カテゴリ:競馬(GⅠ)( 1225 )

東京優駿(日本ダービー)の枠順決定! 2018
2018年5月27日(日)に行われるGⅠ東京優駿(日本ダービー)の枠順が発表されました。

※東京優駿(日本ダービー)は10R

 第85回 東京優駿(日本ダービー)GⅠ 東京 芝2400m

1枠 1番 ダノンプレミアム 牡3 57 川田将雅 中内田充正
1枠 2番 タイムフライヤー 牡3 57 内田博幸 松田国英
2枠 3番 テーオーエナジー 牡3 57 藤岡康太 宮徹
2枠 4番 アドマイヤアルバ 牡3 57 丸山元気 須貝尚介
3枠 5番 キタノコマンドール 牡3 57 M.デムーロ 池江泰寿
3枠 6番 ゴーフォザサミット 牡3 57 蛯名正義 藤沢和雄
4枠 7番 コズミックフォース 牡3 57 石橋脩 国枝栄
4枠 8番 ブラストワンピース 牡3 57 池添謙一 大竹正博
5枠 9番 オウケンムーン 牡3 57 北村宏司 国枝栄
5枠 10番 ステイフーリッシュ 牡3 57 横山典弘 矢作芳人
6枠 11番 ジャンダルム 牡3 57 武豊 池江泰寿
6枠 12番 エポカドーロ 牡3 57 戸崎圭太 藤原英昭
7枠 13番 グレイル 牡3 57 岩田康誠 野中賢二
7枠 14番 エタリオウ 牡3 57 H.ボウマン 友道康夫
7枠 15番 ステルヴィオ 牡3 57 C.ルメール 木村哲也
8枠 16番 ジェネラーレウーノ 牡 57 田辺裕信 矢野英一
8枠 17番 ワグネリアン 牡3 57 福永祐一 友道康夫
8枠 18番 サンリヴァル 牡3 57 浜中俊 藤岡健一

「枠」は、過去10年の連対馬が平均17.8頭で1~14番の「内14:外6」。
(3着は1~18番で「内6:外4」。)

「馬番」は「1番」の6連対が抜けており、130ほどある中央重賞の中でも稀少。
後は「8番」と「12番」の2連対が複数。
(3着は「3番」の3回、「7番」の2回が複数。)


弥生賞勝ちで皐月賞回避のダノンプレミアムは1番、3戦無敗のブラストワンピースは8番、久々の皐月賞3着のジェンラーレウーノは16番、皐月賞6着のグレイルは13番、キャリア3戦目で皐月賞5着のキタノコマンドールは5番、皐月賞馬エポカドーロは12番、スプリングS勝ちのステルヴィオは15番、弥生賞2着のワグネリアンは17番、2戦目でホープフルS3着のステイフーリッシュは10番などに入った。


※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-05-24 15:44 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

優駿牝馬(日本オークス)の結果 2018
1頭飛ばして後がスローペースだった優駿牝馬(日本オークス)は…

1番人気アーモンドアイはまずまずのスタート。グッと行く気を見せたか、先行勢を追う。抑えながらも1コーナーへは6番手で回る。道中はほぼその位置取り。4コーナーでは外を回って直線へ。すぐには追わず、馬なりか。残り400mで仕掛けて、追い出すとあっさりリリーノーブルを交わして先頭に。内へ斜行し始め、左ムチで修正するも、追うとまた内へ入ろうとして左ムチを入れる。最後は鞍上が後ろを見る余裕もあってゴールし、優勝。

「勝つ自信がありました。完璧なレースでしたね。今日はテンションが高かったので、スタートして良いポジションを取りました。それからはリラックスして走って、直線に向いてから加速してくれました。2400mも問題なかったです。秋は3冠がかかりますが、2000mでも大丈夫そうです。海外遠征の可能性については、ポテンシャルが高く、特別な馬なので海外でもいけると思います。」とC.ルメール騎手。

「最初にあの位置取りを見た時にはビックリしましたし、心配にもなりましたが、すぐに安心しました。レースは落ち着いて安心して見ていられましたが、とにかくホッとしました。この後は、秋に秋華賞で3冠を目指します。調教を積む中でこれはモノが違うと思いました。いい形でここまで来ていますから、この後も順調にいけるよう、やっていきたいと思います。」と国枝栄調教師。


4番人気リリーノーブルは好スタートから先頭に立つ。外から2頭上がって3番手で1コーナーへ。1000の通過が、先頭とは11馬身差で、後ろのラッキーライラックとは2馬身以上離れた位置取り。その後も位置取りは変わらず。内の馬場の悪い所は通らずに4コーナーを回る。直線では持ったままで、残り400mで追い出すとすぐに先頭に立つ。右ムチの連打でアーモンドアイに併せようとするも、交わされて前に入られる。追い+連打を繰り返すも離されて2着。

「レース前から話していた通り、今日は本当に馬の状態が良かったです。レースでは枠を生かしてスムーズな競馬が出来ました。最後までよく伸びていますが、勝った馬が強かったです。」と川田将雅騎手。


2番人気ラッキーライラックのスタートもまずまず。スッと前に行き、2番手。外から数頭があがって5番手で1コーナーへ。道中はその位置取り。4コーナーはリリーノーブルの少し後ろを回って直線へ。外へ出して追い出し始めるが、400mを切って内へ進路を変える。鞍上が慌てて持ち替えて、左ムチを連打。3番手で追って、外へ進路を取るも前との差は縮まらず3着。

「スタートはいつも通りに出てくれたので、道中は折り合いだけ専念してうまく運べました。4コーナーで後ろを見た時にすぐ後ろに(勝ち馬アーモンドアイの)シャドーロールが見えたので、もうそこにいるのかという感じでした。直線では馬場のいいところに持っていってよく頑張りましたが、勝ち馬には敵いませんでした。」と石橋脩騎手。

4着はレッドサクヤ。5着はマウレア。

3番人気サトノワルキューレは6着だった。M.デムーロ騎手は「スタートはうまくなっているけど、全然伸びなかったね…。」とコメント。
「これまで強い相手と戦ってこなかったことが敗因かもしれません。時計が敗因ではないと思います。次走は休みを挟んでから考えます。凱旋門賞は使いません。」と角居勝彦調教師。


予想は1着-3着、6着-2着。

敗因は変則買い…。さらに1000mの通過が59.8も2番手が9馬身差で、「1馬身0.2秒換算」だと62.6と後続がスローペースという事もあって、リリーノーブルがラッキーライラックよりも前で競馬をするとは思わず…。

ラッキーライラックは藤田伸二元騎手が「フケ」の可能性を言ってましたが、どうだったのか…。


全体のペースが遅くなると、思ったような結果にはならないです…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-05-21 00:33 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

優駿牝馬(日本オークス)の予想 2018
トーセンブレスが出走取り消しとなっています。

 優駿牝馬(日本オークス) 予想 2018

桜花賞馬アーモンドアイ。前走は、GⅠながら鞭は4コーナーで肩ムチが1つ入っただけかと。シンザン記念も相手関係もありましたが、馬場と位置取りを考えると能力の高さは示していたかと。

ココから流しで。

桜花賞2着のラッキーライラック。鬼門と言われる内枠で、差し馬有利の中で先行しての2着。ある程度の位置につけての脚を見たい所。

フローラS勝ちのサトノワルキューレ。前走はペースが遅い中で、後方から1頭違う脚で上がってきた。牡馬で後の青葉賞2着馬を差し切っており、能力は高そう。未対戦の部分がどうか。

あと1頭は3連複候補。

桜花賞3着のリリーノーブル。距離が延びて3着は可能性ありかと。

前走の上がりがもう少し速ければカンタービレ。上積みがあるならオールフォーラヴ。上積みと距離が活きればロサグラウカ。前走が外を回ってもう少しいい脚が使えていればマウレア。位置取り次第でパイオニアバイオ。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-05-20 10:03 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

優駿牝馬(日本オークス)の予想候補 2018
過去10年の連対馬をチェックした「優駿牝馬(日本オークス)の傾向 2018」を元にして、予想候補を選んでみます。

高めに見積もると

実績「重賞連対」
距離「1800m以上連対、または1600m勝利でそれ以上出走無しか牡馬相手に3着」
コース「東京連対か初出走」
近走「前走トライアル3着以内、またはGⅠ4着以下は2走前連対」

を条件にすると…

アーモンドアイ
サトノワルキューレ
パイオニアバイオ
マウレア
ラッキーライラック
リリーノーブル

がクリア。

3戦2勝で重賞初出走の

オールフォーラヴ

フラワーC1着からの

カンタービレ

2戦2勝の

ロサグラウカ

は残せるか。



[PR]
by a_doctrinaire | 2018-05-20 00:02 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

優駿牝馬(日本オークス)の枠順決定! 2018
2018年5月20日(日)に行われるGⅠ優駿牝馬の枠順が発表されました。

 第79回 優駿牝馬(日本オークス)GⅠ 東京 芝2400m

1枠 1番 リリーノーブル 牝3 55 川田将雅 藤岡健一
1枠 2番 ラッキーライラック 牝3 55 石橋脩 松永幹夫
2枠 3番 マウレア 牝3 55 武豊 手塚貴久
2枠 4番 トーセンブレス 牝3 55 柴田善臣 加藤征弘
3枠 5番 カンタービレ 牝3 55 田辺裕信 角居勝彦
3枠 6番 オールフォーラヴ 牝3 55 和田竜二 中内田充正
4枠 7番 トーセウアルテミス 牝3 55 松若風馬 谷潔
4枠 8番 サトノワルキューレ 牝3 55 M.デムーロ 角居勝彦
5枠 9番 シスターフラッグ 牝3 55 岩田康誠 西村真幸
5枠 10番 レッドサクヤ 牝3 55 福永祐一 藤原英昭
6枠 11番 パイオニアバイオ 牝3 55 北村宏司 牧光二
6枠 12番 サヤカチャン 牝3 55 松岡正海 田所秀孝
7枠 13番 アーモンドアイ 牝3 55 C.ルメール 国枝栄
7枠 14番 ランドネ 牝3 55 内田博幸 角居勝彦
7枠 15番 ウシベニノキミ 牝3 55 三浦皇成 鈴木孝志
8枠 16番 ウインラナキラ 牝3 55 大野拓弥 宮徹
8枠 17番 ロサグラウカ 牝3 55 戸崎圭太 尾関知人
8枠 18番 オハナ 牝3 55 藤岡康太 堀宣行

過去10年の連対馬は平均17.8頭で1~18番の「内10:外10」。
(3着は2~17番で「内4:外6」。)
馬番は「3番」の3連対、「9番」「10番」「13番」「14番」「18番」の2連対。
(3着は「5番」「14番」が2回ずつ。)


桜花賞勝ちのアーモンドアイは13番、桜花賞2着のラッキーライラックは2番、桜花賞3着のリリーノーブルは1番、フローラS勝ちのサトノワルキューレは8番、桜花賞4着のトーセンブレスは4番、阪神JF3着のマウレアは3番、忘れな草賞勝ちのオールフォーラヴは6番、フラワーC勝ちのカンタービレは5番、2戦2勝のロサグラウカは17番に入った。



※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-05-17 18:49 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ヴィクトリアマイルの結果 2018
雨が降る中の稍重発表で開催されたヴィクトリアマイルは…

8番人気ジューヌポレールはまずまずのスタート。仕掛けて行って1ハロンで8番手。道中はその位置取りで動かず。4コーナーでは外を回って直線へ。すぐに追わずに、外へ向きを変えて追い出すと残り400mで右ムチが入る。連打で加速して、追いとムチを繰り返し、残り200mを切って4番手に上がる。3番手に上がって、レッドアヴァンセの後ろから少し外へ向きを変えて、ムチの連打と追いを繰り出す。脚で勝ると先頭に立って後続を凌いでゴールし、優勝。

「重賞を勝てるチャンスがありながらなかなか勝たせることができず、今日はGⅠを勝てて本当に嬉しいです。最後は良い脚を使う馬なのでいつでも前の馬を交わせる位置でレースを進めました。直線では後ろの馬を警戒していたのですが、前の馬もしぶとく、最後は必死で追いました。もともと期待の大きかった馬ですし、この勝利をキッカケに大きなレースをこれからも勝てる馬だと思います。」 と幸英明騎手。

西園正都調教師も「脚元の不安がなくなったのが一番の勝因でしょう。体重こそ以前と変わりませんが背丈が伸びました。成長を感じていました。サダムパテックの妹で期待していましたが、ようやくここで大きな仕事をしてくれました。レースでは思ったより位置が後ろでしたが、馬場のいい所を走れましたし、ジョッキーの好判断だったと思います。」とコメント。


1番人気リスグラシューはそこそこのスタート。1ハロンで12番手につける。2ハロンで13番手。道中はその位置取りに。4コーナーでは中を回って直線へ。外へ向かいつつ追うも、開いていた所をジュールポレールに先に入られてしまう。後ろを追い出して、左ムチが入る。残り200mで9番手で、右ムチと追いで一気に加速して、残り50mほどで4番手に上がると縦鞭と追いで2番手に上がるが、すぐにゴール板でハナ差届かず2着。

「あそこまでいったら勝ちたかった。ルメールの位置で競馬ができていたら良かったけど、外枠だったのでどうしてもポジションがね…。枠の差はあったが、しっかり走っている。いい競馬はできた。」と武豊騎手。

「馬の状態はこれまでで一番良く、負けないだろうというぐらいの気持ちでいました。2着でしたがよく頑張ってくれました。馬に進歩、そして成長がみられますし、これからもっと良くなるでしょう。次走については馬の状態を確認して、できたら安田記念に向かいたいと思います。」 と矢作芳人調教師。


7番人気レッドアヴァンセもスタートはまずまず。スッと前の方へ行って4番手。アエロリットが行って5番手。後はその位置で、4コーナーでは3頭が並んだ後ろの2番手集団の中を追走も、そのまま一気に外へ行き、アエロリットの後ろで追い出す。400mを切って右ムチが入り、連打と追いで内の4頭横並びを交わして先頭に立つ。残り200mを切って、何度も追ってムチを入れるが、ゴール前で2頭に交わされ3着。

「具合はよかったし、落ち着きもあってゲートはましだった。理想的なポジションで運べて直線もしっかり脚は使ってくれたが、最後に脚があがった。」と北村友一騎手。

4着は3番人気のアエロリット。「形は良かったのですが、もう少しリラックスして走ってほしかったです。馬場が乾いていたら違った結果になったと思います。」 と戸崎圭太騎手。

5着は出遅れもあったミスパンテール。

2番人気のアドマイヤリードは8着。「道悪は走ると思っていたけど、思ったより伸びなかった。馬場が悪くて、気にするようなところがあった。」とM.デムーロ騎手。


予想は1着、5着、7着、13着。

敗因はペースが速くなると考えた事。逃げ馬もだが先行勢が多いと考えたが、スロー…後方勢を重視したのが裏目に。さらに雨もどのくらいなのかが分からず…。

ジュールポレールは一叩きしたが、前走が前目だった事から予想に入れず。大崩れがエリザベス女王杯だけだったのだが…。

レッドアヴァンセも前走の2番手追走で評価を下げた。


ミスパンテールは「直前の雨がね。カチカチの馬場でやりたかった。でも差のない5着だし、馬は頑張ったと思う。ジョッキーはもうちょっと前めで競馬をしたかったようだが、スタートがよくなくて理想的な位置取りではなかった。ただ、課題だったパドックはおとなしかったし、少しずつ課題は克服できているので。」と昆貢調教師。

ソウルスターリングのC.ルメール騎手は「精一杯走ってくれて、良いレースでした。ただ、直線で右にもたれてしまったので、そこが残念でした。」 とコメント。

ラビットランは「4コーナーはいい雰囲気で回って来れたのですが、直線に入ってすぐ苦しくなってしまいました。」と川田将雅騎手。行きたがってバタバタしながらの競馬はどうだったのか…。


雨は判断がより難しい…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-05-14 01:36 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の出走可能ライン 2018
1週早いですが、2018年5月27日(日)に行われる東京優駿(日本ダービー)の出走予定馬を登録馬からチェックします。

 東京優駿(日本ダービー) 特別登録 2018

エポカドーロ 皐月賞1着
サンリヴァル 皐月賞2着
ジェネラーレウーノ 皐月賞3着
ステルヴィオ 皐月賞4着
キタノコマンドール 皐月賞5着
ゴーフォザサミット 青葉賞1着
エタリオウ 青葉賞2着
コズミックフォース プリンシパルS1着

の8頭に優先出走権が。

賞金順では…

ダノンプレミアム 8250 弥生賞1着 朝日杯FS1着 サウジラビアRC1着
タイムフライヤー 5350 ホープフルS1着 京都2歳S2着 萩S1着
ワグネリアン 3950 東京スポーツ杯2歳S1着 弥生賞2着 野路菊S1着
ジャンダルム 3700 デイリー杯2歳S1着 ホープフルS2着 弥生賞3着
ステイフーリッシュ 3100 京都新聞杯1着 ホープフルS3着
オウケンムーン 2800 共同通信杯1着
ブラストワンピース 2800 毎日杯1着
テーオーエナジー 2300 兵庫CS1着
グレイル 2050 京都2歳S1着
アドマイヤアルバ 2000京都新聞杯2着

の10頭までが出走可能。

回避などが出れば、

アイトーン 1900 若葉S1着
リョーノテソーロ 1900 クロッカスS1着

から抽選。3頭以上回避があると

ケイティクレバー 1400 若駒S1着

にも可能性が…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-05-13 19:37 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ヴィクトリアマイルの予想 2018
馬場と天候などでガラっと変わるので、その辺りがどうか…。

 ヴィクトリアマイル 予想 2018

優駿牝馬勝ちのソウルスターリング。2、3歳は桜花賞以外は強いレースだった。秋以降は物足りなかったが、天皇賞(秋)では悪い馬場で外を回りながらも見ごたえのあるレースが出来た。休み明けは毎日王冠でもダメだったので、一つ使って上積みがあれば。

東京新聞杯勝ちのリスグラシュー。牡馬相手に勝っており、力はあるかと。牝馬同士でもGⅠ2着3回と惜しいレースが多い。仕掛けるタイミングは難しいかもしれないが、上手くはまれば、あっさり勝ってもいい。

ローズS勝ちのラビットラン。休み明け相手に、使ってきていたとはいえ、リスグラシューらを差しきっての勝利は見事。秋華賞でも馬場がありながら4着と頑張った。ターコイズSは2キロの斤量差があってミスパンテールとは0.1秒差。京都金杯は沈んだが、前走はレース間隔があいたが、前が残る展開で後方からで9着も上がり最速。位置取りや流れるようなら差が一気に詰まってもおかしくない。

重賞3連勝中のミスパンテール。元々、キャリア2戦目でソウルスターリングに0.3秒差の逸材。脚質にも幅が出てきた。うまく流れに乗れば、あっさりもあるだろうが、それほど上積みは見込めないか…。

叩いた効果でアドマイヤリード。ペース一つでアエロリット。位置取り一つでレッドアヴァンセ。昨年くらい走ればジューヌポレール。タイミング一つでデンコウアンジュ。馬場次第とペースでカワキタエンカ。ホームで状態がさらによければデアレガーロ。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-05-13 03:16 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ヴィクトリアマイルの予想候補 2018
過去10年の連対馬をチェックした「ヴィクトリアマイルの傾向 2018」を元にして、予想候補を選んでみます。

実績「重賞連対」
距離「1600m勝ちかそれ以上連対」
コース「東京連対か1戦以下」
近走「2戦以内に連対」

を条件にすると…

アエロリット
カワキタエンカ
クイーンズミラーグロ
デアレガーロ
ミスパンテール
リスグラシュー
レッツゴードンキ
レッドアヴァンセ

がクリア。

前走0.1秒差の

アドマイヤリード
デンコウアンジュ

一叩きの

ジュールポレール
ソウルスターリング
ラビットラン

もセーフ 。

3着だと「ヴィクトリアマイル3着の傾向 2018」でもう少し幅が…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-05-12 23:30 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ヴィクトリアマイルの枠順決定! 2018
2018年5月13日(日)に行われるGⅠヴィクトリアマイルの枠順が発表されました。

 第13回 ヴィクトリアマイル(GⅠ) 東京 芝1600m

1枠 1番 レッツゴードンキ 牝6 55 岩田康誠 梅田智之
1枠 2番 ミスパンテール 牝4 55 横山典弘 昆貢
2枠 3番 ラビットラン 牝4 55 川田将雅 角居勝彦
2枠 4番 ジュールポレール 牝5 55 幸英明 西園正都
3枠 5番 レーヌミノル 牝4 55 和田竜二 本田優
3枠 6番 レッドアヴァンセ 牝5 55 北村友一 音無秀孝
4枠 7番 カワキタエンカ 牝4 55 大野拓弥 浜田多実雄
4枠 8番 クインズミラーグロ 牝6 55 藤岡康太 野中賢二
5枠 9番 ソウルスターリング 牝4 55 C.ルメール 藤沢和雄
5枠 10番 アエロリット 牝4 55 戸崎圭太 菊沢隆徳
6枠 11番 アドマイヤリード 牝5 55 M.デムーロ 須貝尚介
6枠 12番 エテルナミノル 牝5 55 四位洋文 本田優
7枠 13番 ワントゥワン 牝5 55 藤岡佑介 藤岡健一
7枠 14番 リエノテソーロ 牝4 55 吉田隼人 武井亮
7枠 15番 デアレガーロ 牝4 55 池添謙一 大竹正博
8枠 16番 リスグラシュー 牝4 55 武豊 矢作芳人
8枠 17番 デンコウアンジュ 牝5 55 蛯名正義 荒川義之
8枠 18番 メイズオブオナー 牝4 55 福永祐一 藤原英昭

過去10年の連対馬は平均17.8頭の2~16番で「内10:外10」。
(3着は1~18番で「内7:外3」。)
馬番は「2番」「5番」「6番」「10番」「11番」「13番」「16番」が2連対ずつ。
(3着は「1番」の4回が複数。)

東京新聞杯勝ちのリスグラシューは16番、阪神牝馬S勝ちのミスパンテールは2番、昨年の勝ち馬アドマイヤリードは11番、優駿牝馬勝ちのソウルスターリングは9番、昨年2着のデンコウアンジュは17番、NHKマイルC勝ちのアエロリットは10番、中山牝馬S勝ちのカワキタエンカは7番、高松宮記念2着のレッツゴードンキは1番、ローズS勝ちのラビットランは3番、マイルCS4着のレーヌノミルは5番、京都牝馬S2着のデアレガーロは15番など。


※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-05-11 12:33 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク