2018年 04月 10日 ( 2 )

皐月賞3着の傾向 2018
中山開催過去10年の皐月賞の連対馬をチェックした「皐月賞の傾向 2018」に続いて、皐月賞3着の傾向も見ておきます。


 皐月賞3着の傾向 (中山開催の過去10回の3着馬データから) 2018


【実績】
最低連対ラインは「OP勝ち」。

ただ、該当するのが…

「4戦4勝重賞出走が無し」のフサイチジャンク

残り9頭には「重賞連対」。

重賞が「サウジアラビアRC2着、朝日杯FS13着、きさらぎ賞3着、弥生賞3着」のダンビュライト、「朝日杯FS3着とシンザン記念2着」のウインフルブルーム以外は「重賞勝ち」。
さらに「重賞1戦1着のみ」のサトノダイヤモンド、キタサンブラック、エイシンフラッシュ以外の5頭は「重賞勝ち+重賞連対」。

出走があった6頭には「GⅡ以上3着以内」。残りはGⅡ以上に出走は無く、「4戦4勝」2頭と「GⅢ1戦1勝」2頭。

最低ラインで見ると、連対馬の単発での「OP2着」や「重賞2着」と比べると実績は高い。



【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは1800m以上が…

「きさらぎ賞3着と弥生賞3着」のダンビュライト
「弥生賞8着のみ」のセイウンワンダー

前者は2戦とも0.3秒差の3着。後者は「朝日杯FS1着時でさえ重め残り」と言われており、弥生賞時はさらに「+12キロ」での出走。皐月賞時は「-10キロ」と絞ってきていた。

次点は「1800m勝利」。2000m以上が…

「弥生賞3着のみ」のコディーノ
「出走無し」のディープブリランテ

残り7頭には「2000m以上連対」があった。



【コース】
「中山連対」6頭、「初出走」2頭。

残りは…

「弥生賞3着のみ」のダンビュライト
「朝日杯FS3着のみ」のウインフルブルーム

連対馬と比べると「初出走」が少なく、中山実績がある馬が多い。



【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」4頭、「差し」5頭。

勝ち馬よりも前で競馬をしていたのは約半分。17年は違ったが、その前5年は後ろから交わされており、粘れずという印象。




【前哨戦】
「弥生賞(3、3、8、1着)」4頭、「スプリングS(1、2着)」2頭、「若葉S2着」1頭、「きさらぎ賞1着」1頭、「共同通信杯1着」1頭、「京成杯1着」1頭。

前述の馬体重減らずのセイウンワンダー以外は「3着以内」。トライアル以外は「重賞勝ち」。
トライアル1着は3頭。



【その他】
中山開催10回で人気は12、1、4、8、3、3、11、4、1、2番人気。

上位人気が半分、連対馬と比べると人気薄は少し少な目。



「上がり3ハロン3番手以内」は10回で4頭。

連対馬と比べると少なく、上がり負けの感は否めない。
重賞4戦2着1回3着2回のダンビユライト、キタサンブラック(上がり2番手1回)以外の9頭が「連対時に上がり2番手以内2回+3番手以内以上」と連対馬よりも数は多い。



鞍上は「内田博幸」騎手の2回。

連対馬にも名のある騎手も多いので、ある程度走り慣れている方が良さそうだが…。



中山10回で「内4:外6」で五分。

連対馬もあまり大きな差はなく、最内も大外もいて、桜花賞ほど気にする必要はない。



全体的に見て「連対馬より3着馬の方が条件が高め」が…。

もちろん、連対馬の方に1番人気が多い事もあって、高い次元でクリアしている馬もいるが、「最低ライン」や「クリアしている数」が3着よりも少なかったりする。
展開などで決まる事もあって、「普段人気を集める要素だけ」では難しいかと。




[PR]
by a_doctrinaire | 2018-04-10 12:26 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

皐月賞の傾向 2018
中山2000mで行われる3歳GⅠ「皐月賞」。

3歳クラシック3冠の第1弾。イギリスの「2000mギニー」を模しており、4着までに東京優駿(日本ダービー)への優先出走権が与えられる。

11年は震災の影響で開催時期を遅らせて東京2000mで行われた。中山開催で開催された10回分をまとめてみていきます。3着は別記事「皐月賞3着の傾向 2018」で。


 皐月賞の傾向 (中山開催の過去10回分の連対馬データから) 2018


【実績】
最低連対ラインは「OP連対」で…

「新馬2着、未勝利4着、1着、若葉S2着」のトライアンフマーチ
「新馬2着、未勝利1着、ラジオNIKKEI杯2歳S4着、若駒S1着、若葉S2着」のヒルノダムール

共に「若葉S2着」からの連対。

残り18頭には「重賞連対」で、内15頭は「重賞勝ち」。

また「3歳GⅡ連対」6頭、「GⅡ出走無し」10頭、「弥生賞4着のみ」2頭、「3歳GⅡ3着以内」1頭、「スプリングS8着のみ」1頭。

低い実績だと、04年に「新馬2着、未勝利1着、500万4着、スプリングS3着」のダイワメジャーがおり、それくらいでも可能性はある。ただ、4戦中芝は2戦だった。



【距離】
全馬に共通するのは「1800m以上連対」。

1800mまでだったのは…

「1800m勝ち、2000m以上出走無し」のアルアイン、ペルシアンナイト、ドゥラメンテ、リアルスティール、イスラボニータ、ロゴタイプ
「弥生賞4着のみ」のキャプテントゥーレ
「弥生賞3着のみ」のタケミカヅチ

後の2頭が2008年の連対馬で、スローで後ろが追いかけなかった年なのでやや特殊な年と考えたい。

残り12頭は『2000m以上連対』があり、出走しているならクリアしてほしい。



【コース】
「中山連対」8頭、「初出走」9頭。

残りは…

「弥生賞4着のみ」のエピファネイア
「朝日杯FS3着と弥生賞4着」のキャプテントゥーレ
「弥生賞3着のみ」のタケミカヅチ

「GⅠ3着」か「トライアル1戦で3着か4着」なので、その辺りなら可能性はある。

トリッキーなコースなので、数を走ってダメな場合には気を付けたい。近年は「初出走」で対応できる馬が増えてきている(その他で後述)。



【脚質】
「逃げ」2頭、「先行」4頭、「マクリ差し」6頭、「差し」5頭、「追い込み」3頭。

1000mは59.0、58.4、59.2、60.2、58.0、59.1(稍重)、60.1(稍重)、59.1、61.4、59.4だが、最終週という事を考えると数字通りには受け取らない方がいい。
その影響もあってかかなり二桁番手からでも通用しているが、コースは「前が有利」で、「勝ち馬は2着より前」が多いので仕掛けが遅いのがいいわけではない。

ただ、たまに内が綺麗な年もあるので…。




【前哨戦】
「弥生賞(1、1、4、1、4、3着)」6頭、「スプリングS(2、1、1、8、1着)」4頭、「共同通信杯(1、2、1、1着)」、4頭「若葉S(1、2、2、1着)」4頭、「毎日杯1着」1頭、「アーリントンC1着」1頭。

着順はトライアルは「スプリングS8着」のサンツェッペリン以外は「4着以内」。ただ、トライアルで乗り替わりのあったエピファネイア、当日の展開も大きかったキャプテントゥーレ以外は「3着以内」。別路線の共同通信杯はドゥラメンテが折り合い欠いての2着なので、1着が望ましい。



【その他】
中山開催の10回で…

「人気」は1番人気は3連対、2番人気4連対、3番人気3連対。

4番人気2連対、7番人気2連対、8番人気2連対で、残りは6、9、10、15番人気。
「上位人気」が半分だが、「二桁人気」が2頭絡んでおり、堅く収まったのは13~15年だけで荒れる方が多い。



上位人気で4着以下に敗れたのは…

「休み明け」
「後方から届かず」
「ぶっつけ+関東初」
「1600m連対止まり」
「体調不良」

などで、レース前から怪しい部分がある馬も見られた。

1番人気での4着以下はほとんどが「弥生賞1着かスプリングS1着」で、「体調不良」のロジユニヴァースの14着以外は「4~6着」。「トライアルよりも後方からの競馬」で「展開で少し足りなかった感」が否めない。17年の牝馬ファンディーナはフラワーC1着からで7着。


「3歳クラシック3冠で最も難しい」と言われており、かのディープインパクト陣営も皐月賞のみを心配しており、その難しさが少しは分かるかと。

コースや馬場、展開など難しい部分が多く、実力があれば勝てるというレースではない。『器用さを持っているタイプ』の方が通用する年もある。



「上がり3ハロン3番手以内」は10回で14頭。

「3、4コーナー辺りで5番手以内」が該当していないケースがあり、他はいい脚を使っている。
ただ、勝ち馬では「逃げ」の2頭と「先行」1頭以外は該当しており、脚があっても早めに動けるタイプがいい。

全馬に「連対時上がり2番手以内」があり、逃げ馬でも速い脚は見せていた。ロゴタイプとキャプテントゥーレ以外は2回以上なので、それくらいはクリアしてほしい。



「鞍上」は中山10回で、3連対の「M.デムーロ」騎手、「川田将雅」騎手と、「福永祐一」騎手が最多。
ただ、前が2勝2着1回、中が1勝2着2回、後が2着3回…。

2勝の「岩田康誠」騎手、「蛯名正義」騎手が続く。

長くみると「M.デムーロ」騎手4勝と「武豊」騎手が3勝など。

反対に中山10回で「上位人気で4着以下」に敗れているは4回の「武豊」騎手が最多。「福永祐一」騎手、「M.デムーロ」騎手、「横山典弘」騎手の2回が続いている。
人気馬も敗れる事があるので、リーディング上位の騎手でも安泰という事はないようで…。



馬番は10回で平均17.7頭の1~18番で、「内11:外9」で内が多い。

5頭が「8枠(16番~18番)」だが、「1枠(1~2番)」も3頭で、先週の桜花賞と比べると「枠の有利不利」はあそこまでは無い。
馬場の状態もあるが、コースもあり、『展開』や『位置取り』の方が重要かと。



16年、15年、14年、12年に勝利した「前走、共同通信杯連対」。
それまでは3着止まりが多かったが、11年から開催が遅くなった影響が出ているかと。

14年は降雪で延期の影響で「さらに1週延びての月曜日開催」と東京最終週の翌日だった。

対して、1週違いの「前走、きさらぎ賞1着」は上位人気になって2回二桁、1回は3着に飛んでいる。「初関東」も影響しているだろうが…。

※17年は2月25日から4月16日へのアーリントンC1着馬が2着に。



中山10回分で9連対の「中山初出走」だが、ココ7回で7頭と増えている。

17年のアルアインとペルシアンナイト、「共同通信杯連対から」のドゥラメンテ、イスラボニータ、ゴールドシップ以外は「若葉S組」だったが、ワールドエース陣営の話では、若葉S出走は「輸送回数を減らすため」と「コーナーを4つ経験させる」という狙いだったとの事。

ちなみゴールドシップも「ラジオNIKKEI杯2着」と若葉Sと同じ「阪神2000m」をクリアしていた。

輸送技術などの向上もあって、関東輸送に対応できるなら、後は「コーナー」をこなせるかがポイントなのかと…。なお17年の2頭はワールドエースと同じ池江泰寿厩舎。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-04-10 12:05 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク