人気ブログランキング |


2019年 06月 19日 ( 1 )

宝塚記念の傾向 2019
阪神2200mで行われるGⅠ「宝塚記念」。

JRAの上半期最後のGⅠ。グランプリで投票で上位馬が優先出走権だったかと。ただ、開催時期の影響もあり、回避する馬も多く、盛り上がりには欠ける年もある。開幕2週目で行われていたが、11年は2週+2週、12年以降は4週目開催になっている。

GⅠという事で3着は別記事「宝塚記念3着の傾向 2019」で。


 宝塚記念の傾向 (過去10回の連対馬データから) 2019


【実績】
全馬に共通するのは「GⅡ以上勝利」。GⅡ1連対は…

「重賞5戦して金鯱賞1着、有馬記念6着、中山記念14着、大阪杯4着、鳴尾記念4着」のカレンミロティック

次点は「GⅡ以上勝利+重賞2連対」。

該当するのは…

「重賞14戦してGⅠ6戦、GⅡ7戦、GⅠ1戦で日経新春杯1着、神戸新聞杯2着、中日新聞杯2着」のミッキーロケット
「マーメイドS2着、オールカマー5着、エリザベス女王杯1着、有馬記念4着、日経賞3着、目黒記念2着」のマリアライト

それ以外の17頭は「GⅡ以上勝利+重賞勝ち+重賞連対」。

GⅠは「GⅠ連対」13頭、「GⅠ3着」2頭。

残りは「5戦して東京優駿7着や天皇賞(春)8着など」のラブリーデイ、「有馬記念6着のみ」のカレンミロティック、「3戦東京優駿4着など」のナカヤマフェスタ、「6戦宝塚記念4着など」のサクラメガワンダー、「天皇賞(秋)14着降着」のエイシンデピュティ。



【距離】
全馬に共通するのは「2200m以上連対」。

2400m以上が…

「東京優駿10着のみ」のサクラメガワンダー
「東京優駿7着のみ」のアドマイヤムーン

残り18頭が「2400m以上連対」。

08年に「2000m勝ちまで」で「2200m以上初」のエイシンデピュティのみ



【コース】
「阪神連対」16頭、「初出走」3頭。

「宝塚記念6着と大阪杯6着」のサトノクラウン

初出走の内、1頭は海外馬ワーザー、ゴールドアクターは関西は3戦して菊花賞3着や天皇賞12着と7着で有馬記念や日経賞勝ちなど中山巧者、ナカヤマフェスタは関西が菊花賞12着以来の2回目。中山で重賞2連対と直線の急な坂への適性はあった?

02年にツルマルボーイの「阪神4戦して大阪杯5着、1600万3着など」でも連対はある。



【脚質】 ※11年~18年は4週目、それ以前は2週目。
「先行」9頭、「差し」10頭、「追い込み」1頭。

1000mは59.4(稍重)、60.6(稍重)、59.1(稍重)、62.5、62.4、58.5、58.4、58.7、60.0(稍重)、59.0。
コースを考えても「前」は入れておきたい。



【前哨戦】
「天皇賞(春)4、7、10、7、5、11、3着」7頭、「鳴尾記念(1、4、3着)」3頭、「ヴィクトリアマイル(2、1着)」2頭、「旧・金鯱賞(3、1着)」2頭、「大阪杯6着」1頭、「クイーンエリザベスC1着」1頭、「ドバイシーマクラシック2着」1頭、「目黒記念2着」1頭、「メトロポリタンS1着」1頭、「海外馬(GⅢ)6着」1頭。

着順は「海外馬」、「天皇賞(春)4~11着」、「大阪杯(GⅠ後)6着」、「鳴尾記念4着」以外は「3着以内」。



【その他】
「人気」は1番人気5連対、2番人気3連対、3番人気2連対。

5番人気2連対、6番人気2連対、8番人気2連対、10番人気2連対で、残りは7、9番人気。
1年に1頭は上位人気が連に絡む事が多い。18年、15年、03年など絡まない時もあるが…。



「上がり3ハロン3番手以内」は17頭。

勝ち馬は10回で9頭が該当している。
先行勢の数の割には多く、いい脚が使えるタイプがいい。

細かくみると「最速」11頭、「2番手」2頭、「3番手」4頭。



「鞍上」は「池添謙一」騎手の3連対がトップ。

「M.デムーロ」騎手、「横山典弘」騎手、「川田将雅」騎手の2連対が続く。
他のGⅠに比べると複数連対している騎手が多めかと。



「年齢」は…

「4歳」5連対
「5歳」10連対
「6歳」4連対
「7歳」1連対

若い方が多い。

ちなみに「牡15:牝4:せん1」と牝馬も絡む。



10回で13頭が「阪神重賞連対」。

残りは…

「宝塚記念6着と大阪杯6着」のサトノクラウン
「阪神初」の海外馬ワーザー、ゴールドアクター、ドゥラメンテ、ナカヤマフェスタ
「大阪杯4着と鳴尾記念4着」のカレンミロティック
「宝塚記念3着のみ」のアーネストリー

2戦以下かGⅠ3着なので、数を走っているなら結果が欲しい。



印象としては「状態が良ければ、そこそこの実績で『勝てる』レース」。

阪神開催では「出来」と「展開」で決まる事が多いので、1番人気が阪神10回で2頭しか勝てていない。
出走メンバー次第だが、「少し実績で劣るタイプ」を入れるのもひとつ。

前走「鳴尾記念(旧・金鯱賞)」や「メトロポリタンS」、「目黒記念」などの別路線から人気薄が絡むのもポイントか。



by a_doctrinaire | 2019-06-19 00:33 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク