アンタレスSの傾向 2018
阪神ダート1800mで行われる古馬GⅢ「アンタレスステークス」。

以前は次週の京都で行われていたが、2012年からこの週に行われていたマイラーズCと入れ替わるカタチで阪神開催に。

この条件になってからは7回目。6年分の1~3着馬15頭をチェックします。出走馬のレベルはあまり変わらないと考えて、実績などは京都開催時の5回の連対馬から、距離などは以前は阪神ダート1800mの重賞であったジャパンカップダート5回分を参考に載せてます。


 アンタレスSの傾向 (過去6年の連対馬+3着馬データ+α) 2018


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

OP以上が…

「マーチS11着のみ」のアイファーソング

残り11頭は「重賞連対」。

(3着は「1600万勝ち」。OP以上は「OP3着と13着」と「平安S3着とマーチS6着」。残り4頭は「重賞連対」(内1頭は芝重賞で、ダートは東海S7着。)。)



旧・京都開催時の5回では…

最低ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは「OP出走なし、東京大賞典7着のみ」のゴルトブリッツ。

次点は「OP勝ち」で「重賞初出走」のウォータクティクスと「平安S6着、マーチS5着、エルムS8着」のワイルドワンダー。

7頭は「重賞連対」。

開催が1週早まって、京都が阪神に変わったという事で、あまり大きな違いはないかと。



<距離>
6年間の3着までの18頭全馬が「1800m以上勝利」。

14頭は「2000m以上連対」、「1900m連対」2頭で、残りは「1900mOP3着1戦」と「1900m以上初」。


阪神1800mのジャパンカップダート5回分では…

最低連対ラインは「1600m以上勝利」。

ただ、1600mまでだったのは1800m以上が「ジャパンダートダービー4着とレパードS9着のみ」のグロリアスノア。

残り9頭が「1800m以上勝利」だが、1900m以上に出走が無かったエスポワールシチー以外には「1900m以上勝利か2000m以上連対」があった。



<コース>
「阪神勝利」15頭、「初出走」2頭。

残りは「アンタレスS5着のみ」のロワジャルダン


阪神1800mのジャパンカップダート5回分では…

「阪神勝利」8頭、「ダート初出走」2頭。

やはり走っているなら結果は欲しい。



<脚質>
「逃げ」2頭、「途中逃げ」1頭、「先行」4頭、「マクり差し、差し」5頭。

1000mは61.2、60.4、60.1、62.0、61.6、60.5(稍重)。

連対はある程度前にいる方が多い。
(3着は「マクリ差し、差し」6頭。)


阪神1800mのジャパンカップダート5回分では…

「逃げ」3頭、「先行」2頭、「差し」5頭。

1000mは61.6、59.8、60.9、60.0(稍重)、60.7。逃げもいるが実績馬ゆえかと。



<その他>
6年で人気は…
1番人気4連対、2番人気2連対、3番人気2連対。

6番人気2連対、残りは5、11番人気。

3着は8、5、2、1、3、3番人気。


京都開催5回では1番人気2連対、2番人気3連対、3番人気2連対。残りは4、5、7、8番人気。
JCD5回は1番人気3連対、3番人気2連対、5番人気2連対、6番人気2連対。残りは8番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は12頭で6頭。

勝ち馬は6頭中5頭なので、まずは良い脚を使えそうな馬を選びたい。
(3着は6頭中4頭が該当。)

JCD5年では10頭中8頭が該当。
「最速」と「2番手」だったが、GⅠだけに(斤量など)少し参考にはしづらい…。



年齢は…

「4歳」6頭、「5歳」5頭、「6歳」5頭、「7歳」2頭。
ダートという事もあり、高齢馬も通用している。


「鞍上」は6年で…

「武豊」騎手、「川田将雅」騎手が2連対。

(3着だと1連対3着2回の「M.デムーロ」騎手、1連対3着1回の「酒井学」騎手。)
関西の騎手が多い。



ココ6年の1~3着の「近走」は「3走以内に連対」。

人気馬が多かった事もあるが、ある程度状態のいい馬を狙いたい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2018-04-11 22:11 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://desktheory.exblog.jp/tb/26654855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 皐月賞の枠順決定! 2018 アーリントンCの傾向 2018 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク