弥生賞の予想 2017
今回は総合的に抜けた馬がいないように思うので、展開などが重要になるかと。

 弥生賞 予想 2017

応援馬グローブシアター。ホープフルSは、キャリア2戦目で外々を回っての3着。2着のキャリア豊富なマイネルスフェーンが最内を回った事を考えると逆転もありえる内容。ただ、馬体が大きくないのと、前走の上がりが気になる所…。

京都2歳S勝ちのカデナ。デビュー戦は、後のアルテミスS3着のシグルーンに届かず同タイム2着、百日草特別は後のクイーンC勝ちのアドマイヤミヤビに届かず0.1秒差2着。未勝利で破ったガンサリュートが後に京成杯2着。しかし、4カ月ほどのレース間隔に加え、賞金が足りているために本番に向けて「試す」可能性もある。

1戦1勝のサトノマックス。東京1600m勝ちで、大外発走もいいスタートから中団を追走し、直線では楽に先頭に立って、後続を待つ余裕。追撃から急遽追うも、2着に0.2秒差をつけて上がり2番手。ココが試金石になるが、少なくとも500万でも良いレースが出来そうな内容。未知の魅力に…。

シンザン記念5着のマイスタイル。6番手辺りを追走して、4コーナーでは外を回って直線へ。コーナーのロスと、ペルシアンナイトを押籠める一手を取らなければトラストは交せたか…。こぶし賞もガッツリ追いだしたが、抜けた後は緩めて勝利。距離はポイントになるが、立ち回りやすいタイプなので、横山典弘騎手で何とか…。

距離が問題ないならダンビュライト。もう1つ上があるならダイワキャグニー。前走の敗因次第でベストアプローチ。前走が思ったほどでは無かったのが気になるコマノインパルス。減量が無くてもやれるならテーオーフォルテ。


by a_doctrinaire | 2017-03-05 01:40 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://desktheory.exblog.jp/tb/23908771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 弥生賞の結果 2017 チューリップ賞の結果 2017 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
シルクロードSの傾向 2019
at 2019-01-23 00:10
根岸Sの傾向 2019
at 2019-01-22 00:15
AJC杯の結果 2019
at 2019-01-21 02:01
東海Sの結果 2019
at 2019-01-21 00:58
東海Sの予想 2019
at 2019-01-20 08:42
AJC杯の予想 2019
at 2019-01-20 01:00
東海Sの予想候補 2019
at 2019-01-19 02:14
AJC杯の予想候補 2019
at 2019-01-18 11:57
若駒Sの傾向 2019
at 2019-01-17 00:52
東海Sの傾向 2019
at 2019-01-17 00:12
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク