人気ブログランキング |


2019年 10月 01日 ( 1 )

サウジアラビアRCの傾向 2019
東京1600mで行われる2歳GⅢ「サウジアラビアロイヤルカップ」。

15年に日本とサウジアラビア王国の外交関係樹立60周年を記念して、いちょうSがサウジアラビアRCに改称。重賞としては、14年から新設という事で2年間は「Gのみ」で、16年にGⅢに。東京1600m重賞としては、今年は6年目。以前はOP戦として行われており、12年と13年は1800mで施行。
18年はグランアレグリアが後に桜花賞、17年はダノンプレミアムが直後に朝日杯FSを勝っている。

OP時代は94年はヤマニンパラダイス、95年にエアグルーヴ、96年にメジロドーベル(1800m時の13年にはイスラボニータ)が勝利し、注目された時期もあった。

OP時は3週目だったのが、14年から開幕週初日へ移動して行われるため、以前のデータとは少し違う部分も。ただ、この時期の開幕週の2歳1600m戦がほとんどなし。とりあえず、「重賞の5年間3着まで」とOP時のいちょうSをチェックする事に。


 サウジアラビアRCの傾向 (東京1600mG以降5年+α) 2019


<実績>
18年は「新馬1着」→「新馬1着」→「新馬1着」
17年は「新馬1着」→「新馬1着、コスモス賞1着」→「新馬2着、未勝利1着」
16年は「新馬3着、未勝利1着」→「新馬1着」→「新馬1着」
15年は「新馬2着、未勝利2着、2着、1着」→「新馬1着」→「新馬2着、未勝利1着」
14年は「新馬4着、未勝利2着、1着」→「新馬1着」→「新馬1着、札幌2歳S7着」


OP時の10年の連対馬は…

「新馬勝ち直後」8頭
「未勝利勝ち直後」4頭
「未勝利勝ち+新潟2歳S3着or4着」2頭
「新馬勝ち+札幌2歳S3着」1頭
「新馬勝ち+芙蓉S2着」2頭
「OP勝ち」2頭
「新潟2歳S2着」1頭

「初勝利直後」が12頭、「OP連対」4頭と「重賞4着以内」4頭となっている。

(3着は「新馬勝ち直後」4頭、「未勝利勝ち直後」3頭、「未勝利勝ち+OP3着」1頭、「新馬勝ち+OP2着」1頭、「未勝利勝ち+500万5着から」1頭。)



<距離>
18年は「1600m勝ちのみ」→「1400m勝ちのみ」→「1600m勝ちのみ」
17年は「1800m勝ち」→「1600m、1800m勝ち」→「1600m2着、1着」
16年は「1400m3着、1600m勝ち」→「1600m勝ち」→「1600m勝ち」
15年は「1600m2着3回、1500m勝ち」→「1800m勝ちのみ」→「1600m2着、1着」
14年は「1600m2着あり、1800m勝ち」→「1600m勝ちのみ」→「1800m2戦1勝」


OP時の10年中1800m時の4頭を除くと共通するのは「1400m以上勝利」。

1400mまでだったのは、1500m以上が…

「新潟2歳S4着のみ」のエーシンブラン
「1500m以上出走なし」のマイネルシーガル

次点「1500m勝ち」で

「1600m以上出走なし」のニシノドコマデモ

それ以外の17頭は「1600m以上勝利」。

ちなみに「1600m以下出走なし」は5頭。
アーデント、アーバンウィナー、ケイアイライジン、ジャリスコライトが「1800m出走のみ」で、エイシンイチモンジは「2000m出走のみ」で、距離短縮がやれている。

(3着は1800m時2戦を除いて「1200m以上勝利」。「1200m1戦のみ」のアポロドルチェがおり、次点は「1500m勝ち」で「1600m以上初」。5頭は「1600m以上勝利」。)



<コース>
18年は「東京1着」→「東京初出走(新潟勝ち)」→「東京初出走(新潟勝ち)」
17年は「東京初出走(阪神勝ち)」→「東京勝ち(+札幌勝ち)」→「東京初出走(新潟勝ち)」
16年は「東京3着、1着」→「東京初出走(中京勝ち)」→「東京初出走(中京勝ち)」
15年は「東京2着」→「東京初出走(新潟勝ち)」→「東京初出走(新潟勝ち、中京連対)」
14年は「東京初出走(中京連対)」→「東京初出走(新潟勝ち)」→「東京初出走(新潟勝ち)」

G後3年は「左回り連対」のみだったが、17年に「左回り初」が。



OP時の10年は開催時期が違うが…

「東京連対」5頭、「初出走」15頭。

初出走の内、「新潟連対」6頭、「中京連対」1頭、「左回り初」7頭。残りは左回りが「新潟新馬8着のみ」のアロマキャンドル。

(3着は「初出走」のみ。その内「新潟連対」4頭、「左回り初」5頭。残りは左回りが「新潟新馬戦11着」のマイネルカーミンがいる。)



<脚質> ※1800mの2年除く
18年は「先行」→「差し」→「先行」で、1000mの通過は59.9
17年は「先行」→「追い込み」→「差し」で、1000mの通過は58.3(稍重)
16年は「差し」→「差し」→「先行」で、1000mの通過は60.1((稍重)
15年は「差し」→「差し」→「先行」で、1000mの通過は59.3
14年は「先行」→「差し」→「先行」で、1000mの通過は58.6


3週目の1600mOP時は…

「逃げ」1頭、「先行」11頭、「差し」4頭。

1000mは63.8(不良)、62.5、60.2、60.2、61.5、60.9、62.1、61.1。
(3着は「先行」3頭、「差し」4頭、「追い込み」1頭。)



<その他>
「人気」は…
18年は1番人気→7番人気→4番人気
17年は2番人気→1番人気→6番人気
16年は3番人気→2番人気→1番人気
15年は4番人気→1番人気→2番人気
14年は4番人気→2番人気→3番人気

と、今のところ「3番人気」が1頭は常に馬券圏内。


OP時の10年では…

1番人気5連対、2番人気4連対、3番人気6連対。

4番人気3連対と5番人気2連対。
頭数が7~16頭の平均10.5頭と落ち着く影響もあって、1~5番人気で決まっており、あまり荒れていなかった。

3着は2、12、5、1、6、5、3、4、3、1番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は15頭中7頭が該当。
18年は2着が「最速」で1着が「2番手」
17年は2着が「最速」で1着と3着は「4番手タイ」
16年は1着が「最速」2着が「2番手」
15年3着が「最速」で1着と2着が「4番手タイ」
14年2着が「2番手」

開幕週という事もあって、3番手以内は少ない。ただ、連対馬は「4番手タイ以内」。
14~16年は3着まで「勝利時に上がり2番手以内」だったが、17年に「勝利時3番手」が3着に…。


1800mを含むOP10年では17頭と、3週目という事もあってか多かった。
1戦1勝のトーセンファントム以外が「勝利時に上がり3ハロン3番手以内」。
(3着は10頭中8頭が該当。「勝利時に上がり3ハロン2番手以内」。)



「鞍上」は…

18年は「C.ルメール騎手→「津村明秀」騎手→「三浦皇成」騎手
17年は「川田将雅」騎手→「C.ルメール」騎手→「岩田康誠」騎手
16年は「柴田善臣」騎手→「C.ルメール」騎手→「M.デムーロ」騎手
15年は「横山典弘」騎手→「戸崎圭太」騎手→「浜中俊」騎手
14年は「横山典弘」騎手→「柴山雄一」騎手→「北村宏司」騎手


OP時の10年で現役では

「横山典弘」騎手の3勝がトップ。「蛯名正義」騎手、「内田博幸」騎手の1勝2連対、「田中勝春」騎手の2連対が続く。
(3着は「田中勝春」騎手と「松岡正海」騎手の3着2回が複数。連対にも名がある「内田博幸」騎手も3着1回。)

開催日程などもあるが、関東の騎手が多かった。



ちなみに所属は…

18年「関東」→「関東」→「関東
17年「関西」→「関東」→「関東」
16年「関東」→「関西」→「関西」
15年「関東」→「関西」→「関東」
14年「関西」→「関東」→「関東」

で「関東10:関西5」。

OP時の10年で「関東15:関西5」。
(3着は「関東9:関西1」。)



「馬番」は

18年は4→5→2(8頭立て)
17年は2→16→13(18頭立て)
16年は6→7→3(9頭立て)
15年は6→12→11(12頭立て)
14年は6→10→2(12頭立て)


OP時は出走頭数が平均10.5頭という事もあるあろうが「内15:外5」。

「馬番」は「6番」の5連対がトップ。「2番」「3番」「5番」「12番」が2連対ずつだった。
(3着は「内8:外2」。)



by a_doctrinaire | 2019-10-01 01:29 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク