人気ブログランキング |


<   2016年 02月 ( 53 )   > この月の画像一覧

アーリントンCの傾向 2016
阪神1600mで行われる3歳GⅢ「アーリントンカップ」。


過去の上位馬からはミッキーアイル、ジャスタウェイ、ディープスカイ、ローレルゲレイロ、ロジック、ウインクリューガー、タニノギムレット、エイシンプレストンなどが後にGⅠ馬になっている。


ちなみに07年以降は改修されてコースが変わっている。改修後は10回目。


 アーリントンCの傾向 (過去10年の連対馬データから) 2016


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

ただ、該当するのは…

「新馬1着、ジュニアC3着」のヤングマンパワー
「ダート新馬2着、未勝利3着、4着、1着、500万8着と3着(芝は初)」のキョウエイバサラ


次点は「500万勝ち」で、OP以上が…

「ラジオNIKKEI杯5着とシンザン記念3着」のタガノグランパ
「OP以上不出走」のコパノリチャード、ノーザンリバー、ザタイキ
「すずらん賞3着、デイリー杯2歳S5着、京王杯2歳S3着、シンザン記念4着」のカオスモス
「京王杯2歳S3着、シンザン記念7着」のオリービン
「新潟2歳S13着、ききょうS4着、京王杯2歳S5着」のコスモセンサー
「クローバー賞2着、コスモス賞3着、いちょうS11着」のマイネエルフ
「朝日杯FS9着のみ」のエーシンフォワード


「GⅠ1戦」「重賞初出走」「重賞3~5着」が多い。

残りは「OP以上連対」9頭。
うち5頭が「重賞連対」。



<距離> ※07年以降は新コース
全馬に共通するのは「1400m以上連対」。

1400mまでだったのは…

「ラジオNIKKEI杯5着とシンザン記念3着」のタガノグランパ
「芝は不出走、ダート1400m2着」のキョウエイバサラ
「朝日杯FS9着のみ」のエーシンフォワード

旧コース時代は
「1600m以上初」ステキシンスケクン
「萩S3着とシンザン記念3着」のロジック


次点は「1500m連対」。

「ダート1400m勝ち、芝は1500m2着と1600mは1戦して未勝利3着」のノーザンリバー

残り14頭は「1600m以上連対」。

※1400mが多いが、改修後は直線が延びた影響もあってか「1600m以上連対」の比率が上がってきている。



<コース> ※07年以降は新コース
「阪神連対」8頭、「初出走」9頭。

残りは…

「ラジオNIKKEI杯5着のみ」のタガノグランパ
「未勝利3着のみ」のノーザンリバー
「ききょうS4着のみ」のコスモセンサー

1戦ずつ。

ちなみに旧コースは「阪神連対」1頭と「初出走」1頭。



<脚質> ※07年以降は新コース
新コース

「逃げ」3頭、「先行」11頭、「差し」2頭、「追い込み」2頭。

1000mは60.8、58.8、60.7、61.1、59.1、59.6、59.2、58.4、58.9で、平均より速いが開幕週なので「実際の時計よりも遅い」と考えている方がいい。
直線が長くなってかなり後方からでも通用するが頭数が13頭以下。開幕初日という事もあって「前が強い」。


旧コース
「逃げ」1頭、「差し」1頭。

1000mは59.1。



<その他>
1番人気4連対、2番人気3連対、3番人気3連対。

5番人気4連対、9番人気2連対で、残りは4、6、11、12番人気。
堅めの年と人気薄が絡む年とマチマチ。

3着は7、6、4、6、5、8、3、10、3、6番人気


上位人気で4着以下だったのは…

「キャリア2戦以下+(今までよりも後方の競馬)」
重賞3戦以内やOP勝ちの後の「朝日杯FS組」
京成杯からの「距離短縮」
連対のない「距離延長」
ダート4戦4勝からの「芝初出走」
長距離輸送が初めてだった「初関西」

などが上げられる(朝日杯FSが14年から阪神になったので変化があるかも)。

連対馬にも該当している場合もあるが、馬券圏内から外れている方が多いので人気馬の見極めが重要かと。特に「この時期は3歳GⅠに向けての『新星誕生』に期待する傾向が強い」ので、気を付けたい。反対にOPに対する実績軽視もある。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で15頭。

直線が長くなったが、先行勢が多い割に該当している馬は多い。
ただ、改修後の方が上がり3番手が最も多く、早めに動くタイプがいい。



「鞍上」は「福永祐一」騎手の3連対がトップ。

「武豊」騎手と「M.デムーロ」騎手の2連対が続く。
特に「武豊」騎手は6勝をあげており、3人共に少し延ばしても連対があるので、相性は良い。



「逃げ」が多め。

旧コースでは有利であり、しかも開幕週もあって多かったが、改修後も3頭が58.8と58.4と59.6のペースで「逃げ」て勝っており、数は減っているが相性は悪くない。
3頭ともに「スタート直後の100mほどでハナ」に立ち、「単騎で逃げ」ている。さらに2頭は「1600m新馬を0.4秒差以上の差をつけて逃げ切り勝ち」があり、「逃げる素質」を持っていたのかと(1頭は2戦目の未勝利で初逃げ0.8秒差勝利)。

ゲートを開くまで展開は分からないが、新馬戦で良い逃げ勝ちの馬がいたら狙ってみてもいいかも…。



改修後の9年では「1~14番」で「内13:外5」と「内が多い」。

「馬番」は「3番」が3連対、「2番」「6番」「8番」「12番」が2連対ずつ。
頭数が10~16頭で、ココ2年は10頭でフルゲート3回と、内が多くなるのも分からなくはないが…。





by a_doctrinaire | 2016-02-24 00:09 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

中山記念の傾向 2016
中山1800で行われる古馬GⅡ「中山記念」。


ジャスタウェイ、ヴィクトワールピサ、09年のカンパニー、ドリームジャーニー、ダイワメジャーなど連対馬がその年にGⅠを勝っている。有力馬が出走してくるケースもあるので、注目しておきたい。


 中山記念の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2016


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OP4戦3着など、重賞6戦して、福島記念3着や東スポ杯2歳S4着など」のトーセンクラウン
「OP4着1戦、重賞3戦して小倉記念16着、朝日CC4着、小倉大賞典7着」のテイエムアンコール

ただ、この2頭は共に2010年の連対馬で「出走馬の手薄感」や「不良馬場」もあった。

次点は「重賞1連対」。

「重賞はきさらぎ賞9着、アーリントンC3着、朝日CC1着」のアルキメデス
「重賞1戦して中山金杯1着」のフェデラリスト

次々点は「重賞2連対」。

「重賞がきさらぎ賞7着、ラジオたんぱ賞2着、菊花賞9着、京阪杯(1800m時)2着」の05年のカンパニー

残り15頭には「GⅡ連対+重賞2連対以上」があり、まずはコレがメイン。
ちなみに「GⅠ連対」は8頭。



<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上勝利」。

1800mまでだったのは2000m以上が…

「1600万15着、オールカマー9着、天皇賞(秋)12着と16着」のシルポート

残り19頭は『2000m以上勝利』なので、まずはコチラが有力。


毎日王冠とは違って「1600mまで」はおらず、「1800m以上勝利」が全馬に該当。



<コース>
「中山連対」14頭、「初出走」4頭。

残りは…

「中山金杯3着のみ」のジャスタウェイ
「1600万7着とオールカマー9着」のシルポート

ちなみに中山に連対の無かった6頭は「阪神連対」があり、直線の急な坂はクリアしていた。

トリッキーで難しいコースと言われるので、多く出走して結果が出ていないのはマイナス。



<脚質>
「逃げ」4頭、「先行」8頭、「差し」7頭、「追い込み」1頭。

1000mは61.9(稍重)、61.1(稍重)、58.6、58.7(重)、60.1、60.9(不良)、61.9(稍重)、59.7、59.5、60.9(重)と速くなる事の方が少ない。

開幕週で直線が短いコースだが、差しも決まる。4コーナーまでにある程度の位置まで「マクる」ケースも多い。



<その他>
1番人気3連対、2番人気4連対、3番人気4連対。

4番人気3連対、6番人気2連対と7番人気2連対で、残りは12番人気と13番人気。
上位人気があまり信頼できないのだが、二桁人気は不良馬場で出走メンバーに手薄感のあった10年の2頭のみで、「1~7番人気」が中心。

出走メンバー次第ではかなり怪しい1番人気もいるので、気を付けたい。

ちなみに3着は4、3、8、4、3、5、2、1、5、4、7番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で14頭。

開幕週、逃げや先行などは4番手以下が多い。脚質は様々なので、展開を優先して考えたい。
ただ、かなりの実績馬は良い脚で上がってくるので、侮れない。



「鞍上」は「横山典弘」騎手の4連対(3勝)がトップ。

「M.デムーロ」騎手、「蛯名正義」騎手、「岩田康誠」騎手の2連対が続く。
同日の阪急杯などの影響もあってか、関東の騎手の方が多い。



少し長くみるとカンパニー、バランスオブゲーム、ローエングリン、アメリカンボス、サクラチトセオー、フジヤマケンザンなど「リピート率」は高めだた。

中山は特有の難しさがあり、実力だけで決まるという感じではない。さらに「朝日杯FS」「皐月賞」、「セントライト記念」「AJC杯」「オールカマー」などの連対馬が多く、中山重賞でやれているのはプラスかと。

コース適性などを重視して、『中山巧者』には注目したい。



枠は10年で1~16番で「14:6」と『内』が多い。

「馬番」は「3番」と「9番」の3連対がトップ。続いて「1番」「2番」「5番」が2連対。
外がダメなワケではないが、人気薄も絡んでおり、芝が綺麗な開幕週なので「内有利」。



「年齢」は…

「6歳」6連対
「5歳」6連対
「4歳」3連対
「7歳」3連対
「8歳」2連対

高齢馬の連対が多く、出走自体の減少もあるが「4歳」が以前より少なくなった。
出走メンバー次第で一概には言えないのだが、5歳以上に注目したい。



前哨戦は「有馬記念」3頭や「天皇賞(秋)」「マイルCS」など「GⅠからの出走」も。

実績馬の出走が多いという事もあるが、「休み明けでも連対」している。
ただ、半分が「年明け出走」。




by a_doctrinaire | 2016-02-23 00:04 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

フェブラリーSの結果 2016
重馬場発表だったフェブラリーSは…


2番人気モーニンはまずまずいいスタートから前の方へ。ダートに入って11番手に。その後で上がって行って残り1200mを切って6番手に上がる。残り800mで5番手、4番手。4コーナーでは内から2頭目を回って直線で外に出す。追い出して残り3000m辺りで3番手に上がり、そのまま追って先頭に立つ。左ムチと追いで粘って、最後は鞍上が右ムチを入れながら後方を確認してゴールし、優勝。


1番人気ノンコノユメはそこそこのスタートから下がって行って13番手。前の集団が固まって1頭離れて追走。仕掛けて残り800m辺りで前の集団に追いつく。4コーナーでは外を回って直線へ。追い出すが、前のアスカノロマンがいて、一度内に入れる。外に出して、残り200mでは11番手。追いとムチで猛追するも2番手に上がった時には2馬身差があり、2着。


7番人気アスカノロマンもそこそこのスタートから前に向うが10番手。固まった集団の一番後ろを追走。4コーナーでも11番手。直線では外を追いだす。ムチの連打で追うが、前との差はすぐに縮まらず。内の馬を交していくも集団から抜け出す時に、外から交わされて3着。


4着は3番人気ベストウォーリア。5着はロワジャルダン。





予想は2着、4着、5着、11着。


敗因はモーニンの武蔵野Sを気にした事。前走も物足りなかったが、2戦とは今回と騎手が違う事を見ておらず…。他と比べると格段に枠がよかったし、連の可能性は高かったかと。無謀なグレープブランデーを入れるよりは、よっぽどまともでした。


さらに重賞実績を気にしてアスカノロマンを予想候補にも残さず…。前走がいい内容だったので、そのまま信じて問題無しでした。





状態のいい馬が絡むのがフェブラリーSなので、その辺りをしっかり考慮する必要があったかと…。



by a_doctrinaire | 2016-02-22 00:26 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

小倉大賞典の結果 2016
良馬場で行われた小倉大賞典は…


2番人気アルバートドックは好スタート。下げて11番手で1コーナーへ。向う正面では13番手。残り800mの手前で1頭上がって14番手。700mを切って2頭上がって最後方に。追い出して、4コーナーは最内を回って直線へ。一気に上がって、狭いトコロに入れて追うと残り200mで4番手。追ってムチが入り、ムチの連打でスルスルと抜け出すと先頭に立ち、外から強襲した馬とゴール前で併せるが、アタマ差で優勝。


6番人気ダコールもいいスタートだったかと。しかし、下がって14番手。向う正面では15番手の内を追走。残り800mを切って上がって行き、14番手。外を上がって残り400mでは9番手まで上がるが、4コーナーでは大外を回って直線へ。追って巻き返して残り200mで8番手。大外を追って加速してゴール板で先頭と併せるも届かず2着。


5番人気ネオリアリズムはクビを上げた影響か少し遅れたスタート。13番手で1コーナーへ。向う正面では14番手。残り900mで1つ上げて13番手。そのまま上がって行き、残り600mを切って外を上がって5番手に。4コーナーでは後ろを見ながら直線へ。外に口を向けるのを追って、残り200mを切って左ムチが入る。しかし、外から脚がいいのにあっさり交わされる。追いかけるも内でもう1頭いて3着。


4着はケイティープライド。5着はハピネスダンサー。1番人気マイネルフロストはクビを上げてのスタートで、その後挟まれて下がった影響もあってか10着。3番人気ベルーフはスタートで少し遅れて6着。





予想は2着、6着、8着、10着。


敗因はアルバートドックとネオリアリズムの前走を気にした事。少しデータを重視しすぎました。


元々データ外からではコスモソーンパークよりもアルバートドックでよかったかと。上位人気でも小倉経験の少ないフォーリー騎手や、小倉が久々の蛯名正義騎手は少し難しい部分もあった…。


追記…アルバートドックは松田博資調教師の指示で内ラチ沿いを通ったらしい。





前日に続いて「馬券の相性の悪い蛯名正義騎手」の1番人気を買って来ず…。買わない時は来ちゃうし、難しい。



by a_doctrinaire | 2016-02-22 00:03 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

フェブラリーSの予想 2016
コチラも水の残り具合で馬場がどうでるか…。


 フェブラリーS 予想 2016


チャンピオンズC2着のノンコノユメ。武蔵野SやユニコーンSではいい脚を見せて勝った。ただ、ペースや仕掛けるタイミング次第で危うさは残るか…。


チャンピオンズC4着のロワジャルダン。前走が物足りなかったが、みやこSとチャンピオンズCを考えると悪くない。乗り替わりがいい方に出てくれれば。


昨年3着のベストウォーリア。2000m付近で結果が出ていないのと交流GⅠ中心が気になるが、さすがにマイルだとやれてもいい。


13年の勝ち馬グレープブランデー。さすがに当時の勢いはないが、昨年は4着で今年も根岸Sは3着とそれなりに走れている。チャンピオンズCを考えても展開一つで何かあっても不思議は無い。


距離が問題ないならモーニン。中央でもやれるならホワイトフーガ。ペース次第でコパノリッキー。




by a_doctrinaire | 2016-02-21 02:41 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

小倉大賞典の予想 2016
雨の影響がどのくらい残るか…。


 小倉大賞典 予想 2016


日経新春杯4着からのダコール。前走がレース間隔が開いたが、前からの競馬で4着。13年は2着、15年は3着と力が衰えていなければ通用してもいい。仕掛けるタイミングや位置取り次第だが。


金鯱賞6着のベルーフ。除外明けの日経新春杯も5着。仕掛けひとつで結果が出てもいい。


AJC杯4着のマイネルフロスト。中山金杯では逃げて2着と脚質も展開に合せられそう。


昨年2着のコスモソーンパーク。前走が同タイム2着なので、条件的にもギリセーフとしたい。


前走が後少しやれていればアルバートドック。力が足りるならネオリアリズム、メドウラーク。距離がやれるならテイエムタイホー。仕上がり次第でタマモベストプレイ、デウスウルト。



by a_doctrinaire | 2016-02-21 02:27 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

ダイヤモンドSの結果 2016
雨で稍重開催(実際は不良という話もあった)となったダイヤモンドSは…


4番人気トゥインクルのスタートはそこそこ。仕掛けて中団辺り。9番手の外側に。残り1200m辺りから上がって行く。1000mを切って4番手、800mを切って先頭に立つ。4コーナーでは馬場のいい外目を回って直線へ。仕掛けてムチが入って、リードを広げると追って追ってゴール前で緩めて優勝。


2番人気フェイムゲームはスタートはまずまず。しかし、スッと下がって行く。14番手を追走。1周目は15番手の内で通過。2周目のコーナーを利して、向う正面では11、12番手まで上がる。残り1200mで13番手。800mを切って仕掛けて外目を上がって行く。4コーナーから直線で大外に出す。追い出してムチが入って残り500m。残り400mで4番手に上がり、ムチの連打と追いで交わして2番手に上がる。その後は前を追うが、差が詰まらず2着。


8番人気ファタモルガーナはそこそこのスタート。前の方だったが控える。10番手の内。道中はほぼその位置取り。800m過ぎても内で仕掛ける。直線に入って内目を突く。最内に切れ込んでムチが入る。残り400mで7番手。ラチに近いトコロを上がって3番手で残り200m。そのまま前を追うもかなり離れており、3着。


4着は1番人気タンタアレグリア。5着はマイネルメダリスト。3番人気モンドインテロは6着だった。





予想は1着、3着、4着、11着。


敗因はフェイムゲームの海外遠征帰りを気にした事。トップハンデも来ていたので、そこだけを気にしていましたが、状態は問題が無かったようで。





心配した「馬券の相性の悪さ」が出てタンタアレグリアは4着…。こういう予感は当たるんですが。



by a_doctrinaire | 2016-02-21 00:54 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

京都牝馬Sの結果 2016
距離短縮+最終開催に加えて、雨で重馬場だった京都牝馬Sは…


1番人気クイーンズリングはそこそこのスタートだったが、押して押して前へ。残り1000mを切って5番手に上がる。外からも1頭上がって7番手に。残り600mで仕掛けて4コーナーで3番手。直線に入って追い出そうとするが、スナッチマインドが外から来たので待つ。5番手に下がって外へ入れ替えて追い出す。残り200mで3番手に上がる。追うごとに差を詰めて、100mを切って交わして先頭に立つ。外からの強襲も凌いで優勝。


6番人気マジックタイムはやや立ちあがったようなスタートだったか下がる。少しずつ仕掛けてか13番手。残り1000mを切って11番手に上がる。直線に入って外目に出す。追い出して、ムチが入って残り200mで10番手。ムチと追いで一気に交わして先頭に並びかけようとするもクビ差届かず2着。


3番人気ウインプリメーラは一歩目は少し遅れたが、2歩目が速くすぐに2番手に。手綱を引いて内から何頭か行かせて5番手に控える。残り1000mを切った辺りで両横から1頭ずつ上がって7番手。4コーナーで仕掛けて直線に入って8番手。外に出して、大きく押して右ムチが入る。外から1頭交わされるが、くらいついて内2頭を交わすも3着。


4着は直線早めに仕掛けて先頭に立ったスナッチマインド。5着は2番人気ウリウリ。





予想は1着、4着、5着、7着。


敗因はマジックタイムの久々の関西を気にした事。さらにウインプリメーラの脚質を気にして予想に入れず。


さすがにウリウリの57キロは雨と馬場、枠を考えると無理がありました…。ただ、ペルフィカの最後方からは流石に厳しい。武豊騎手に替わったのに期待外れでした。スナッチマインドが先頭に立った時にはその後でヘタるとは思わず。





少し厳しい状況の場合は切った方がよかったか…。



by a_doctrinaire | 2016-02-21 00:08 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

ダイヤモンドSの予想 2016
長丁場もあるが、馬場状態次第で変わりそう…。


 ダイヤモンドS 予想 2016


ステイヤーズS2着のカムフィー。父ダンスインざーくに母の父ノーザンテーストと長距離でやれる血統。さらに鞍上の騎乗に期待する。


菊花賞4着のタンタアレグリア。東京も青葉賞2着など結果が出ている。仕上がりもあるが、鞍上との馬券の相性次第か…笑。


昨年2着のファタモルガーナ。目黒記念3着と力はある。ステイヤーズSで一つ叩いて、上積みがあれば上位もある。


ステイヤーズS3着のトゥインクル。前走はさすがに位置取りが不味かった。ペースに会った仕掛けが出来れば可能性はある。


仕上がり次第でフェイムゲーム、ホッコーブレーヴ。力が通用すればモンドインテロ。3戦前くらい走ればペルーサ。天皇賞(春)くらいならネオブラックダイヤ。前走以上でマドリードカフェ。ステイヤーズSくらい走ればマイネルメダリスト。




by a_doctrinaire | 2016-02-20 02:34 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

京都牝馬Sの予想 2016
距離が短くなって、開催時期も遅れてきた影響はどれほどか…。


 京都牝馬S 予想 2016


秋華賞2着のクイーンズリング。フィリーズRで1400mは勝っており、距離は向いているかと。状態がいいならあっさり勝ってもいい。


1000万勝ち直後のスナッチマインド。500万時にリーサルウェポンを破っており、重賞である程度走れてもおかしくない。


フィリーズR2着のペルフィカ。3歳の春にはクイーンズリングに0.1秒差がある。昨秋はターコイズS5着と古馬相手でもそれなりに走れそう。成長曲線や上積み次第では同じくらいやれてもいい。


スプリンターズS5着のウリウリ。仕上がりと57キロがポイントになるが、高松宮記念などを考えるとある程度やれてほしい。


輸送が問題ないならマジックタイム。レース間隔が離れているのが問題ないならウキヨノカゼ。前走以上でリーサルウェポン。粘れるならウインプリメーラ。仕掛け次第でレッドーオヴァル。状態ひとつでディープジュエリーやベルルミエール、ゴールデンナンバー。



by a_doctrinaire | 2016-02-20 02:15 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク