小倉記念の結果 2018
レコード決着となった小倉記念は…

1番人気トリオンフはいいスタート。外から先頭に立つ勢いで上がって行く。抑えたか2番手につける。残り600mを切って前に並びかけ、先頭に立つ。軽く仕掛けながら直線にはいると左ムチが入って差を広げる。追いとムチでセーフティリードを広げてゴールし、優勝。

「初めて乗りましたが、強かったです。スタート前から積極的に行こうと思っていました。道中は良い走りで、早めに行こうと思いました。乗り味が良く、きれいな走りで、馬自体もきれいです。この馬の話をいただいたときは良いチャンスだと思い、楽しみでしたし、ものにしたいと思っていました。」と武豊騎手。


2番人気サトノクロニクルもスタートはまずまず。しかし、直後に押しても動かないとみると鞍上が右ムチを2発入れる。1周目のゴール板は5、6番手、1コーナーへは4番手で。向う正面でもその位置取りだが、残り900m辺りから仕掛けて、700m辺りで激しく鞍上の手が動く。3番手に上がり、早くも右ムチが入る。追いとムチを繰り返して残り400m。その後もムチと追いを繰り返すも、なかなか前との差が縮まらない。ゴール板手前で2番手にあがって2着。

「頑張りました。しかし、この距離は短いように思いました。」とM.デムーロ騎手。


5番人気マウントゴールドもまずまずのスタートからスッと前へ。外が抑えたのか先頭に立つ。半馬身ほどのペースで逃げる。1000mの通過は60.0と抑える。残り600mで並ばれて、交わされて2番手に。追って追って直線へ。左ムチが入って追うが、前とはさらに離され、ゴール前でサトノクロニクルに交わされて3着。

「ハナに立つことを考えていて、思った通りの展開になりました。よく頑張ってくれました。」と浜中俊騎手。


4着はレイホーロマンス。5着はストーンウェア。

3番人気サンマルティンは7着。「ハミの効果もあって折り合いはつきました。ただ、前の馬にこの上がり(レースの上がり33.5)で走られては厳しいですし、3コーナーで下がってくる馬のあおりも受けてしまいました。」と池添謙一騎手。


12着だったストロングタイタンは心房細動だったとの事。


予想は1着、3着、8着、11着。

敗因はサトノクロニクルの休み明けを気にして最後に切った事。対抗、本命が1、3着なので、もったいない。先行勢があまりいなかったのに、後方のメドウラークを狙ったのはさすがにマズかった。キョウヘイも距離が微妙だったし…。


キョウヘイの「うながすと、むきになって走っていました。前が止まらない流れも厳しかったです。」と高倉凌騎手。

メドウラークは「展開の助けが必要ですし、前走(七夕賞1着)と違い、高速決着になってしまいましたからね。」と丸田恭介騎手。


また2着がいないですが、あと一歩…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-08-07 00:05 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://desktheory.exblog.jp/tb/27034902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 関屋記念の傾向 2018 レパードSの結果 2018 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク