新潟2歳Sの結果 2017
1000mの通過が61.6とココ10年で最も遅かった60.7からさらに0.9秒も遅かった新潟2歳Sは…

3番人気フロンティアは好スタートから先頭に。1ハロンほどで外から上がって行って、内からも1頭行って3番手。残り1000mで2番手に上がる。そのまま持ったままで直線では軽く仕掛けて、鞭を抜いて追い出したのは残り400m。少し内にヨレたか鞭を持ち替えて左ムチが入る。ムチと追いで残り200mで先頭に立ち、少しずつ差を広げて、最期は抑えてゴールし優勝。

5番人気コーディライトもいいスタートから前の方へ。残り1400mを切って先頭に立つ。1馬身くらいのリードで逃げる。他が控えたか残り1000mで2、3馬身ほど広がるも、800mを切る辺りでは1馬身に。直線に入っても追わず。残り600m辺りで軽く促す。残り400mで追い出し、鞭を抜いて入れる。200mで交わされるも、ムチと追いで粘って2着。

2番人気テンクウもスタートはよく、前へ。仕掛けて外を見ながら上がって行くが、控えて4番手。残り1200mでもう1頭上がって5番手、1000mを切って1頭上がって6番手。4コーナーでは最内を回って直線へ。前が開いている内を追い出して、3番手に上がって残り400m。右ムチを入れると内へ行ったので、鞭を持ち替えて左ムチ。また鞭を持ち替えて右ムチを入れて残り200m。追うも前との差は縮まらず3着。

4着はエングロサー。5着はキボウノダイチ。1番人気ムスコローソは「位置取りが悪くなってタイトなレースになりました。道中で気負った分、精神的に幼い面が出てしまいました」という事もあって12着だった。


予想は6着、12着、14着、15着。

敗因はココまでペースが落ちると思わなかった事。後方馬をメインにして前からの競馬が出来る馬を全く選ばず。61.6では後方からはかなり厳しいし、折り合いが非常につけにくい…失策でした。

オーデットエールは「ゲートは普通に出たけど、そのあとが速くなくてついていけず、窮屈にもなった。ペースも遅かったね…」との事。

ラインギャラントは吉田豊騎手が「かかるところはなかったけど、距離は短いほうがいい」 。

グランデウィークは「少し力んでいて、最後もしまいがアラアラになってしまった。敗因が分からないね…」
とのコメント。


今年は毎年の傾向と違う極端なレースも多いので、少し疑ってかかる必要はありそうで…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-08-28 12:03 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://desktheory.exblog.jp/tb/25462368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 札幌2歳Sの傾向 2017 キーンランドCの結果 2017 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク