秋華賞の傾向 2018
京都2000mで行われる3歳牝馬GⅠ「秋華賞」。

3歳牝馬3冠の第3弾。95年までは京都2400mで「エリザベス女王杯」だったが、「エリザベス女王の上に女王を作らず?」という配慮のためか、96年に「エリザベス女王杯」を古馬に開放した影響を受けて、新設し距離も短縮された。

3着は別記事「秋華賞3着の傾向 2018」で。


 秋華賞の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2018


【実績】
最低連対ラインは「1000万特別勝ち」。

該当するのは1600万以上が…

「出走無し(4戦3勝)」のスマートレイアー
「ファンタジーS15着、ローズS3着」のキョウワジャンヌ

次点は「OP2着」。

「エルフィンS2着、フラワーC5着、スイートピーS5着、紫苑S2着」のショウナンパンドラ

出走メンバーのレベルによる所が大きいが、このレベルでも通用する。

残り17頭には『重賞連対』があった。

GⅠ成績は「GⅠ連対」9頭、「GⅠ4着」4頭、「GⅠ初出走」5頭。残りは「桜花賞6着と優駿牝馬4着」のディアドラ、「優駿牝馬10着のみ」のムードインディゴ。


※実績の低い馬は11年以上前なら…

99年に「500万勝ち、900万(当時)2着や3着、GⅡ3着と9着、OP9着や7着」のブゼンキャンドル、「500万勝ち、900万3着、GⅡ3着、GⅢ3着2回など」のクロックワーク、98年に「900万(当時)勝ち、1500万以上がローズS5着のみ」のナリタルナパークがいる。



【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600m連対までだったのは、1800m以上が「ローズS3着のみ」のキョウワジャンヌのみ

次点は「1800m」だが、2000m以上が

「優駿牝馬5着のみ」のリスグラシュー
「優駿牝馬9着のみ」のクイーンズリング
「出走無し」のスマートレイアーとアヴェンチュラ
「優駿牝馬4着のみ」のアニメイトバイオ
「葉牡丹賞3着と優駿牝馬4着」のブラックエンブレム

スマートレイアーは4戦3勝、アヴェンチュラは故障もあって5戦3勝2着1回と出走自体も少なかった。残り3頭は「2400mGⅠのみ」と高いレベルの1戦だけだった。

残り13頭は「2000m以上連対」。

以前と比べると1800m止まりが増えているが、ローズSの距離短縮も少しは影響があるかと。


※11年以上前なら「1600m勝ち」。「9か月以上の休み明けのローズS(2000m時)14着のみ」のヤマカツスズラン、「1800m以上出走なし」のファビラスラフィンがいる。



【コース】
「京都連対」9頭、「初出走」9頭。

残りは…

「黄菊賞3着のみ」のヴィルシーナ
「混合500万13着のみ」のムードインディゴ

2歳~3歳にかけてのGⅠが阪神2戦と東京1戦なので、早い時期に賞金を加算した馬などは関西馬でも京都に出走していない事も。コースはともかく、特に難しい競馬場ではないので、得手不得手はあまりないかと。


関東馬で、阪神に出走があったが連が無いブラックエンブレム(今回は栗東留学、桜花賞10着とローズS15着)やアサヒライジング(桜花賞4着、阪神JF5着)がいる。



【脚質】
「逃げ→2番手」1頭、「先行」3頭、「差し」14頭、「追い込み」2頭。

1000mは59.1(重)、59.9、57.4、58.0、58.9、62.2、58.3(稍重)、58.5、58.0、58.6でペースが速い年が多い。
コースは前が残りやすいが、「後方からでも通用」している。



【前哨戦】
「ローズS」14頭、「紫苑S(1、2、5、2着)」4頭、「クイーンS1着」1頭、「夕月特別1着」1頭。

ローズSの着順は3、2、5、1、4、1、2、3、4、1、2、1、15、2着。
15着のブラックエンブレムはレース後から「栗東留学」で結果に繋がったとの話。。

14年にようやく紫苑S組から連対馬が出た。16年から重賞になった事もあってか2頭が連対、17年も勝ち馬が優勝と流れが変わっている可能性も…。

※18年は紫苑S1、2着が出走しない…。



【その他】
「人気」は「1番人気」が4連対(3着2回)。

3着にウオッカ(宝塚記念8着以来)やブエナビスタ(2位入線3着降着)がおり、後の活躍を考えるとココの難しさが伺える。

他はアエロリット7着、ビッシュ10着、デニムアンドルビー4着、トールポピー10着。
2000m初のアエロリット、紫苑Sが不利受けずの1着で初関西の16年のビッシュ、ローズSが6着と戦前から危うさのあった08年のトールポピー、デニムアンドルビーは位置取りもあって4着。

「2番人気」は5連対(3着1回)。
コチラの4着以下は17年のファンディーナの13着、16年のジュエラーの4着、15年タッチグスピーチ、14年のレッドリヴェールの6着。
フラワーCから皐月賞だったファンディーナはローズSでも6着と精彩を欠き、ジュエラーは故障明けローズS11着からの2走目、タッチグスピーチは不利もあった。レッドリヴェールはレース間隔を開いてしか使えず、東京優駿12着以来のローズS6着と危さがあった。

「3番人気」は5連対。4番人気2連対で、残りは5、6、7、8、11番人気。

当日が雨で重馬場となり、初距離の馬が1番人気で2番人気も復調気配が見えなかった17年、前哨戦で大きく不利を受けた馬がいた紫苑S1着が1番人気で、故障復帰戦11着が2番人気の16年、混戦模様だった08年以外は「年に1頭は1番人気か2番人気が連対」しており、戦前から危うい感がない限りは1頭は入れておきたい。



「上がり3ハロン3番手以内」は14頭。

先行勢がいる事もあって少し少ないが、コレは07~16年ほどのモノで以前は多かった。
10年では「最速」が1着2頭2着2頭で3着も絡んでおらず、溜めるだけでは危うい。

「阪神改修でローズSが1800mに変更」になって以降なので、その影響が大きいと考えられる。ローズS2000m時には上がりが今ほど求められていなかったが、秋華賞では上がりが求められており、逆だった。

もちろん、改修でGⅠの桜花賞や阪神JFの「阪神1600m」で求められるモノや人気する馬が変わってきているか…。



鞍上は「岩田康誠」騎手の3勝2着1回がトップ。

「武豊」騎手と「福永祐一」騎手と「浜中俊」騎手の2連対が続く。
関西の騎手が多め。



ローズSが1800mになって10年で7回が「勝ち馬が2着馬より前での競馬」。

「上がり」も8回は「2着馬は上がりで勝ってレースに負け」ており、仕掛けるタイミングが重視される。



1800m後は2013年以外は毎年「ローズS1~3着」が1頭は絡んでおり、相性はいい。

該当しなかった13年はローズSが不良馬場で、クビ差4着のメイショウマンボが秋華賞勝ち。ローズS1着のデニムアンドルビーが本番でハナ差4着と天候なども影響があったかと。

ローズSの上位馬は1頭は入れておきたい。




「配当」は10年平均で3連単が114万8066円だが…

コレは08年の1098万2020円の影響が大きく、除いた10年では3連単は5万1340円で安めの部類。秋華賞は15年までの10年ほどで、GⅠ3連複の中央値が2番目に安い。
馬連は08年をのぞかなくても3862円と荒れる方には入らない。



[PR]
by a_doctrinaire | 2018-10-10 00:01 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://desktheory.exblog.jp/tb/27153399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋華賞3着の傾向 2018 京都大賞典の結果 2018 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク