人気ブログランキング |


2016年 02月 15日 ( 2 )

京都記念の結果 2016
重馬場発表でしたが、騎手の話ではかなり馬場が悪かったという京都記念は…


6番人気サトノクラウンは少しヨレるスタートだったが、立て直す。自ら行く素振りを見せて前に向い3番手を追走。1コーナーで内の利を活かして2番手に上がる。逃げ馬の2馬身ほど後ろを追う。抑えていたが、残り1400mを切って1馬身ほどに縮める。残り1000mを切って1頭上がって行って逃げて3番手に。抑えるカタチで追走していたが、残り600mを切って行かせると馬なりで先頭に立つ。追い出してリードを広げる。残り100mでムチが1発が入ったようだが、そのまま最期は緩める余裕でゴールし優勝。


3番人気タッチングスピーチは好スタート。抑えて他馬が上がって行くと7番手の中を追走。向う正面では9番手に。残り1200mを切って2頭が上がって行くと11番手。残り1000mで仕掛け、追ってムチが入って4コーナーで外へ。直線に入ってヒストリカルと併せて追う。さらにムチが入って、交して行って上がると残り200mで3番手。追いとムチで2番手集団から抜け出すも前との差は縮まらず2着。


4番人気アドマイヤデウスはまずまずのスタート。外と内を鞍上が見ながらの追走で8番手の内。コーナーで内を回って向う正面では6番手。残り1000mの手前で1頭上がって7番手。抑えながらの追走して4コーナーでは5番手。仕掛けて直線に入り、最内でムチが入る。前2頭の外に出して追う。残り200mでは3番手に上がって前を追う。ムチと追いでヤマカツエースを捕えるが、タッチングスピーチには交わされ3着。


4着はヒストリカル。5着は2番人気ヤマカツエース。1番人気レーヴミストラルは離れた最後方からで12着。





予想は1着、3着、6着、12着。


敗因は分かっていて川田将雅を買った事。この馬場ではあそこまで離れた最後方で来るわけがないが、それでもレーヴミストラルと松田博資調教師を応援したかった…。さらにワンアンドオンリーと橋口弘次郎調教師も応援が入っていました。


普通に考えればサトノクラウンを頭にタッチングスピーチを押さえるのべきでした。ヤネを気にしてヒストリカルを入れなかったが4着とセンスが無かったか…。





無理を通しては当たらない。



by a_doctrinaire | 2016-02-15 00:36 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

共同通信杯の結果 2016
稍重発表だった共同通信杯は…


6番人気ディーマジェスティはまずまずのスタート。7番手の内を追走。残り1200mを切って8番手に下がる。ほぼその位置。4コーナーでは仕掛け始め、ムチが入って残り600m。直線に入ってもムチの連打で内を突いて加速。右ムチと追いで残り300m辺りで外に出す。大きなアクションのムチの連打で一歩ずつ差を詰めると前の2頭を交わして抜け出す。最後は追ってゴールし、優勝。


5番人気イモータルもいいスタート。1頭抜けた逃げ馬を鞍上がチラッと確認すると2番手に上がる。1頭上がって3番手の外を追走し、道中はその位置取り。4コーナーでは外目を回って前2頭に並びかけて直線へ。2番手に上がって残り400mを切って追い出す。ムチが入って先頭に立つ。しかし、残り100m付近で並ばれると交わされて2着。


3番人気メートルダールはスタートはまずまず。下がって行って最後方からの競馬。残り1050m辺りから進出して9番手に上がる。4コーナーでは外を回って直線へ。馬なりで追走して一番外へ出す。残り400mで仕掛ける。加速して、ムチが入って残り200mで5番手。1頭すぐ交わして4番手で、追いとムチでもう1頭交わすが前は決着しており3着。


4着はリスペクトアース。5着はファイアクリスタル。1番人気のハートレーは9着。2番人気のスマートオーディンは前半掛かっていた影響もあってか6着だった。





予想は2着、3着、6着、9着。


敗因は実績を重視した事。傾向を優先して、前走ホープフルSで買おうとして取り消しになったディーマジェスティは気になっていながら予想に入れず。未勝利戦で破ったマウントロブソンがデビュー戦でリスペクトアースの2着と単純計算で「ラジオNIKKEI杯京都2歳Sで5着以上の可能性」はあったか。


馬場も荒れており、人気馬に不安もあったのでいつも通りに4頭BOXにしたのだが、さらにもう一つ狙う一手が必要でした。





直感の方が的中る…。



by a_doctrinaire | 2016-02-15 00:05 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク