札幌記念の傾向 2018
札幌2000mで行われるGⅡ「札幌記念」。

13年はスタンド改修工事の影響で函館開催なので除いて考えます。札幌開催時は勝ち馬や2着からその後のGⅠ馬が出ており、秋や来年に向けて注目の一戦。

17年~14年と12年は2回2日目、09年は2回8日目、07年は1回8日目、残りは1回4日目。今年は3着もチェックします。


 札幌記念の傾向 (札幌開催10回分の連対馬+3着馬データから) 2018


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPは8戦3着、重賞は函館記念7着のみ(ダート主戦)」のナリタハリケーン
「OP以上が中山金杯7着、小倉大賞典3着、函館記念6着」のネオリアリズム
「故障で長期離脱後に復帰して、OP1戦0.1秒差6着、重賞はマイラーズC10着のみ」のアグネスアーク

残り17頭は「GⅢ以上勝利+重賞連対」。

GⅢ勝ちまでなのはGⅡが…

「毎日王冠4着、AJC杯5着」のディサイファ
「金鯱賞6着、府中牝馬S3着、阪神牝馬S3着」のフミノイマージン
「札幌記念3着と金鯱賞7着」のアクシオン

15頭には『GⅡ以上勝利+重賞連対』があり、コレをチェックしたい。

(3着は「重賞連対」。1連対以外に「NHKマイルC3着やNZT5着など」や「新潟大賞典3着や京都金杯5着など」以外は「重賞2勝以上。06年に「OP勝ち、GⅢ3着のみ」がいる。)



<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上連対」。

「ダート1900m勝ちで、2000mは4戦して函館記念7着など」のナリタハリケーン
「1800m勝ちで、2000m以上が京都新聞杯7着のみ」のモーリス
「1800m勝利で、2000m以上不出走」のアグネスアーク

以外には「2000m以上連対」。なお「3歳で1600m勝ち、2000m以上が優駿牝馬2着のみ」のハープスター以外は『2000m以上勝利』。

ちなみに上記の2頭と「2000m出走無し」のブエナビスタと「2000mがローズS3着と秋華賞3着」のフサイチパンドラ以外の16頭には「2000m勝ち」がある。

(3着も「1800m勝ち」。2000m以上が「東京優駿8着のみ」と「優駿牝馬3着、秋華賞3着、エリザベス女王杯4着、10着、6着、宝塚記念14着、札幌記念14着」以外は「2000m以上勝利」。



<コース>
「札幌連対」9頭、「初出走」6頭。

残りは…

「500万4着と5着」のサクラアンプルール
「500万8着と10着」のナリタハリケーン
「1000万4着のみ」のダークシャドウ
「新馬10着のみ」のタスカータソルテ
「クイーンS5着のみ」のフサイチパンドラ

1戦のみなので、それくらいはセーフ。
数を走ってダメなら可能性はあるが、洋芝も少ない出走ならあまり気にする必要はないかと。

(3着は「札幌連対」4頭、「初出走」5頭。残り1頭は「札幌記念4着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」10頭、「差し」7頭、「最後方からマクり」1頭。

少し開催が違うが、1000mは60.7、59.9(稍重)、58.9、58.4、59.5、60.4、59.3、60.2、58.4、60.7とそれほど速くはならないことが多い。

直線は長くないのだが、有力馬が出走する事もあってか、差し馬や最後方からでも早めにマクって連対してい馬がいる。

(3着は「差し、マクリ差し」10頭。)



<その他>
「人気」は札幌開催10回で、1番人気が7連対と多い。
連を外したのは17年のヤマカツエース、15年のトーホウジャッカル、07年のマツリダゴッホ。
前者はメンバー的にかなり微妙、2頭目は長期休み明け2戦目、後者はメンバー的に少し手薄感もあった。

他の上位人気は、2番人気1連対、3番人気全滅と「連では危い(3着を含むとマシ)」。
変わりに5番人気が5連対と強く、12番人気3連対で、残りは4、7、8、9番人気。

3着は1、4、4、7、2、2、7、4、3、3番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は札幌10回で14頭。

先行勢が多い事や直線の短さの割に、「上がりの速い馬」は多い。
やはり実力馬の出走が多い事や、残り600mが勝負所だという事か。

(3着は10頭中7頭が該当。)



「鞍上」は札幌10回では「横山典弘」騎手の3連対がトップ。

現役では「蛯名正義」騎手と「福永祐一」騎手の2連対が続く。
GⅢ時代や函館開催を含めると8勝をあげている「武豊」騎手は注目。

(3着は「岩田康誠」騎手の3回、「秋山真一郎」騎手の2回など。)



「牡馬(+せん馬):牝馬」は「16:4」で牡馬有利。

しかし、17年、10年、08年は牝馬の出走自体が無く、それを除くと「12:4」とさらに近くなる。
2000m以上でも強い牝馬の活躍もあるが、それほど人気が無い馬も連対しており、可能性は残る。

(3着は「牡(せん馬)8:牝2」。10年と8年を除くと「牡6:牝2」。)



札幌10回での「年齢」は…

「5歳」7連対、「4歳」5連対、「6歳」3連対、「3歳」2連対、「8歳」2連対、「7歳」1連対

明け4歳に注目が集まる事が多いが、5歳の方が多い。
3着は「5歳」5回、「7歳」が2回、「4歳」1回、「3歳」1回、「6歳」1回となっている。



20頭中6頭が「5月以前の出走」。

ココから始動というケースもあり、「休み明け」や「リフレッシュ明け」でもある程度通用する。

(3着も10頭中3頭が「3ヶ月以上ぶり」。)



[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-08-15 01:00 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

関屋記念の結果 2018
牝馬で決まった関屋記念は…

1番人気プリモシーンのスタートはそこそこ。中団の9番手辺り。道中はほぼその位置取り。残り600mくらいから仕掛けて、追いだして右ムチが入って残り400m。ムチの連打で一気に差を詰める。残り200m辺りで少しクビを外に向けるシーンがあったが、修正して左ムチを連打し2番手から先頭に立ってゴールし、優勝。

「スタートを上手く出て、流れに乗ってリズム良く行きました。直線追い出しをもう少し待てば良かったかなという気もしましたが、少し苦しくなっても最後までよく頑張ってくれました。」と北村宏司騎手。

5番人気ワントゥワンのスタートはまずまずか。鞍上がチラっと内を見ながら下がって行き、200mほどで最後方。しかも、前とは2馬身くらい差をつけての追走。直線に入って外に出して追い出す。大きなアクションで左ムチが2発入って残り250m。右に鞭を持ち替えて、ムチが入るとさらに加速して4番手。さらに鞭を持ち替え左ムチを連打して3番手から前を追うも、逃げ馬を交わして先頭に詰め寄るもクビ差届かず2着。

「もう少しペースが流れてほしかったです。他の馬がバテてしまって、我慢したかったのに行くしかありませんでした。苦しくなりながらも頑張りました。」とM.デムーロ騎手。

3番人気エイシンティンクルはいいスタート。そのまま先頭に立って、1馬身ほどリードを広げる。時計は速かったが、抑えての逃げで楽な感じで直線へ。そのまま馬なりで、400m辺りで仕掛けて、右ムチが入って残り300m。残り100m辺りまで粘っていたが、プリモシーンとワントゥワンに交わされ3着。

「自分の競馬を作って強い競馬をしています。最後もしぶとく頑張っています。」と和田竜二騎手。


4着はヤングマンパワー。5着はロードクエスト。

2番人気リライアブルエースは6着。「スタート良く、勝ち馬を見ながら追走しましたが、追い出したら反応がよくありませんでした。差のないところまでは来ているのですが。」と戸崎圭太騎手。


予想は2着、5着、6着、8着。

敗因は3歳の休み明けを気にした事。さらに逃げ馬も別の馬かと思ったのが失策。前は楽に逃げており、馬場の良さもあったか…。


ロードクエストは「良い位置につけられましたし、自分のタイミングで追い出せました。ただ、前をかわせず、後ろにかわされるあたり、乗り方の工夫などが必要だと思います。」と三浦皇成騎手。

スターオブペルシャは「行く馬が決まっていたので、その後ろの2番手で運ぶ形になった。馬自身の調子は上がってきていると思う。」と内田博幸騎手。


牝馬が多かったので、もっとメインで狙うべきでした…。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-08-14 01:31 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

エルムSの結果 2018
重馬場開催だったエルムSは…

2番人気ハイランドピークはいいスタートだったかと。そのまま押して前の方へ。2番手に上がるも、ボラゾンドゥリスが行って3番手に。前から3、4馬身くらいで2コーナー。残り900m辺りで仕掛けると、800mを切って差を詰め、残り600mで先頭に並びかける。4コーナーで追い出して、鞍上が後ろを確認すると、直線に入って鞭を持ち替えて、右ムチが入る。先頭に立って残り200mを切る。追いとムチでリードを少しずつ伸ばしてゴールし、優勝。鞍上も重賞初勝利。

「スタートを決めて自分と馬のリズムを崩さずレースを進めました。今日は馬に勝たせてもらった感じです。いい時に乗せてもらいました。ゲートなど課題が多い中で結果を出してくれました。将来が楽しみです。自分の初重賞勝ちは時間がかかりましたが、これからも馬に感謝しつつ頑張りたいと思います。」と横山和生騎手。


3番人気ドリームキラリは好スタートから押して押して押して先頭に。リードを2馬身ほどで2コーナーへ。1000mは59.7くらいでしたが、重馬場なのでそれほど速い時計ではないか。徐々に差が縮まって3コーナーで並ばれる。4コーナーで追って、残り200mの手前で鞭を抜いて入れるが、2番手に。そのまま少しずつ差を広げられ2着。

「上手く先手を取れてイメージ通りのレースが出来ました。最後は勝ち馬にねじ伏せられた形ですが、差し返す脚も使いましたし、今、充実している感じです。」と藤岡佑介騎手。


1番人気ミツバのスタートはまずまず。しかし、そのまま後方へ下がる。1コーナーでは最後方でさらにかなり外へ出して回って行く。1頭交わして向う正面へ。仕掛けていくも、内があがってまた殿に。少し見えなくなるが、400mを切ってムチを連打しつつ外を上がって行く。直線では11番手でさらに右ムチが入る。ムチと追いを繰り返して、ゴール板の直前で3番手に上がって3着。

「札幌のコースは大丈夫だったのですが、今日は枠順が悪かったです。内の枠がこたえました。今日は枠順が全てでした。」と松山弘平騎手。


4着はロンドンタウン。5着はアンジュデジール。


予想は1着、3着、4着、13着。

敗因はドリームキラリの前走を気にした事。さらに前が人気馬だったので、後続が残すと思わなかったのも失策。思うように騎手が動くわけでもないのに。

昨年3着をしっかり抑えるべきでした…。


ロンドンタウンは「少しずつ状態が良くなっています。函館からの輸送で絞れるかと思っていましたが、まだ体に余裕がありました。今後に向けてキッカケが掴める内容のレースでした。」と蛯名正義騎手。

リーゼントロックの松岡正海騎手は「良馬場の方が合う。パサパサの馬場の方がこの馬の持ち味が生きる。」とコメント。


また1着、3着…。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-08-13 00:30 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

エルムSの予想 2018
未対戦が多い部分がどうなのか…。

 エルムS 予想 2018

アンタレスS2着のミツバ。ここの所は脚質もあるのでどうか…マクって行けるなら。以前は逃げもあったが。

マリーンS2着のハイランドピーク。マーチS9着は後方からもあって度外視したい。良い流れになれば。

昨年の勝ち馬ロンドンタウン。ココ2走もGⅢで6着2回と悪くない。リフレッシュ出来ていれば、やれてもおかしくない。

大沼S勝ちのリーゼントロック。前走は位置取りもあって3着だったが、先行もできる。ペースに合わせた位置取りが出来れば、やれてもいい。

中央でもまだやれるならリッカルド。休み明けが大丈夫ならモルトベーネやアルタイル。前走の敗因次第でドリームキラリ。上のクラスでもやれるならノーブルサターン。休み明けが大丈夫ならアンジュデジール。



[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-08-12 02:37 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

関屋記念の予想 2018
いいメンバーが揃って、かなり難解なレースになりそう…。

 関屋記念 予想 2018

中京記念5着のワントゥワン。前走は直線伸びたところで挟まれたとの事で、スムースなら上位はあっていい。

応援馬リライアブルエース。中京記念3着、京王杯SC6着と乗り方ひとつで何とかなりそうな気もしたが…。

谷川S勝ちのスターオブペルシャ。雲雀Sでは1400mだったが、4キロ差ワントゥワンに0.2秒差。前走の敗因次第では、逆転も考えられる。

NHKマイルC2着のロードクエスト。前走は3か月ぶりで0.4秒差2着。昨年のは0.3秒差の6着で、叩いた上積みでさらに上があってもいい。

ペースでショウナンアンセム。仕上げでプリモシーン。上のクラスでもやれるならエイシンティンクル。位置取りでベルキャニオン。前走以上でフロンティア。叩いた効果でチェッキーノ、ジョーストリクトリ。斤量が大丈夫ならウインガニオン。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-08-12 01:17 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

エルムSの予想候補 2018
札幌で行われた過去10回分の連対馬+3着馬をチェックした「エルムSの傾向 2018」を元に、予想候補を選んでみます。

実績「重賞連対、OP勝ちで重賞5着以内、または1600万勝ちでOP以上出走なし」
距離「1800m以上勝利」
コース「札幌連対か1戦以下」
近走「3走以内に重賞5着か2戦以内にOP以上3着か1600万勝ち」

をラインすると…

アルタイル
アンジュデジール
ドリームキラリ
ノーブルサターン
ブラゾンドゥリス
ミツバ
モルトベーネ
リーゼントロック

がクリア。

重賞1戦の

ハイランドピーク

今は地方馬の

リッカルド

近走が重賞6着2回の

ロンドンタウン

はセーフか。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-08-11 01:35 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

関屋記念の予想候補 2018
過去10年の連対馬+3着馬をチェックした「関屋記念の傾向 2018」を元にして、予想候補を選んでみます。

実績「重賞連対、またはOP連対で重賞4着以内かOP以上不出走の1600万勝ち」
距離「1600m以上勝利」
コース「「新潟3着以内か初出走」
近走「3戦以内にOP3着か重賞6着以内」

を条件にすると…

エイシンティンクル
ショウナンアンセム
ジョーストリクトリ
スターオブペルシャ
チェッキーノ
プリモシーン
フロンティア
ベルキャニオン
ヤングマンパワー
リライアブルエース
ロードクエスト
ワントゥワン

がクリア。

3走以内にGⅠ7着のウインガニオンはセーフか。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-08-10 01:53 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

エルムSの傾向 2018
札幌ダート1700mで行われるGⅢ「エルムステークス」。

15年は8月の1回札幌6日目、14年は開幕週の2日目で7月末に行われたが、97年からは9月上旬、06年辺りから中旬、12年から8月末に行われていた。09年は札幌のスタンド改修工事の影響もあって函館開催、09年は新潟開催だった。

開催時期が違いますが、札幌開催分のデータを載せることに。


 エルムSの傾向 (札幌開催10回の連対馬+3着馬データから) 2018


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OP以上出走なし」のリッカルド

次点は「OP勝ち」。

「(ダート)重賞初出走」のテイエムジンソク、ローマンレジェンド(12年時)、マコトスパルビエロ
「重賞5戦してエルムS3着やアンタレスS4着など」のクリークパッション
「重賞2戦で根岸S3着とブリーダーズG4着」の10年時のオーロマイスター

残り14頭には「重賞連対」があった。

03年も「1600万勝ち」で「OP5戦3着、ダート重賞エルムS8着、平安S15着、シリウスS5着」のトシザボスがおり、消えるタイミングでリッカルドが出現。

(3着は「OP2着」。重賞は「ラジオたんぱ賞15着のみ」。次点は「OP勝ち」で、「重賞5戦して武蔵野S5着など」と「エルムS3着、ブリーダーズG3着、浦和記念5着」と「浦和記念5着のみ」だが、同じ馬。残り6頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上勝利」。

ちなみに「1700m以下初」のクリノスターオーと12年時のローマンレジェンドがいる。

なお、05年に「1700m勝利」で、1800m以上が「端午S11着のみ」の3歳時のパーソナルラッシュがいる。

(3着は「1700m以上連対」。1700m以上が「1700mOP1戦2着、1800mは芝GⅢ15着」。残りは「1800m以上勝利」。ちなみに1800m勝利で、1700m以下が「1600m500万4着と芝3戦」が1頭いる。)



<コース>
「札幌連対」9頭、「初出走(芝除く)」9頭。

残りは15年連対の…

「エルムS6着のみ」のジェベルムーサ
「エルムS8着のみ」のグレープブランデー

共に前年の1戦のみ。

札幌ダート重賞がコレしかないので、中央開催をメインに走ってきた馬には縁遠いコース。

(3着は「札幌連対」6頭、「初出走」3頭。残り1頭は「OP6着のみ」。)



<脚質>
「先行」14頭、「マクリ差し」6頭。

だいたい1000mの通過は58.2(重)、60.5、59.0、58.8(不良)、59.3、60.7、60.3、59.6、61.2(稍重)、59.9。

直線が短い事もあって、「4コーナーまでにある程度の位置まで上がっていない」と厳しい。

(3着は「逃げ」5頭、「先行」1頭、「マクリ差し、差し」3頭、「追い込み」1頭。)



<その他>
1番人気3連対、2番人気4連対、3番人気3連対。

4番人気3連対、5番人気3連対、7番人気3連対。残りは8番人気。
頭数が11~13頭の平均12.5頭と落ちつく影響もあってかあまり大きな荒れは無い。

3着は8、1、7、10、(1)、6、3、1、(5)、8、1、10番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は17頭。

先行やマクリが多いが、上がりは速い馬が多い。
ダート戦で直線が短いもあって、4コーナーまでに早い位置取りが求められる事も影響しているかと。

(3着は10頭中7頭が該当。)



「年齢」は…

「5歳」8連対、「4歳」4連対、「6歳」4連対、「7歳」3連対、「3歳」1連対。

4歳と5歳が中心だが、3~7歳と幅広く絡む。「3歳」は9月開催時だったのですが…。

(3着は「5歳」4頭、「6歳」2頭、「4歳」2頭、「3歳」1頭、「9歳」1頭。)



「鞍上」は「岩田康誠」騎手の5連対。

現役では「横山典弘」騎手、「吉田豊」騎手の2連対と続く。

(3着は「三浦皇成」騎手の2回。)



「札幌」のレースだが、札幌10回で20頭中8頭に「東京ダート重賞3着以内」があった。
残りは「東京重賞不出走」10頭と「武蔵野S8着」と「東京GⅠ1戦(11着)のみ」なので、出走数が多いならチェックしておきたい。

(3着は「東京重賞3着以内」は1頭のみ。7頭は「東京重賞出走なし」で、残りは「東京GⅢ5着のみ」と「東京GⅠ8着のみ」。)



札幌開催10回で2頭が「複数年連対」。

札幌ダート重賞は1つしかないので、巧者に取っては結果が出やすいのかと。
(3着だと3回のエーシンモアオバーがいる。ちなみにこの馬は函館開催の13年にも連があり、馬券圏内に4回絡んだ。)



[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-08-09 00:13 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
札幌記念の傾向 2018
at 2018-08-15 01:00
関屋記念の結果 2018
at 2018-08-14 01:31
エルムSの結果 2018
at 2018-08-13 00:30
エルムSの予想 2018
at 2018-08-12 02:37
関屋記念の予想 2018
at 2018-08-12 01:17
エルムSの予想候補 2018
at 2018-08-11 01:35
関屋記念の予想候補 2018
at 2018-08-10 01:53
エルムSの傾向 2018
at 2018-08-09 00:13
関屋記念の傾向 2018
at 2018-08-08 00:17
小倉記念の結果 2018
at 2018-08-07 00:05
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク