S9着」のマイネルファルケ

前者は、重賞3戦でGⅡ2着と3着と底を見せておらず、当日3番人気。
後者は、重賞5戦で2着1回、他も「0.4秒差以内」とおおきく負けていないが、ココ10年で見ても1000mの通過が2番目に遅い年(2年前まで最も遅かった)で、メンバーや展開面もあったかと。

次点は「重賞勝ち」。

「富士S1着」のダノンヨーヨー

この重賞1戦のみで、本馬が1番人気と出走メンバーの部分が大きかったか…。

次々点は「重賞2着3回」。

「重賞8戦してマイラーズC2着、マイルCS2着、スワンS2着」の15年時のフィエロ

15年のフィエロはGⅢ以下への出走はなく、GⅡは常に2着か3着で、当日2番人気。

残り16頭は「重賞勝ち+重賞連対」。
細かくは『GⅡ以上連対+重賞連対』。

GⅠは「GⅠ連対」13頭、「GⅠ3着」3頭、「GⅠ初出走」2頭、「安田記念8着のみ」1頭、「安田記念9着のみ」1頭。



【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

ただ、1600までだったのは1800m以上が…

「出走なし」のミッキーアイル
「スプリングS4着と毎日王冠6着」のグランプリボス
「東京優駿15着のみ」のエーシンフォワード

数をあまり走っていなかった。

残り17頭は『1800m以上連対』。
馬場の内側が荒れてきており、外を回らされるケースも多いので、コレを中心に考えたい。

「1800m勝ちで1600m以下初」のトーセンラーが「距離短縮」でやれている。



【コース】
「京都連対」17頭、「初出走」1頭。

残りは…

「マイルCS3着のみ」のイスラボニータ
「スワンS8着とマイルCS8着」のフィフスペトル

共に関東馬で、前者は初関西で出遅れGⅠ3着、後者は3歳時に休み明けと次走で共に「0.5秒差」と悪くなく、その後に阪神でファイナルS2着と輸送はこなせていた。

あまり難しいコースではないと思うので、輸送以外に大きな問題はないかと。



【脚質】
「逃げ」2頭、「先行」5頭、「差し」12頭、「追い込み」1頭。

1000mは57.5、59.0、56.7、58.3、58.0(稍重)、58.6(稍重)、56.7、58.7、57.9、58.0で、ペースが遅めの年やGⅠ馬の場合には「逃げや先行」が絡むが、基本は中団から後ろが多い。



【前哨戦】
「天皇賞(秋)8、1、9着」3頭、「スワンS(3、2、1、8、1着)」5頭、「富士S(2、7、1、1、9着)」5頭、「スプリンターズS(6、2着)」2頭、「安田記念1着」1頭、「毎日王冠1着」1頭、「京都大賞典3着」1頭、「府中牝馬S1着」1頭。

着順はGⅠの天皇賞(秋)はともかく、スワンS8着や富士S9着などでも可能性はある。
半分近くの8頭が「1着」なので、1頭は入れておきたい。



【その他】
「人気」は1番人気5連対、2番人気3連対、3番人気3連対と上位は約半分。

4番人気4連対で、残りは5、8、11、13、14番人気。
出走メンバーなどにもよっては二桁人気も絡むが、1~4番人気が中心。



上位人気で4着以下に敗れたのは10年で…

「GⅠ3着以内かGⅠ初出走」
「海外馬」
「天皇賞(秋)組」
「実績不足」
「距離久々」
「京都初や実績なし」
「先行馬」
「追い込み」

など。4、5着に来ている「天皇賞(秋)組」などは惜しい内容も多かったが、他は傾向的に危うさもあった。
連対馬にも該当しているケースもあるが、戦前から過剰な人気も見られるので注意したい。



「上がり3ハロン3番手内」は10年で12頭。

差し馬の数の割には該当馬が少なく、追い込みも絡みにくい。
ダイワメジャー以外は「連対時には速い上がり」があり、早めに仕掛けている事が多い。

コース替わり(Cコース?)の影響などにもよるが、開催の割に前が残れると考えてもいいかと。



「鞍上」は10年で「武豊」騎手、「岩田康誠」騎手、「横山典弘」騎手、「藤岡佑介」騎手などが2連対ずつ。
複数年連対している馬もいるが、藤岡騎手以外は違う馬での連対しており、相性がいい。

5年ほど延ばすと、「武豊」騎手、「C.ルメール」騎手、「池添謙一」騎手らが2連対ずつ増える。


「上位人気で4着以下に敗れた」鞍上は、「福永祐一」騎手と「C.ルメール」騎手が3回該当しているが、二人は3着以内が2回以上あり、数年延ばすとさらに増える。

ただ、次点2回該当の「川田将雅」騎手は15年でも3着もない…。



「年齢」は10年で…

「4歳」8連対
「5歳」8連対
「6歳」3連対
「8歳」1連対

有力なのは「4歳と5歳」。8歳はカンパニーなので少し例外的かと。
「上位人気で4着以下」は3歳4頭、4歳5頭、5歳2頭、6歳3頭、7歳2頭。「3歳が苦戦気味」で、4歳より5歳の方がやや信頼できそう。

2000年までは3歳(旧4歳)は古馬と2キロ差だったが、01年からは1キロ差と斤量が重くなった影響か劣勢。連は04年時のダンスインザムードのみ。

ちなみに性別は「牡18:牝2」。



古くはニホンピロウィナー、ダイタクヘリオス、タイキシャトル、近年ではデュランダルやダイワメジャーなどが連覇している。
他にもフィエロ、、スーパーホーネット、エイシンプレストン、バンブーメモリーなどの2年連続2着、連覇前のダイワメジャーの2着、ダンスインザムードの隔年2着など「リピート率」が高い?

力が抜けている場合もあるだろうが、条件に該当する馬が好走しやすいのかも。
ただ、前年の連対馬が人気をして敗れている場合もあり、コレだけで飛びつくのは危い。



[PR]
# by a_doctrinaire | 2017-11-14 01:51 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

エリザベス女王杯の結果 2017
スローペースになったエリザベス女王杯は…

5番人気モズカッチャンは好スタート。内へ入って5、6番手で1周目のゴール板を通過。向う正面ではかかるヴィブロスに対して、5番手の横で楽に追走。1200mを切って少し上がって4番手に。4コーナーでは内を回って直線へ。追い出して、残り300mで右ムチが入る。しかし、なかなか差が縮まらず、残り200mで3番手。追って左ムチの風車鞭?で一気に加速して、最後は追って先頭に立ってゴールし、優勝。

9番人気クロコスミアもいいスタート。先頭に立つが、内からクインズミラーグロが行って、2番手に。鞍上が手綱を引いて、1馬身半~2馬身くらい後ろを追走。800mを切って少しずつ差を詰めて、600m辺りで半馬身に。4コーナーで並びかけて直線では先頭に立つ。追い出して、残り300mの手前でムチが入る。リードを広げて、ムチの連打と追いで粘っていたが、残り30mを切って追いつかれて交わされ2着。

3番人気ミッキークイーンのスタートはまずまず。12番手辺りで1周目を通過。道中はほぼその位置取り。600mでは11番手。4コーナーで大外を仕掛けて直線で肩ムチ。追い出して、加速すると鞭を持ち替えて右ムチが入る。200mを切って6番手に上がり、追いとムチの連打で伸びる。残り50mを切って3番手に上がり、ゴール前で前2頭に迫るも3着。

4着はマキシマムドパリ。5着は1番人気ヴィブロス。「いいポジションは取れましたが、ずっとハミを取ってリラックスして走れませんでした。最後はエネルギーがなくなってしまいました。2200mは少し長いのかもしれません」 との事。

2番人気ルージュバックは9着だった。「スタートが速くなくていい位置を取れませんでした。外枠でしたしペースも速くならず今日は全てがかみ合わないレースでした」とムーア騎手。


予想は1着、3着、5着、6着。

敗因はペースが遅くなると思わなかった事。ある程度は流れるかと思ってクロコスミアを予想に入れず。

良馬場では10年で最も遅く、2番手が2着、3番手が4着と前が粘れる展開になり、後方からの馬にとっては厳しく…。外回り2200mでも前が残りやすい傾向にありましたが、ココまでとは考えきれず。

ヴィブロスは前走が内で出られなかった事や枠もあって、あの場所になったのも掛かった影響ではないかと…残念。

スマートレイアーは「ヴィブロスの真後ろのいい位置でレースが出来ましたし、直線でもこの馬なりに伸びています。ただもっといい競馬が出来る馬だと思うだけにそういう競馬が出来なかったのは申し訳ないです」 と川田騎手。乗り替わりだったので、切ってしまってもよかったか…。


やっぱり展開の想定が甘いようで。そいて、やはり2着が…。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2017-11-13 02:08 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

福島記念の結果 2017
1頭放馬して除外となった福島記念は…

2番人気ウインブライトはまずまずのスタート。逃げ馬の後ろにスッと入って先行を決め込む。3、4番手で1周目のゴール板を通過。3番手で1コーナーへ。先頭からは4馬身ほど後ろをしっかりと手綱を抑えて追走。外からマイネルミラノがあがって4番手、残り800mでは5番手。600mを切って鞍上が追って加速。外を上がって2番手で肩ムチが入って直線へ。左ムチの連打が入って先頭に立つと、ムチと追いで後続の追撃を凌いで優勝。

3番人気スズカデヴィアスは好スタート。少し控えたか、内へ入れていく。7~9番手で1周目を通過。7番手で1コーナーへ。鞍上が手綱を押さえて追走。残り800mでは8番手、600mを過ぎて7番手。4コーナーで仕掛けて、直線では外へ。サンマルティンの後ろから、フルーキーの間をこじ開けて、追い出す。右ムチが入って追って、残り100mでは6番手だったが、一気に内を差していってゴール板付近で勝ち馬に近づくも2着。

10番人気ヒストリカルのスタートは少し遅れたか。仕掛けて巻き返したか。12番手の中で1周目。向う正面では10番手。残り800mでは12番手だったが、600mの手前で仕掛けて、4コーナーでは6番手に上がる。追い出して、4コーナーでは外めに出して4番手。200mを切って右ムチが入って、連打と追いで残り50mで2番手に上がるも、ゴール前で外から交わされて3着。

4着はマイネルディーン。5着はショウナンバッハ。

1番人気サンマルティンは14着だった。「大外でロスがありました。もう少しやれていい馬なのですが…」と戸崎騎手。


予想は2着、6着、12着、14着。

敗因は状態を気にしたウインブライトを切った事。
「控える競馬をしてきましたが、今日は馬場を考えて前が止まらないと思い前につけました。馬の具合は正直自信を持てるものではありませんでしたが、頑張ってくれました。まだまだ成長途上ですから、これからもっと良いところを出して行けると思います」 と、仕上がりはそれほどでは無かったみたいですが、お見事でした。

さらに近走を連対ラインにして、ヒストリカルを予想候補にも残さず。3着ラインなら残せたが、数を絞るために止めたのが裏目に…。

敗因のわからない馬もいたようですが、ハンデ戦はやっぱり難しい。


上位人気のBOXだけでも馬連は取れただけに…痛い所。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2017-11-13 01:07 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

エリザベス女王杯の予想 2017
今年は好メンバーが揃って楽しみな一戦。

 エリザベス女王杯 予想 2017

応援馬ヴィブロス。中山記念でも見どころのあるレースでドバイターフ勝ち。前走は狭い所で、なかなか動けず。普通にレースが出来れば…何とか頑張ってほしい。

宝塚記念3着からのミッキークイーン。有馬記念5着に続いて、牡馬相手にもやれたのは大きい。能力はあるので、後は仕上がり次第か。

京都大賞典勝ちのスマートレイアー。前走は少し恵まれたが、強い競馬を見せてくれた。乗り替わりがどうか…。

3歳からモズカッチャン。優駿牝馬2着と秋華賞3着は立ち回りがよかった。外回りになるが、うまく立ち回る方が結果がいい傾向なので…。

前走以上でディアドラ。立ち回り一つでリスグラシュー。位置取りでルージュバック。復調でクイーンズリング。展開でクロコスミア。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2017-11-12 09:28 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

福島記念の予想 2017
ハンデの微妙な加減が難しい…状態ひとつでこなせる気もするが。

 福島記念 予想 2017

福島民報杯2着のフェルメッツァ。小倉記念3着や七夕賞5着など先行して重賞掲示板とある程度の実力はあるはず。後は状態、仕掛けや位置取りで上位があっていい。

小倉記念2着のサンマルティン。レース間隔は開いたが、ハンデもそれほど重くない。うまく立ち回れば…。

七夕賞4着のスズカデヴィアス。以前はGⅡが中心だったが、今年はGⅢに出走して鳴尾記念4着もあり、重賞でもやれていい。位置取りと流れひとつで。

新潟記念5着からのフルーキー。新潟大賞典4着など、まだまだ力はある。ハンデ戦で掲示板と昨年と比べると別定で苦しくなっているが、立ち回り一つでやれてもいい。

前走以上でショウナンバッハ。楽に行ければプリメラアスール。復調でベルーフ。上積みと成長でウインブライト。トップハンデが大丈夫ならマイネルミラノ。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2017-11-12 08:35 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク