2011年 09月 27日 ( 2 )

スプリンターズS3着の傾向
GⅠという事でスプリンターズSの3着の傾向もチェックしてみます。


 スプリンターズS3着(日本馬)の傾向 (過去5年の3着馬5頭データから) 11


【実績】
最低ラインは「重賞2着」。

ただ、該当するビービーガルダンは札幌2歳S12着以降は1年以上休養し、1走前にキーンランドC2着と「重賞2戦のみ」。
他の4頭は「重賞勝ち」があり、3歳での出走で「重賞4戦」のタガノバスティーユ以外には「重賞連対+重賞3着以上」があった。
数を走っているなら、ある程度の結果は欲しい。


【距離】
全馬に共通するのは「1400m以上連対」。

昨年つい?に久しぶりに「1200勝ち」の無いサンカルロが3着入り。
ただ、1200mが「高松宮記念4着のみ」なので、少し例外に見たくはなる。


【コース】
「中山連対」は3頭。

後は「500万14着とGⅡ6着」と「GⅢ5着とGⅠ7着」なので、2戦程度はセーフかと。


【脚質】
「先行」2頭、「差し」2頭、「追い込み」1頭。

連対馬が「前」が多いのに対して、後ろからが多く「届いていない」印象が強い。


【その他】
前哨戦は「セントウルS」2頭、「キーンランドC」1頭、「北九州記念」1頭、「京成杯AH」1頭。
勝ち馬が1頭もいないのが連対馬と違っており、「一叩き」や「連戦してそこそこ」の印象が残る。


人気は5番人気~16番人気で、日本馬同士では3着馬がもっとも人気が無い。
偶然かもしれないが、人気で3着馬が連対馬の順位を上回れないというのは興味深い。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-09-27 02:57 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

スプリンターズSの傾向
秋のGⅠ第1弾。中山1200mで行われるGⅠ「スプリンターズステークス」。


海外からの参戦も増えてきましたが、判断が難しいので「日本馬だけ」を調べてみます。


 スプリンターズSの傾向 (過去5年の日本連対馬8頭データから) 11


【実績】
最低ラインは「重賞勝ち+重賞2着」。

ただ、該当する08年のキンシャサノキセキは「重賞勝ち+GⅠ2着」で、他にも「GⅠ3着やGⅢ3着2回」など重賞で上位があった。
その他7頭はすべて「重賞2勝以上」しており、さらに2年ほど延ばしても同じ。
重賞2勝相当』は欲しい。


【距離】
全馬に共通するのは「1400m以上連対」。

さらに「1200mで勝利」もあり、1200m勝ちが無い馬が頻繁に通用する高松宮記念とは違いがあると考えています。
ただ、昨年不利を受けなければサンカルロが破っていた可能性もあるので、強気にはなれませんが…。



【コース】
中山連対」7頭、「初出走」1頭。

少々延長すると「GⅠ2戦のみ」という馬がいるので、高いレベルでの敗戦はセーフと考えてよさそう。
ただ、数を走りながら下のクラスで結果が出ていないようなら危ない。

該当馬のほとんどが「阪神」でも連対があり、「直線の坂」をこなせるのが条件かと。


【脚質】※コレは外国馬を含む連対馬10頭から
「逃げ、途中逃げ」4頭、「先行」4頭、「差し」2頭。

差した2回は08年と10年のキンシャサノキセキで共に2着止まり。
かなり「前有利」と考えたい。


【その他】
前哨戦は「セントウルS」3頭、「キーンランドC」2頭、「北九州記念」2頭、「高松宮記念」1頭。

休み明けでも通用しているが、2か月以内に出走がある方が多い。
「GⅠ連対馬」以外は「前哨戦で勝利」しており、「実績」か「勢い」のどちらかが無いと厳しいように感じる。


1番人気は3連対。
人気を裏切った2頭はデータ外の「実績」と「脚質」で少し過剰人気だったようにも感じられ…。

他は、2番人気が2連対、3番人気も2連対、6番人気が1連対、10番人気が2頭。
ある程度人気サイドが絡むので、大き過ぎる当りを狙いづらい…何か要素がほしい。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-09-27 01:14 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク