毎日王冠の傾向
天皇賞(秋)への前哨戦として有名な東京1800mで行われるGⅡ「毎日王冠」。


 毎日王冠の傾向 (過去5年の連対馬データから) 11


<実績>
最低ラインは「1600万勝ち」。

ただ、該当するのは1頭で重賞が「05青葉賞4着と05ラジオNIKKEI賞12着」以来の07年チョウサン。次点は「重賞連対」だが、長期休養明けから復帰して「07マイラーズC10着と07札幌記念2着のみ」のアグネスアークと、3歳で「10共同通信杯3着、10スプリングS1着、10皐月賞5着、10東京優駿(日本ダービー)13着」のアリゼオで、出走が少なめだった。

7頭に『GⅡ勝ち以上+重賞2連対以上+GⅠ3着以上』と実績の高い馬が多い(改訂…重賞勝ちからGⅡ勝ち)。


<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上連対」。

ただ、9頭に「2000m連対」があり、残りは「マイルGⅠ連対」があった。
実績があれば問題ないが、少し長めでも結果が出ている方が良さそう。


<コース>
「東京連対」が8頭。

残りは「GⅠ3着、4着、4着、5着など」と「GⅠ4着や6着など」と高いレベルでの敗戦で、掲示板はあった。
左回りで得手不得手がハッキリする事もあって、GⅠはともかく下級条件などで連がないなら危ない。


<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」6頭、「差し」2頭。

直線は長いが開幕週という事もあって「前有利」。
「差し」で決まった年は、出走メンバーの手薄感に加えて、1000mの通過がかなり速かった事も影響しているようなので、頭数が少ないか、力が抜けていない限りは真ん中より前にいる方がいい。


<その他>
1番人気はウオッカの2着2回でやや不振(3着は1回)。

上位人気15頭中10頭が連に、3着までにしても9頭が絡めておらず、人気が先行している。休み明けという事もあって判断が難しいようだ…。
ただ、絡んでいるのは4~8番人気なので、驚くような配当は出ていない。


斤量では牡馬59キロ、牝馬57キロが厳しいようで、牡馬ではダイワメジャーやハットトリックにショウワモダン(6年以上前はエイシンプレストン)、牝馬ではウオッカ(6年以上前にはスイープトウショウ、ファインモーション)が勝てていない。
ただ、「GⅠ3勝以上」のダイワメジャーが3着、ウオッカが2着2回(エイシンプレストンの2着と3着)と上位がある。
「GⅠ2勝以下」で59キロは厳しいのかも…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-10-05 01:53 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://desktheory.exblog.jp/tb/14695222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋華賞まであと少し… ルドルフ逝く… >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク