人気ブログランキング |


2020年 01月 03日 ( 2 )

京都金杯の傾向 2020
京都1600mで行われる古馬ハンデGⅢ「京都金杯」。

東の中山金杯と同じくJRAのスタート重賞。以前は2000mで行われていたが、差別化のためかマイル戦に変更。「1年の計は金杯にあり!」と言われ、その年の予想を占う一面も…。


 京都金杯の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2020

<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

OP以上が…

「GⅡ5戦して京都新聞杯3着、弥生賞5着、日経新春杯5着など」のエキストラエンド
「OP以上出走なし」のオースミナイン
「OPは若葉S3着、プリンシパルS4着、重賞はNZT7着のみ」のダノンシャーク

次点は「OP勝ち」。

「重賞7戦して中京記念3着、マイルCS6着など」のブラックムーン
「重賞5戦してホープフルS4着、京都新聞杯4着、ラジオNIKKEI杯5着、富士S7着、チャレンジC5着」のブラックスピネル
「重賞4戦して北九州記念13着、マイラーズC17着、スワンS9着、阪神C16着」のテイエムタイホー
「重賞7戦して安田記念5着」のライブコンサート

残り13頭は「重賞連対」。

2005年に「1000万勝ち」で、「1600万6戦3着2回、重賞がマイラーズC5着のみ」のハットトリックがいる。

(3着は「1600万勝ち」。OP以上が「重賞5戦府中牝馬S4着など」のアスカトップレディ。次点は「OP連対」。「OP勝ち、重賞5戦してマーメイドS3着など」のミエノサクシード、「OP2着、重賞が京都金杯17着、北九州記念5着、セントウルS7着」のミッキーラブソング。「OP2着、新潟2歳S6着のみ」のマイネルメリエンダと「OP1着、重賞6戦して菊花賞6着など」のヤマニンウイスカー。残り5頭は「重賞連対」。)


<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでは…

「1800m以上出走なし」のパクスアメリカーナ、テイエムタイホー、オースミナイン
「1800m新馬9着、1800m未勝利7着、皐月賞13着、ラジオNIKKEI賞8着」のガルボ

それ以外の16頭は「1800m以上連対」。
ちなみに「1800m勝ちで、1700m以下に出走が無い」エキストラエンドとスマートギアが、「1600m初」で連対している。

(3着はすべて「1600m以上勝利」」。6頭が「1800m以上連対」。)


<コース>
「京都連対」20頭。

関西ではメインの競馬場だし、特に難しいコースではないと思うので、結果がでている方がいい。

ちなみに07年に「きさらぎ賞3着とマイルSC4着」の関東馬マイネルスケルツィがいる。

(3着は「京都連対」9頭。残りは京都2歳S7着のみ」のマイネルメリエンダ。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」8頭、「差し」8頭、「追い込み」2頭。

800mは47.5、46.8、45.9、46.8、47.5、46.6、47.5、45.7、47.4、46.4とそれほど速くない。
京都は開幕で前も多いが、季節的なモノもあってか、後ろからも届いている。

(3着は「逃げ」1頭、「先行」4頭、「差し」5頭。)



<その他>
1番人気は5連対、2番人気1連対、3番人気4連対。

5番人気3連対、6番人気3連対、4番人気2連対、7番人気2連対で、残りは13番人気。
「1~7番人気」が多い。

3着は11、1、5、7、7、5、7、10、2、13番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で11頭。

開幕週や脚質を考えても、あまり多くない。
ただ、遅くても35.0で、後方からの競馬をするケースはやはり該当するので、馬次第の感が…。
(3着は10頭中2頭。)



ハンデは53~58キロの平均55.95キロ。中央値は56.25キロ。

57キロ以上は9頭とまずまずの多さ。軽量も少な目なので、その影響もありそう。
(3着は53~58キロ。平均は55キロ。中央値は54キロ。)

トップハンデは18頭で5連対3着1回。連対しているのは17年と18年の57.5キロ、13年と14年の58キロ、6頭が該当して連対2頭の2010年の57キロ。



「年齢」は…

「4歳」8連対
「5歳」4連対
「6歳」6連対
「7歳」2連対

コチラは中山金杯と違い「4歳」が多め。
(3着は「4歳」2頭、「5歳」2頭、「6歳」2頭、「7歳」3頭、「8歳」1頭。)



鞍上はと「武豊」騎手と「福永祐一」騎手騎手の3連対がトップ。

「河田将雅」騎手、「濱中俊」騎手、「C.ルメール」騎手、「池添謙一」騎手、「岩田康誠」などの2連対ずつが続く。
(3着は「岩田康誠」騎手が2回なので、10年で4回は岩田騎手が馬券に絡んでいる。2年延ばすと+1連対3着2回。)



枠は平均16.2頭で、「内16:外4」と「内が多い」。

「馬番」1~16で「1番」「7番」の3連対、「2番」「4番」「5番」「6番」の2連対が続く。
開幕週という事もあって、綺麗な馬場が通れる枠が良さそう。
15年辺りからフルゲートが変わったか18頭立てになっており、少し誤差はあるが、今後どうなるのか…。

(3着は「内8:外2」。馬番は「7番」「8番」の2回など。)



by a_doctrinaire | 2020-01-03 09:00 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

中山金杯の傾向 2020
中山2000mで行われる古馬ハンデGⅢ「中山金杯」。

西の「京都金杯」と並ぶJRAの年始重賞。「1年の計は金杯にあり!」と競馬ファンが1年の競馬を占う1戦。有馬記念、ホープフルS、東京大賞典での負けを取り返そうと「こじらせ」も集結?


 中山金杯の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2020

<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPはアンドロメダS9着のみ、重賞5戦して日経新春杯4着、朝日CC5着など」のカルドブレッサ
「OP以上初」のフェデラリスト

次点は「OP連対」。

「ディセンバーS1着、重賞は京成杯15着、函館記念3着、オールカマー3着」のツクバアズマオー
「カシオペアS1着、重賞は弥生賞3着、皐月賞8着、大阪杯7着」のダイワファルコン

残り16頭は「重賞連対」。内11頭は「重賞複数連対」。

低いトコロでは延ばすと03年に「1000万勝ち」で、「キャリア7戦で1600万6着のみ、OP以上出走なし」のトーアメイウンがいる。

(3着馬も「1600万勝ち」がライン。OP以上が「アイビーS3着と若葉S4着、京都新聞杯17着とセントライト記念12着」のタニノフランケル、「青葉賞10着とラジオNIKKEI賞7着」のストレンジクォーク、「福島記念4着のみ」のディサイファ、「重賞5戦してエプソムC5着や中京記念6着」のトウショウウェイヴ。残り6頭が「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上連対」。

1800mまでだったのは2000m以上が

「アルゼンチン共和国杯3着のみ」のセダブリランテス
「弥生賞6着、皐月賞5着、アイルランドT3着、ディセンバーS5着」のクラリティシチー
「弥生賞3着、皐月賞8着、プリンシパルS5着、大阪杯7着」のダイワファルコン
「福島民報杯7着、七夕賞7着(0.4秒差)」のキョウエイストーム

残り16頭は「2000m以上連対」。

1800mまでが11年と12年なので、以前と比べると短めでもやれてくる可能性は出てきた。

(3着も「1800m連対」。該当するのは「2000m以上出走無し」のフルーキー、2000m以上が「東京優駿11着と天皇賞(秋)6着」のジャスタウェイで、残り8頭は「2000m以上連対」。)



<コース>
「中山連対」12連対、「初出走」2頭。

残りは…

「ホープフルS3着のみ」のステイフーリッシュ
「弥生賞6着、皐月賞6着、京成杯AH4着、ディセーンバーS5着」クラリティシチー
「中山金杯6着、AJC杯4着、中山記念4着、オールカマー9着」のマイネルフロスト
「朝日杯FS7着、皐月賞15着、有馬記念12着」のラブリーデイ
「1600万5着のみ」のカルドブレッサ
「芝が1600万3着と4着」のアクシオン

「1戦か重賞掲示板やGⅠ7着」でセーフ。
コーナーがきつめで、直線に急な坂もあるので、苦手なタイプには厳しいかもしれない。

中山に連対の無かった6頭中5頭には「阪神連対」があり、直線の急な坂はクリアしていた。
残り1頭は「阪神2戦して神戸新聞杯5着とチャレンジC3着」のステイフーリッシュ。

(3着は「中山連対」4頭、「初出走」3頭。残りは「500万3着とセントライト記念12着」のタニノフランケル、「セントライト記念11着のみ」のナリタクリスタル、「未勝利8着、1600万7、9着」のトウショウウェイヴ。コチラは少し崩れてもいい?)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」8頭、「差し」11頭。

1000mは59.9、61.5、60.4、62.3、59.4、59.4、60.6、61.3、61.0、61.9で、あまり速くならないが、中山は12月も使っている影響か差しも決まる。

(3着は「逃げ」1頭、「先行」3頭、「差し」6頭。)



<その他>
「人気」は1番人気5連対、2番人気3連対、3番人気2連対。

4番人気3連対、5番人気3連対、残りは6、7、8、11番人気。
ハンデ戦という事もあり、上位人気が微妙だが、「1~6番人気」が8割強。

3着は9、10、4、1、5、1、1、5、5、11、15番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で12頭。

後方からが多いのだが、先行にも該当馬が多く、良い脚が使える方がいい。
ただ、最速は1連対しかしておらず、構えているだけでは×。

(3着は10頭中5頭。)



「ハンデ」は54~58キロで、平均56.28キロ。中央値は56キロ。

20頭中8頭が57キロ以上と重めが多い。しかし、脚質は後ろからも多く、他のハンデ戦と比べるとあまり重さが影響しているようには感じ無い。
(3着は54~57.5キロの平均55.5キロ。中央値は55.5キロ。)

トップハンデは57~58キロ。12頭出走して5連対3着1回とコチラも健闘している。



「年齢」は…

「4歳」5連対
「5歳」7連対
「6歳」5連対
「7歳」3連対

年明け直後という事もあり、他のレースと比べて年齢は高めか。
07年の9歳アサカディフィートがいるが、8歳との2年連続なので馬次第。
(3着は「4歳」2頭、「5歳」4頭、「6歳」2頭、「7歳」2頭。)



「鞍上」は「松岡正海」騎手の4連対がトップ。

「F.ベリー」騎手の3連対、「藤岡佑介」騎手と「吉田豊」騎手の2連対が続く。
(3着は「内田博幸」騎手の2回が複数。)
距離もあってか同日に京都金杯がある割に関西騎手もちらほら。




連対重賞は「中山」「福島」「阪神」と直線に坂のあるコースが多い。

20頭中14頭が該当し、「重賞初出走」と「GⅠ2戦のみ」の2頭を除くと残りが「オールカマー3着など」「皐月賞5着など」「朝日CC5着」「ラジオたんぱ杯5着」。
「阪神か中山重賞3~5着」なので、その辺りをラインに考えるのも一つか。
(3着も5頭が「阪神、中山、福島重賞3~5着以上」。)



以前はアドマイヤフジやアサカディフィートが「複数連対」していた。
ハンデなどもあるが、有馬記念を考えても中山は適性があると「リピート率」は高くなるのかも。


2年ほど前からフルゲート数の変更(最大17頭?)もあるようですが…

平均出走頭数15.6頭で、過去10年で1~15番で「内14:外6」と内が多め(3着は3~12番で「内7:外3」)。



by a_doctrinaire | 2020-01-03 08:00 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク