有馬記念の傾向 2018
中山2500mで行われるGⅠ「有馬記念」。

国内では東京優駿(日本ダービー)と並び、競馬を知らない人でも聞いた事がある有名なレース。宝塚記念と共に「ファン投票」を行うレースですが、「特別登録の中から上位10頭が優先的に出走」という程度で、適性や状態などもあって、投票した馬が必ず出走するわけでは…。

しかも、1人で何頭も選ばなくてはならず、大半の競馬素人の影響で、スプリンターやマイラーだけでなく引退している馬の投票もあり、「好走しそうな馬が選ばれる事はまずない…」。せめてマイル辺りでもう1戦くらいその投票が活かせるレースがあるといいのですが。

3着は別記事で。


 有馬記念の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2018


【実績】
最低連対ラインは「GⅡ1連対」。

該当するのは…

「重賞3戦で青葉賞4着、菊花賞3着、アルゼンチン共和国杯1着」のゴールドアクター
「重賞2戦してアルゼンチン共和国杯5着、金鯱賞1着」のオーシャンブルー

この年は「かなりの出遅れた馬が3着」だけに微妙だが、メンバー次第では可能性はある。

残りは「GⅡ以上2連対+GⅢ以上連対以上」。古馬の場合は「GⅡ2連対を含む重賞4連対以上」。
20頭中18頭は『GⅡ連対+GⅠ連対+GⅢ以上連対以上』があった。

GⅠは「GⅠ連対」17頭、「GⅠ初出走」1頭、「菊花賞3着のみ」1頭、「5戦して6着が最高」1頭。



【距離】
全馬に共通するのは「2000m以上勝利」。

ただ、2000mまでだったのは、2200m以上が…

「東京優駿3着、ニエル賞4着、凱旋門賞7着、ジャパンカップ3着」の3歳ヴィクトワールピサ

次点は「2200m以上連対」。

2200mまでは2400m以上が…

「優駿牝馬9着のみ」のクイーンズリング
「東京優駿5着と菊花賞16着」のトゥザワールド

コース的な部分もあって、距離で結果が出ていなくてもやれる事がある。

残り17頭には『2400m以上連対』があった。



【コース】
「中山連対」15頭、「初出走」2頭。

残りは…

「皐月賞3着のみ」のサトノダイヤモンド
「日経賞4着のみ」のサウンズオブアース
「1600万4着のみ」のオーシャンブルー

3頭とも「阪神連対」があり、急な坂もこなしていた。2頭は「東京連対」で輸送をクリアしており、もう1頭は「東京優駿11着、日経賞4着、JC5着」なので、力は出せていたかと…。



【脚質】
「逃げ」2頭、「先行」9頭、「差し、マクり差し」6頭、「追い込み」3頭。

ほぼ1000mは61.3、60.7、61.9、62.8、60.2、59.8、64.0、61.8、57.7、60.3で、あまり速くならない。
ペースは速めの年には追い込みが勝っており、後ろからでも通用しており、展開に作用しているようで。

ただ、コース的にも前目やマクってが多い。普通のメンバーでノンビリ構えて勝つには、能力がかなりいる。面子がショボい年が増えているので、以前と比べると後ろでも可能性はあるが。



【前哨戦】
「ジャパンC(3、1、5、4、8、3、2、12着)」8頭、「菊花賞(1、16、1、1、1着)」5頭、「天皇賞(秋)(6、2着)」2頭、「金鯱賞(3、1着)」2頭、「エリザベス女王杯(7、3着)」2頭、「凱旋門賞2着」1頭、「アルゼンチン共和国杯1着」1頭。

「騎手の乗り替わり(今回乗り戻り含む)」や「中山巧者の天皇賞(秋)からの直行」くらいしか4着以下はないかと。



【その他】
「人気」は10年で…

『1番人気』は8連対と多い。連を外したのは、15年でいつも通りの出遅れ、14年のハナ差3着のゴールドシップ。前者はスローペースで届かずの競馬だった。

対して「2番人気」3連対、「3番人気」全滅であまりアテにならない。
4番人気2連対、8番人気2連対、9番人気2連対で、残りは5、7、10、14番人気。
「1番人気が多い」のであまり配当は高くならないが、人気薄も絡む。上位人気同士の1、2着は10年で2回。



上位人気で4着以下に敗れたのは…

ゴールドシップ、エイシンフラッシュ、ブエナビスタ、マツリダゴッホ、ポップロック、ゼンノロブロイ、タップダンスシチーなど「前年以前の連対馬」

上記も該当するが、ラブリーデイ、エピファネイア、ジャスタウェイ、トーセンジョーダン、スクリーンヒーロー、メイショウサムソン、ドリームパスポート、コスモバルクなど「ジャパンカップ上位馬」

過去の連対馬は「臨戦過程が違っていたり、成長曲線など」が考えられるし、両方ともにも該当するが「見えない疲れ」というのがレース後の敗因に多く見られる。

「状態や適性など」もあるので、実績だけでは危うい部分もある。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で14頭。

2013年に「以前よりも上がりが求められている…」と上げた途端にかなりのスローペースで該当しないという有様…。
ただ、コースの部分などもあり、実力馬が前からでも良い脚を使う事もあり、「先行勢」を軽視するのは危いとも考えていただけに何とも。



キタサンブラック、ブエナビスタ、ダイワスカーレット、ディープインパクト、シンボリクリスエス、グラスワンダーの「2年連続連対」やオルフェ―ヴルやタップダンスシチーの「隔年連対」、ゴールドシップ(連もあるが)、トゥザグローリー、ダイワメジャー、エアシェイディ、懐かしいトコロではナイスネイチャなど「連続3着」など『リピート率が高い』。

前述の人気はココから来ているのだが、求められるモノが同じでも状況が違うケースも考えれるので気を付けたい。



「年齢」は…

「4歳」7連対、「3歳」6連対、「5歳」6連対、「7歳」1連対

と、「充実の4歳」や「後1週間で4歳だが、年内は斤量面で恩恵のある3歳」が中心か。

5歳以上も可能性はあるが『6歳は鬼門』。
出遅れもあったがゴールドシップ、前年勝ちでオールカマー2着からのドリームジャーニー、前年2着でJC2着からのポップロック、前年勝ちでJC勝ちからのタップダンスシチーらも連を外しており、やれそうな気配の馬もいた。

7歳の連対はあるので、相性のようなモノかもしれない…。ただ、3歳からGⅠを取っているような馬は6歳には引退しているケースも多く、有力馬は少ないし、馬によってはその辺りから衰えが顕著になってくるのかも…

2000年までのように「牡馬は3歳(旧4歳)が55キロ、4歳(旧5歳)は57キロ、5歳(旧6歳)以上は56キロ」と斤量に違いがあったので、それが無くなった影響かと…(現在は3歳が55キロ、4歳以上が57キロ)。

よく言われる「有馬での復活」はコレの恩恵が大きかったか。



「鞍上」は10年で…

「C.ルメール」騎手の4連対がトップ。

「池添謙一」騎手の3勝、「武豊」騎手と「Mデムーロ」騎手の2連対が続く。
馬のリピート率の高さなどもあって、鞍上もその影響はある。

ちなみに「海外騎手」は8連対。さすがに若手の名はあまり見当たらない。



実績とコースの併せになる部分もあるが「中山GⅡ以上連対」が10頭。

残りは「阪神GⅡ以上連対」8頭、「中山GⅡ3着2回、阪神GⅡ以上出走なし」1頭、「阪神も中山もGⅡ以上出走無し」1頭。

20頭中17頭は「中山か阪神GⅡ以上連対」があり、2頭くらい入れておきたい。



[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-12-18 00:36 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

朝日杯フューチュリティSの結果 2018
小雨も降りだした朝日杯フューチュリティSは…

2番人気アドマイヤマーズのスタートもまずまず。前に行って3番手。先頭からは4馬身ほどの差。道中はその位置取りで、残り600mの手前で仕掛けて4コーナーは内目を回って直線へ。鞭を抜いて追い出すと先頭に立つ。右ムチが入って、200mを切る。後ろから来たクリノガウディーを鞍上が見て、再度ムチを入れ追うと2馬身くらいの差をつけて、最期は抑えてゴールし優勝。

「本当に強いです。どんどん成長しています。競馬をわかっていて、頭の良い馬です。スタートが決まり、グランアレグリアを見ながらちょうど良い(ポジション)と思っていましたし、最後はすごく良い脚で伸びました。距離はもう少し延びても大丈夫だと思います。このままでも十分ですが、3歳になると他の馬も成長します。この馬も成長してくれたら、本当に楽しみです。」とM.デムーロ騎手。

「新馬戦を勝ったときに着差はありませんでしたが、勝負根性があり、走ることに前向きでしたから、うまく行けば走ると思っていました。調教でもそうですが、オンとオフの切り替えがハッキリしていて、頭の良い馬です。そしてゲートセンスが良く、安心して見ていられます。今日は馬場入りの際、テンションが高かったので、落ち着いて馬場入りできるようにしてきたと思います。デームーロ騎手には、相手関係抜きに3・4番手くらいで行けたらと話していました。先頭に立つのが早いかもと思いましたが、良い競馬をしてくれました。今日の競馬(を見て)、そしてデムーロ騎手と話して、もう少し距離はあっても大丈夫そうなので、春は選択肢を増やし、皐月賞をまずは目標にしていきたいと思います。このまま行ってくれればいいのですが、もうひと回りパワーアップをして、より良いパフォーマンスをお見せできると思います。」と友道康夫調教師。


9番人気クリノガウディーはいいスタート。先頭に立つも、外から他馬が上がって行って4番手。道中はその位置取り。4コーナーではディープダイバーと接触したのか、威嚇したのか…。最内を回って直線に入って、内を追い出すも、アドマイヤマーズの行った後で、外へ出す。残り300mで右ムチの連打。3番手に上がるとムチと追いでフラつきながらも上がって、残り50mで2番手に上がって2着。

「グランアレグリアの後ろをついて行きました。ちょっと思っていたよりハミをかんでしまったぶん、勝ち馬に並ぶまではいきませんでした。ただ、詰められない差ではないと思いますし、来年が楽しみになりました。」と藤岡佑介騎手。


1番人気グランアレグリアのスタートはそこそこ。仕掛けると前に行って2番手に。2馬身ほどの差で追いかける。道中はその位置取りで、4コーナーは持ったままm。直線に入って軽く仕掛けて、3頭で併せる。外のアドマイヤマーズに先に行って、2番手で追い出す。しかし、併せることなく、内へ行って右ムチが入るが、残り50mを切って交わされて3着。

「勝っているレースはどちらも楽勝でしたので、あのレベルで併せ馬になったら、いつもと反応が違いました。勝ち馬が外から来たときに、彼女はふらついて内ラチにもたれてしまいました。レースではリラックスして、息も入っていました。とにかく反応がいつもと違いました。」とC.ルメール騎手。

「残念です。初めての右回りが影響したのか内へ逃げてしまいました。そんなに速いペースではありませんでしたし、道中は良い感じに見えたのですが…」と藤沢和雄調教師。


4着は3番人気のファンタジスタ。「折り合いがつきましたが、結果的に内枠の方が良い展開になってしまいました。1600mまではこなせますし、問題ありません。最後まで伸びています。」と武豊騎手。

5着はディープダイバー。


予想は1着、3着、5着、6着。

敗因は展開の読み違い。1番人気が2番手から行って、2番人気が3番手でペースが落ちついた。2~4番手が1~3着の流れに…。

ある程度は残ると思ったが、差す予定のグランアレグリアが2番手だし、中団を期待したエメラルファイトは終わってから突っ込んだ感じ。

ディープダイバーも早めに仕掛けて、その時に待っていたクリノガウディーに負けた感が。そのクリノガウディーは新馬勝ちと東京スポーツ杯7着で候補に入れず。


ディープダイバーは「内にささる難しさがあるなか、それでも掲示板を確保するわけですから、よく走ってくれています。現状では精一杯の走りはできていると思います。」と川田将雅騎手。

「スタートしたあと、いつもならダッシュが利くのですが、左に馬がいなかったからかフワフワしていました。最後は良い脚で伸びているだけに、その辺が致命傷になったのかと思います。」とW.ビュイック騎手。


あの流れではどうにも…。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-12-17 02:21 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

朝日杯フューチュリティSの予想 2018
頭数が少ないのが、どちらに影響するか…。

 朝日杯フューチュリティS 予想 2018

サウジアラビアRC勝ちのグランアレグリア。デビュー戦は阪神JF勝ちのダノンファンタジー。4か月ぶりを一叩きしており、上積みがあって輸送や牡馬相手でも能力が発揮できるなら、勝ち負けしていい。

アイビーS3着のエメラルファイト。札幌2歳Sでも4着と悪くない。乗り替わりもあって乗り方が変われば、結果も変わる可能性はあるかと。

デイリー杯2歳S勝ちのアドマイヤマーズ。セレクトセールの時から気になっていた1頭。位置取りがポイントになりそうだが、一度使って上積みも見込めるので、さらにいい脚を使えれば…。

もみじS2着のディープダイバー。条件には当てはまらないが、相手なりに走るタイプのように見えるので、流れと位置取り次第では上位があってもいいか。

休み明けが大丈夫ならケイデンスコール。距離がやれるならファンタジスト。脚質でニホンピロヘンソン。関西でもやれるならマイネルサーパス。上積みでドゴール。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-12-16 02:42 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ターコイズSの結果 2018
昇格後4年目だったターコイズSは…

5番人気ミスパンテールはまずまずのスタート。仕掛けて2番手に上がるが、外から他馬が上がって行って7番手に。道中はその位置取り。4コーナーは内から2頭目ほどを回って、鞍上が後ろを見つつ直線へ。追いながら外へ移動して、リバティハイツの外へ出して、右ムチが入る。200mを切って5番手で、追って追ってムチの連打で加速して、残り100m辺りから脚が違って内をまとめて交わして先頭に立つ。半馬身ほどのリードでゴールし、優勝。

「連覇することができて嬉しいです。レースはこの馬の気分に任せて、自然体でこの馬のリズムで行きました。去年も混戦でしたが、今年は早めに良いスペースを確保して去年より楽でした。秋は長い距離で大変でしたが、来年はまたマイル戦で頑張ってほしいと思います。」と横山典弘騎手。


10番人気リバティハイツのスタートはそこそこ。仕掛けて3番手に上がるも残り1200mで5番手。残り800mで仕掛けて、4コーナーで内から2、3頭目を周って追い出して直線へ。4番手で右ムチが入って、3番手に。追って追って2番手に上がって、内を交わしそうになるも、外から一気に行かれて2着。

「前走は入れ込みがきつかったので、調教師と相談して今日はメンコをつけました。その効果が大きく、道中は力まずうまく走れました。ペースが速い中、直線で脚を使ってくれて、収穫の大きいレースでした。」と北村友一騎手。


13番人気デンコウアンジュもスタートはそこそこ。ゆっくり下がって後ろから2番手に。道中はずっとその位置取りで600mでも同じ15番手。4コーナーでは最後方で内から3~4頭目を周って直線へ。追い出して内をつくと、残り200mで9番手。残り100mを切って狭い所に入ってムチが入って最内へ。ゴール前で3番手に上がるも3着。

「展開に左右される所はありますが、乗りやすい馬でした。追い出したらビュンと行きだして、直線の坂を上がる時の伸び脚はすごかったです。」と柴田善臣騎手。


4着はフロンテアクイーン。5着は3番人気ディメンシオンで、「うまく立ち回って頑張ってくれました。」と福永祐一騎手。

1番人気プリモシーンは「スタートは出てくれてポジションは悪くありませんでしたが、4コーナーの勝負どころで前が壁になってしまいました。その影響でトップスピードになるまで時間がかかりました。結果論ですが、もっと早く外に出すべきでした。」とW.ビュイック騎手。

2番人気フローレスマジックは「スタートが今日も良くありませんでした。その後は勝ち馬の後ろのポジションを取れてスムーズでしたが、反応があまり良くありませんでした。」とC.ルメール騎手。


予想は5着、7着、11着、14着。

敗因はハンデを気にした事。昇格1年以外は「重賞連対」のみだったのだが、少ない斤量差が気になり…失策。

さらにペースも遅くなる可能性を考えてしまったが、1000mが57.0と厳しかった。


リナーテは「短いところを使ってきて、久々の1600mだったが、最後までよく頑張ってくれました。追い比べで負けましたが、いい馬です。」と三浦皇成騎手。

カワキタエンカは「いい時期と比べて、走るフォームがもうひとつ。前走でダートを使った影響があったのかも。」と池添謙一騎手。ダート使ったのを気にしながら、予想に選んだのはマズかった。


少ない傾向から気になっていた部分を重視すれば…。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-12-16 00:59 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

朝日杯フューチュリティSの予想候補 2018
「阪神異動後の4回」と「中山1600m時代の10回」に「阪神ジュベナイルFなど」を参考にした「朝日杯フューチュリティSの傾向 2018」を参考にして、予想候補を絞ってみます。

実績「OP勝利か重賞連対、または新馬・500万勝ちで重賞4着かOP3着以内か上のクラス出走無し」
距離「1500m以上連対、または1400m勝ちでそれ以上初」
コース「阪神勝利か1戦以下」
上がり「勝利時に上がり3ハロン2番手以内」
近走「前走重賞連対か500万以下勝利」

を条件にすると…

アドマイヤマーズ
グランアレグリア
ケイデンスコール
ドゴール
ニホンピロヘンソン
ファンタジスト
マイネルサーパス

がクリア。

OPも500万も2着の

ディープダイバー

OP3着とGⅢ4着で500万に出走の無い

エメラルファイト

は残せるか。



[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-12-15 02:58 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ターコイズSの予想 2018
牝馬、ハンデ、中山と難しい条件が揃ったかと…。

 ターコイズS 予想 2018

アルテミスS2着のフローレスマジック。その後は乗り替わりもあってイマイチ結果が出なかった。条件戦から上がってきた。ハンデ戦でもあるし、能力はある程度あるので、後は流れに乗れば…。

1600m勝ちのディメンシオン。三面川特別で3キロ差ながら破ったウラヌスチャームがローズS5着。3歳馬とのハンデ差を考えると十分相手になっていい。

1600万勝ちのリナーテ。良血が下からゆっくりと上がってきた。1200mを主戦にして、久しぶりの1600mは気になるが、気性的な部分なら脚質的にはこなせてもいい。

中山牝馬S勝ちのカワキタエンカ。府中牝馬Sではそれなりに粘れている。コースで利があれば上位があってもいい。前走ダート出走の反動などがなければ…。

トップハンデが大丈夫ならミスパンテール。仕掛けのタイミングでデンコウアジュ。乗り替わりと展開でフロンテアクイーン。前走以上でリバティハイツ。阪神牝馬S以上でミエノサクシード。前走以上でカイザーバル。位置取りと状態でリエノテソーロ。右回りが大丈夫ならレッドオルガ。3歳の55キロがやれるならプリモシーン。前走のような事が無いならキョウワゼノビア。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-12-15 01:15 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

ターコイズSの予想候補 2018
「重賞後3回の3着まで」+「OP時1600m時の9回」をチェックした「ターコイズSの傾向 2018」を元にして、予想候補を選んでみます。

実績「重賞連対」
距離「1600m以上勝利」
コース「中山連対か1戦以下」
近走「3走以内に3着か重賞6着以内」

を条件にすると…

カワキタエンカ
フロンテアクイーン
フローレスマジック
プリモシーン
ミスパンテール
リエノテソーロ
リバティハイツ

がクリア。

重賞3着のある

カイザーバル
ミエノサクシード

OP以上にあまり出走の無い

キョウワゼノビア
ディメンシオン
リナーテ
レッドオルガ

昨年3着の

デンコウアンジュ

は残せるか。


[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-12-14 13:03 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

朝日杯フューチュリティSの枠順決定! 2018
2018年12月16日(日)に行われるGⅠ朝日杯フューチュリティSの枠順が発表されました。

 第70回 朝日杯フューチュリティS(GⅠ) 阪神 芝1600m

1枠 1番 クリノガウディー 牡2 55 藤岡佑介 藤沢則雄
2枠 2番 グランアレグリア 牝2 54 C.ルメール 藤沢和雄
2枠 3番 アスターペガサス 牡2 55 福永祐一 中竹和也
3枠 4番 ドゴール 牡2 55 津村明秀 黒岩陽一
3枠 5番 マイネルサーパス 牡2 55 丹内祐次 高木登
4枠 6番 アドマイヤマーズ 牡2 55 M.デムーロ 友道康夫
4枠 7番 ソルトイブキ 牡2 55 四位洋文 木原一良
5枠 8番 ディープダイバー 牡2 55 川田将雅 大久保龍志
5枠 9番 イッツクール 牡2 55 松田大作 武英智
6枠 10番 ヒラソール 牡2 55 岩田康誠 加用正
6枠 11番 ケイデンスコール 牡2 55 C.デムーロ 安田隆行
7枠 12番 コパノマーティン 牡2 55 坂井瑠星 村山明
7枠 13番 ニホンピロヘンソン 牡2 55 浜中俊 安達昭夫
8枠 14番 ファンタジスト 牡2 55 武豊 梅田智之
8枠 15番 エメラルファイト 牡2 55 W.ビュイック 相沢郁

阪神異動後の4年1~3着まででは平均17頭で、1~17番の「内5:外7」。
馬番は「10番」の2連対が複数。
1週前の阪神ジュベナイルF10年(先週含む)だと1~18番の「内13:外17」。
馬番は「11番」の6回、「18番」の4回、「4番」「13番」の3回など。

サウジアラビアRC勝ちのグランアレグリアは2番、デイリー杯2歳S勝ちのアドマイヤマーズは6番、新潟2歳S勝ちのケイデンスコールは11番、京王杯2歳S勝ちのファンタジスタトは14番、もみじS勝ちのニホンピロヘンソンは13番、函館2歳S勝ちのアスターペガサスは3番、アイビーS3着のエメラルファイトは15番などに入った。


※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください



[PR]
# by a_doctrinaire | 2018-12-14 10:14 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク