<   2017年 01月 ( 53 )   > この月の画像一覧

AJC杯の結果 2017
直線でシングウィズジョイが落馬となったAJC杯は…

7番人気タンタアレグリアはそこそこのスタート。9番手で1コーナーへ。向う正面でもその位置取り。1200mを切って仕掛けて7番手に上がる。内を通って3番手で600mを切るも、外が一気に上がり7番手。コーナーを利して直線では3番手に上がり、内から2頭目を通って追い出す。残り200mで2番手に上がって、ムチと追いで先頭に立つと粘り切って優勝。

1番人気ゼーヴィントはいいスタート。1、2コーナーでは11番手の中を追走。向う正面では10番手。3コーナーで8番手辺りで、4コーナーは外目を回って一気に差を詰めて3番手で直線へ。追い出してムチが入って残り200mでも3番手。1頭交わしてムチと追いを繰り返すも届かず2着。

3番人気ミライヘノツバサもまずまずのスタート。仕掛けてすぐに先頭に立つも、1コーナー手前で外から2頭行って3番手。鞍上が手綱をしっかり引いての追走。残り800mで仕掛けて2番手に上がる。4コーナーで先頭に立ってムチが入って直線へ。追いとムチで頑張るも残り200mを切って内から交わされ、外からも交され3着。

4着はルミナスウォーリア。5着はワンアンドオンリー。2番人気リアファルは3コーナーで怪しくなって13着。

ちなみに、複数の馬が接触して外側に動いて、ホッコーブレーヴがバランスを崩し、その直後にシングウィズジョイが前の馬に触れて躓いて転倒したとの事…。


予想は2着、4着、10着、13着。

敗因は休み明けを気にしてタンタアレグリアを予想に入れず…。さらにミライヘノツバサは展開も気にして予想に入れず。

リアファルは「2走目のポカ」の可能性もあったので、その辺りを考慮すべきでした。クラリティスカイは流石に厳しかったか…。ルミナスウォーリアはもう少し前で競馬をして、コーナーでは内を回ってほしかった…。


最後に切った馬に来られました…毎年の課題が今年も多い…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-23 02:17 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東海Sの結果 2017
ペースが遅かった東海Sは…

1番人気グレンツェントは半馬身くらい遅れたスタート。軽く仕掛けると巻き返して、そのまま追走して8番手、向う正面では9番手。残り800mで10番手で、4コーナーでは外を回って直線へ。追い出して、ムチが入って350m。追いとムチで加速して、残り200mで5番手で一歩ずつ交してゴール前で先頭に立って、最期は抑えてゴールし優勝。

12番人気モルトベーネはいいスタート。仕掛けて1頭行かせて2番手につける。2コーナーで1頭行って3番手。道中はほぼその位置取りで、4コーナーも最内を回って直線へ。仕掛けて2番手に上がり、ムチの連打で先頭に立つも残り50mで交わされて2着。

10番人気メイショウウタゲもスタートはまずまず。手綱を固定して下がって後ろから2番手。コーナーを利して1頭交わして14番手。残り1200mで進出を開始して、1ハロンで11番手。さらに上がるも途中でとまるが、4コーナーでは最内を回って一気に差を詰めて4番手。追い出そうとするも、モルトベーネに行かれて、前が狭くなって一度下がる。再度仕掛けて、結局進路を最内にとって追い出し3着。

4着は逃げたショウナンアポロン。5着はカゼノコ。2番人気アスカノロマンは出脚がつかなかったらしく8着。3番人気ピオネロは福永祐一騎手の病気で川須栄彦騎手に乗り替り、2番手だったが6着。


予想は1着、6着、8着、11着。

敗因は、近走「2走以内に重賞5着か条件戦勝利」にして、2着で「前走GⅢ6着」のモルトベーネを予想候補に入れなかった事。0.9秒差があったのが気になって…。さらに3着メイショウウタゲは乗り替わりで新味が出そうと思って予想候補に追加したものの、予想に入れず。

2頭よりも他馬を上に見たのが失策。1000mが63.7と超スローもあったが、未対戦の馬や1戦だけで判断するのが怪しそうだったのに、上位人気からのみ考えたのが不味かった。


出走メンバーを考えれば、可能性はあったか…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-23 00:50 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東海Sの予想 2017
ココが試金石になりそうな馬が多いような…。

 東海S 予想 2017

レパードS勝ちのグレンツェント。みやこS2着は惜しかった。前走がOPだったというのが気になるが、成長していれば…。

シリウスS2着のピオネロ。前走はアポロケンタッキーに先着。ダートは4戦3連対なので底は見せていない。レース間隔が開いたのがどうかだが、うまくリフレッシュしていれば…。

昨年の勝ち馬のアスカノロマン。帝王賞6着以降が微妙で、みやこSでは14着に崩れた。チャンピオンズC3着なので、しっかりと復調しているならココでも。

中央はOP2着などのモズライジン。ピオネロに0.3秒差、OPでグレンツェントに0.1秒差のトラキチシャチョウに0.3秒差立ち回り次第では3着以上があってもいい。

みやこSくらい走ればロワジャルダン。新味が出ればメイショウウタゲ。復調していればインカンテーション。ダートがやれるならラストインパクト。上のクラスでもやれるならカラクプア。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-22 02:20 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

AJC杯の予想 2017
展開一つでガラっと変わってくる可能性も…。

 AJC杯 予想 2017

金鯱賞で一叩きしたリアファル。菊花賞は厳しい競馬ながら3着と力は見せていた。故障で休んでいた期間もあって、成長は同期と比べて劣るだろうが、復調していればやれてもおかしくない。

ディセンバーS2着のルミナスウォリアー。前走は3ヶ月ぶりながらツクバアズマオーに0.1秒差。乗り方や流れひとつで3着以内があってもいい。

中山金杯2着のクラリティスカイ。前走はトップハンデながら惜しいレース。皐月賞では逃げてキタサンブラックに0.1秒差もある。さらに上があるなら面白い。

セントライト記念2着のゼーヴィント。前走は乗り替わりとはいえ勝ちきって欲しかった。位置取り次第で怪しいかもしれないので評価を下げた。

休み明けが問題ないならタンタアレグリア。牡馬相手でもやれるならシングウィズジョイ。展開などでクリールカイザー、マイネルフロスト、ミライヘノツバサなど。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-22 01:18 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

ヴァナヘイム骨折…
応援馬ヴァナヘイムが左前脚膝の第3手根骨を骨折したとの報。

1月21日(日)の若駒Sに出走予定だったが、18日の最終追い切り後に歩様に堅さが見られたため、20日朝に精密検査を行ったところ骨折が判明したらしい。

手術は行わず、保存療法で患部が固まるのを待つらしく、全治6か月以上の診断。

正式な発表があるまで、何とか軽くと思っていましたが…春のクラシックで期待していただけに残念。ただ、屈腱炎や命にかかわる症状とかではないようなので、その辺りではホっとしました。

まずは、無事に戻ってきてくれる事を願っています。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-20 19:06 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

東海Sの予想候補 2017
1月開催になってからの「過去4年の3着まで」と「新・中京ダート(1000万以上)の連対馬」をチェックした「東海Sの傾向 2017」を元にして、東海Sの予想候補を選んでみます。

実績「重賞3着以上、または1600万以上勝ちで重賞1戦以下」、距離「1600m以上勝利」、コース「中京連対か1戦以下」、近走「2戦以内に重賞5着以内か条件戦勝利」をラインにすると…

アスカノロマン
カラクプァ
グレンツェント
ピオネロ
モスライジン

がクリア。

休み明け一叩きの

インカンテーション

重賞出走なしでOP3着2回などの

メイショウウタゲ

ダート初出走の

ラストインパクト

コースでGⅡ3着があり、後はGⅠの

ロワジャルダン

は残せるか。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-20 01:26 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

AJC杯の予想候補 2017
過去10年の連対馬+3着馬をチェックした「AJC杯の傾向 2017」を元にして、AJC杯の予想候補を選んでみます。

実績「重賞連対、または1600万勝ち以上で重賞3戦以下6着以上」、距離「2000m以上連対」、コース「中山連対か2戦以下」、近走「3走以内にOP以上連対、条件戦1着」をラインにすると…

クラリティスカイ
シングウィズジョイ
ゼーヴィント
タンタアレグリア
ルミナスウォーリア

がクリア。

長期故障明けで一叩きの

リアファル

も問題なし。


近走GⅡ4着のある

クリールカイザー

OP3着のある

マイネルフロスト

重賞3戦中2戦がGⅠの

ミライヘノツバサ

辺りも何かあれば…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-20 00:23 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東海Sの傾向 2017
中京ダート1800mで行われる古馬GⅡ「東海ステークス」。

重賞としては00年から5月でダート2300mGⅡだった。中京の改修にともなって10年と11年、さらに改修後の12年も名前と反してそのまま京都ダート1900m開催。13年から1月に中京開催をねじ込み?、平安Sと入れ替えるカタチでフェブラリーSの前哨戦に。

新しい条件になってからは5回目と少ないので、「フェブラリーSの前哨戦」という意味では出走馬のレベルはある程度維持されると考えて、「実績」や「その他」は「旧・平安S」、ペースや出走馬のレベルは違いますが「コース」と「脚質」は、「1000万以上の新・中京ダート1800m」の連対馬のデータも参考に。


 東海Sの傾向 (過去4年3着まで+αデータから) 2017

<実績>
16年は…
「OP勝ち、重賞6戦してダイオライト記念3着、みやこS4着やレパードS5着など」のアスカノロマン
「1600万勝ち、OP以上はみやこS7着のみ」のモンドクラッセ
「みやこS勝ち、チャンピオンズC4着など」のロワジャルダン

15年は…
「フェブラリーS勝ちや交流GⅠ2勝2連対など」のコパノリッキー
「前年2着、マーチS勝ち」のグランドシチー
「レパードS1着、みやこS1着など」のインカンテーション

14年は…
「JCダート勝ち、平安S勝ちなど」のニホンピロアワーズ
「マーチS勝ち」のグランドシチー
「1600万勝ち、OP出走なし、重賞は平安S12着のみ」のマイネルバイカ

13年は…
「JDD1着、ユニコーンS2着」のグレープブランデー
「武蔵野S1着」のナムラタイタン
「レパードS1着」のホッコータルマエ

「GⅠ」は4頭が「4着以内」、残りは「JCD6着のみ」と「GⅠ出走なし」。

過去10年の「旧・平安S」も「1600万勝ち」(4頭)が最低連対ライン。次点「OP勝ち」(5頭)もそうだが、「上のクラス不出走」や「GⅢ5着のみ」、「GⅢ3着など」でも通用していた。11頭は「重賞連対」。



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは1700m以上が…

「マーチS5着(0.4秒差)、ジャパンカップダート7着(1.4秒差)、東京大賞典4着(1.6秒差)」のナムラタイタン

乗り替わりもあったが、GⅢ1戦とGⅠ2戦と高いレベルである程度やれていた。

残11頭には「1800m以上勝利」があった。

ダート1800m重賞「チャンピオンズC」、「平安S」、「アンタレスS」、「レパードS」、「みやこS」、「ジャパンカップダート」を見ても、ほとんどが「1800m以上連対」。
ただ、ジャパンカップダートのグロリアスノアが「1600m勝ちで、1800m以上がジャパンダートダービー4着とレパードS9着」から2着に絡んでおり、ナムラタイタンのように可能性はある。


ちなみに「新・中京ダート1800m」の「1000万以上(東海S除く)」の連対馬56頭では…

「1400m勝ち、1600m以上が1600m(1000万)4着のみ」のキングズガード
「1700m勝ち、1800m以上は芝2000m新馬5着、芝1800m500万8着」のスズカセレクト
「1400m勝ち、1600m以上がアーリントンC13着とユニコーンS5着」のワイドバッハ

がいるが、53頭は「1800m上連対」。



<コース>
「中京連対」4頭、「初出走」3頭。

残りは…

「チャンピオンズC4着のみ」のロワジャルダン
「チャンピオンズC12着のみ」のコパノリッキー
「東海S5着のみ」のグランドシチー
「故障明け2戦目のOP6着」のグレープブランデー
「500万6着のみ」のホッコータルマエ

中京に連対の無かった8頭中7頭は「東京連対」があり、「左回りをクリア」。残り1頭は左回りは「川崎記念5着のみ」だった。さらに「中山連対」2頭と「阪神連対」4頭、残り1頭は「阪神重賞を含む3着3回など」で、急な坂もある程度はこなしていた。


「新・中京ダート1800m」の「1000万以上(東海S除く)」の連対馬56頭では…

「新・中京ダート連対」23頭、「新しい中京ダート・初」28頭で、残りは「1600万3着のみ」「GⅠ4着のみ」「500万6着とGⅡ3着」「500万5着と6着」「500万5着のみ」「GⅡ5着のみ」と「1戦または掲示板」



<脚質>
16年が「先行」「逃げ」「先行」
15年は「先行」「差し」「追い込み」
14年は「先行」「差し」「差し」
13年は「差し」「先行」「先行」

1000mは62.9、61.2、60.4、60.4。


「新・中京ダート1800m」の「1000万以上(東海S除く)」の連対馬56頭では…

「逃げ」10頭、「先行」28頭、「差し」14頭、「追い込み」4頭。

1000mは59.6~63.6でやや遅くなる事が多い。直線は長くなったが「前が多い」。



<その他>
「人気」は…
16年は4番人気→2番人気→1番人気
3番人気インカンテーションは前年の5月以来の競馬で11着…。

15年が1番人気→9番人気→3番人気
2番人気ナムラビクターはチャンピオンズC2着以来だったが…。

14年が1番人気→3番人気→8番人気
2番人気グレープブランデーはフェブラリーS後は不調だった。

13年が4番人気→8番人気→1番人気
2番人気グランドシチーは後方から届かず。3番人気ハートビートソングもいつもより位置取りが後ろに。


「旧・平安S」は5年で、1番人気4連対、2番人気1連対、3番人気2連対。残りは5、6、10番人気。
ジャパンカップダートが阪神になってからは、上位人気の連対が多くなっていた。



「上がり3ハロン3番手以内」は12頭中9頭。

先行有利もあるが、4年とも勝ち馬は該当しているので、当日良い脚を使えるのはプラス。




「前哨戦」は「東京大賞典(2着、3着、4着)」、「JCD組(6着、5着)」、「チャンピオンズC(4着、10着)」、「みやこS7着」で、OPは3頭で「ベテルギウスS2着」「師走S4着」「フェアウルS2着」、残りは「1600万1着」。



年齢は…

16年が5歳→5歳→5歳
15年は5歳→8歳→5歳
14年が7歳→7歳→5歳
13年は5歳→7歳→4歳

5歳馬や7歳馬が多いので、折り合い的な部分か…。


旧・平安Sでは

「5歳」8連対、「4歳」5連対、「6歳」3連対、「7歳」2連対、「8歳」2連対。



「鞍上」はバラバラ。

勝利騎手は16年「太宰啓介」騎手、15年が「武豊」騎手、14年が「酒井学」騎手、13年が「C.ルメール」騎手。

「新・中京ダート1800m」の「1000万以上(東海S除く)」の連対馬56頭では…

「武豊」騎手の6連対がトップ。「藤岡康太騎手」騎手、「武幸四郎」騎手、「太宰啓介」騎手、「M.デムーロ」騎手、「福永祐一」騎手、「濱中俊」騎手が3連対。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-19 00:05 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

若駒Sの傾向 2017
京都2000mで行われる3歳OP「若駒ステークス」。

重賞ではないですが、勝ち馬からはマカヒキ、ディープインパクト、アンライバルドが3歳春にGⅠを勝ち、他にもトゥザワールド、アドマイヤジュピタ、ワールドエース、ヒルノダムール、ルーラーシップ、リンカーンなどが後にGⅠ連対。頭数が少なくなるので、高配当は狙えないが、先々のGⅠのためにチェックしておきたい。

ちなみに08年は1着同着。

 若駒Sの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは明けてすぐの3歳戦らしく「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬勝ち直後」のマカヒキ、アダムスブリッジ、ワールドエース、ルーラーシップ、ジュウクリュウシン
「新馬2着、未勝利3、5、1着、萩S4着、デイリー杯2歳S3着、シンザン記念7着」のノーブルマーズ
「新馬2着、未勝利1着」のストーンウェア、リヤンドファミユ、アインラクス
「新馬3着、未勝利1着、ラジオNIKKEI杯4着」のミヤビジャスパー
「芝は新馬4着のみ。ダートで未勝利1着、もちのき賞3着、500万3着」のマイネルクロップ
「新馬2着、未勝利1着、ラジオNIKKEI杯4着」のヒルノダムール
「新馬1着、京都2歳S3着」のアンライバルド
「ダートで新馬3着、未勝利8、4、3、1着」のモチ
「新馬2着、未勝利1着、ホープフルS4着」のクルサード

の15頭。

次点は「500万2着」。

「新馬2着、未勝利1着、エリカ賞2着、ラジオNIKKEI杯14着」のユニバーサルバンク

次々点は「500万勝ち」でOP以上は…

「OP以上出走なし」のトゥザワールド、ゼロス
「朝日杯FS3着」のリベルタス

残りは「萩S5着、東スポ杯2歳S10着、中京2歳S(1800m時)1着」のメイショウドンタク

「上のクラスに出走なし」か、出走があるなら「OP以上4着以内」がひとつの目安になりそう。

(3着は「新馬勝ち直後」4頭、「500万2着」2頭、「OP1着」2頭。残りは「新馬1着」で「デイリー杯2歳S11着のみ」と「ラジオNIKKEI杯2歳6着のみ」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは「芝は1700m以上出走なし、ダートは1800m未勝利4着(0.1秒差)と5着(0.6秒差)」のゼロス

次点は「1700m勝ち」。

1800m以上が「芝は1800m新馬4着(0.3秒差)、ダートはもちのき賞3着(同タイム)と1800m500万3着(0.2秒差)」のマイネルクロップ

それ以外の18頭に『1800m以上勝利』があった。
ちなみに2000mに出走があった馬は「連対」か「2000mOP3着か4着」、或いは「2000mGⅢ9着」。

(3着も「1600m勝ち」。「1800m以上初」が2頭。2000mに出走があった馬は「連対」が6頭。「初出走」1頭、「ラジオNIKKEI杯2歳S8着のみ」1頭。)



<コース>
「京都連対」10頭、「初出走(ダート除く)」7頭。

残りは…

「OP4着、GⅡ3着、GⅢ7着」のノーブルマーズ
「新馬3着のみ」のヒルノダムール
「萩S5着のみ」のメイショウドンタク

キャリアの少ない明けて間もない3歳馬だが、難しいコースでもないので下のクラスでは結果がほしい。

(3着は「京都連対」5頭、「初出走」4頭。残りは「デイリー杯2歳S11着のみ」1頭。)



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」9頭、「差し」6頭、「追い込み」2頭。

1000mは63.4、61.8、61.0、61.4、65.4(重)、61.0、62.2、61.1、63.6、64.8と、頭数が落ちつくのでペースも遅くなる事が多い。

「最後方」からも来ているが、5頭と7頭立てという事を考えると…。

(3着は「先行」2頭、「差し」6頭、「追い込み」2頭。)



<その他>
1番人気は8連対、2番人気5連対、3番人気3連対。

5番人気3連対で、残りは4番人気。
頭数が5~10頭と少なくなるので、大きな荒れは無い。

3着は3、3、4、4、3、2、5、3、1、4番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で17頭。

頭数も少なく、スローのヨーイドンになりがちなので、「逃げ」でも該当している。
全馬に「連対時上がり3番手以内」、「逃げて3番手2回」のノーブルマーズ、「芝は新馬1戦のみ」のマイネルクロップと「1戦目が3番手、2戦目OP3着で2番手」のアンライバルド以外に「連対時に上がり2番手以内」があった。



出走頭数が5~10頭で平均8.5頭と少ない。

有力馬の出走があると一気に頭数が減るが、1番人気は4勝と頭ではそれほど固くない。
位置取りなどで、あっさり負けたりするので、3連単などで信じすぎるのは危い。




「鞍上」は「岩田康誠」騎手、「福永祐一」騎手の3連対が並ぶ。

現役では「川田将雅」騎手、「池添謙一」騎手などの2連対が続く。
以前は5連勝した武豊騎手の独壇場だった頃もあり、素質馬を任せられる騎手を狙うのもひとつかと。



厩舎は「池江泰寿」厩舎が4連対でトップ。

「角居勝彦」厩舎が3連対、「友道康夫」厩舎と「昆貢」の2連対でが続く。
素質馬を預けられたり、若駒に定評のある厩舎はプラス。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-18 00:50 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

日経新春杯の結果 2017
15日(日)予定が17日(火)となり、稍重開催だった日経新春杯は…

1番人気ミッキーロケットはまずまずのスタート。前の方へ追走していく。5番手につけるが、4番手と並ぶ形で1コーナーへ。向う正面では4番手にあがる。残り1200mを切って3番手。内が並びかけて4番手。4コーナーでは持ったままで3、4頭目を上がって直線では2番手に上がる。すぐには追い出さず、残り300mを切って追い出して左ムチが入る。外から馬が来て1度は前に行かれるも、200mを切って右ムチの連打で盛り返す。少しだけ出た状態でずっとムチを入れてハナ差粘ってゴールし、優勝。

2番人気シャケトラもいいスタート。前に向うも、トルークマクトが外に来た影響もあって、前のミッキーロケットの後ろでクビを上げる仕草。外に出して落ち着く。6番手で1周目のゴール板を通過。残り1000mを切って1頭交わして5番手。4コーナーで仕掛けるが、直線に入っても追い出さず。ミッキーロケットが追い出した直後に仕掛けて、追い出して先頭に立つ。直後に減速しだしたのか左ムチが入り、追いとムチを繰り返す。差し返されるも、少しずつ追い詰めていくが、ゴール板で届かずハナ差の2着。

4番人気モンドインテロは少し飛び上がったか、ちょっと遅れたか。鞍上が仕掛けて、巻き返す。スッと内に入って行き7番手で1周目。道中はその位置取り。残り800mで仕掛ける。残り600で追い出して4コーナーで外を回って直線は馬場の中を通ってムチが入る。残り200mで4番手、追いとムチを繰り返して3番手に上がる。前との差はあって、後ろから一気に来られるもハナ差凌いで3着。

4着はハナ差でレッドエルディスト。5着は3番人気カフジプリンス。


予想は1着、2着、4着、10着。

馬連620円的中

ただ、応援馬を入れて切ったモンドインテロがハナ差3着…3連複を外す。

勝負所で動いた2頭に対して、レッドエルディストの仕掛けが遅かった事もあってハナ差なので、怒号が…本人も「もう1列前でもよかった…」と言ってましたし。


1、2番人気での決着…しかも無理な馬を入れて3着を外しており、褒められたものではないですが、今年の初的中。

次につなげたい。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-18 00:24 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク