<   2018年 02月 ( 47 )   > この月の画像一覧

チューリップ賞の傾向 2018
阪神1600mで行われる3歳牝馬GⅡ「チューリップ賞」。

18年からGⅡに格上げ。

過去の連対馬からはソウルスターリング、シンハライト、ジュエラー、ハープスター、ヌーヴォレコルト、アパパネ、ブエナビスタ、トールポピー、ウオッカ、ダイワスカーレット、スイープトウショウ、スティルインラブ、テイエムオーシャン、エアグルーヴ、ダンスパートナーなどがGⅠ馬になっている。

ちなみに牝馬3冠を達成したジェンティルドンナは中間の熱発に加え、直線で前が開かなかった事もあって4着だった。

桜花賞のトライアルで「3着までに優先出走権」が与えられる。本番と同じコースという事もあって、有力馬の出走が多い。阪神改修後は12回目。


 チューリップ賞の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2018


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬勝ちのみ」のミスパンテール
「新馬3着、未勝利1着、クイーンC4着」のアンドリエッテ
「新馬2着、未勝利3着、1着」のショウリュウムーン

次点は「500万勝ち」。

「新馬4着、未勝利1着、こうやまき賞1着」のヌーヴォレコルト
「新馬1着、赤松賞7着、菜の花賞10着、500万1着」のハナズゴール
「新馬3着、未勝利1着、サフラン賞1着、京王杯2歳S4着、阪神JF3着」のライステラス
「ダート2戦して新馬1着、500万1着」のサクラミモザ

次々点は「OP連対」。

「新馬1着、紅梅S1着」のシンハライト
「新馬2着、未勝利1着、アルテミスS3着、フェアリーS8着、エルフィンS2着」のウインプリメーラ
「新馬2着、未勝利2着、1着、紅梅S2着、こぶし賞(ダート変更)13着」のエアパスカル

10頭は「重賞連対」。

出走があった16頭に「OP以上4着以内」があった。

(3着は「新馬・未勝利勝ち」。500万以上が「出走無し」1頭と、「赤松賞5着のみ」「フェアリーS3着のみ」「エルフィンS5着のみ」。次点は「OP勝ち」1頭。残り5頭は「重賞連対」。)



<距離> 
改修後全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

1400mまでだったのは1500m以上が…

「阪神JF3着のみ」のライステラス
「出走なし」のサクラミモザ(ダート1400m勝ち)

次点は「1500m」。

「1600m以上出走無し」のミスパンテール

残り17頭には「1600m以上連対」、1600mが「阪神JF2着のみ」のクロフネサプライズ以外は「1600m以上勝利」があった。

(3着は「1400m以上勝利」。ただ、該当するのは1600m以上が「阪神JF4着のみ」1頭だけ。残り9頭は「1600m以上連対」。)



<コース>
「阪神連対」12頭、「初出走」5頭。

残りは…

「阪神JF3着のみ」のココロノアイとライステラス
「阪神1400m未勝利3着のみ」のショウリュウムーン

3頭とも3着があり、直線の急な坂は得手不得手があるので、出来れば結果がほしい。

(3着は「阪神連対」6頭、「初出走(ダート除く)」3頭。残りは「阪神JF7着のみ」。)



<脚質> 
「逃げ」3頭、「先行」6頭、「差し」8頭、「追い込み」3頭。

1000mは58.6、58.9、61.4、59.4、60.2、60.2、60.1、60.8、61.3、61.3で2週目という事を考えると速くない。

改修後で直線は長くなっているが、まだ芝が綺麗なので前も多い。

※16年はチューリップ賞の方がフィリーズRよりも800mの通過が速いという結果に。従来なら距離もあって1400mの方が速くなるのだが…今後もこの流れにスライドしていくのか注目。

(3着は「逃げ」2頭、「先行」4頭、「差し」4頭。)



<その他>
10年で「人気」では、「1番人気」が7連対。

残りは…

重馬場で出遅れもあり、本番では2着に巻き返した「2戦2勝」の11着クリミナル
1600m初で、「行った行った」の決着で後方から、本番は2着になる「3戦2勝」の7着レッドオーヴァル
阪神JF勝ちから馬体重が420キロと成長もあまり見られなかった「2戦2勝」で3着ジョワドヴィーブル

2番人気2連対、3番人気2連対で、1番人気が抜けている。

4番人気2連対、5番人気2連対、7番人気4連対で、残りは9番人気。
キャリアの低さや未対戦の馬もおり、加えてトライアルという事もあり、上位人気で無くても通用している。

3着は2、10、2、6、5、1、8、6、8、2、5番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は改修後は10年で16頭。

「逃げ馬」の多さもあってか、以前の方が速い上がりが求められた感がある。
ただ、重馬場や極端な縦長にならない限りは「良い脚」は必要。

休み明けという事もあり、「阪神JF勝ち馬でも早めに競馬をする」ケースが多い。
直線の長さに油断して、強い馬相手に脚をためてレースが終わったという事もあり、「自ら動いて行くタイプ」か「速い脚はあるが、早めに仕掛けられるタイプ」を推奨する。

改修後の連対馬は「連対時に上がり2番手以内」に該当しているのでクリアしてほしい。

(3着は10頭中4頭。ただ、9頭は「連対時に上がり2番手以内」。残り1頭は「2戦1連対、上がり3番手」。)



「鞍上」は10年で「池添謙一」騎手、「M.デムーロ」騎手、「川田将雅」騎手、「岩田康誠」騎手、「藤岡佑介」騎手の2連対が複数。
(3着は「岩田康誠」騎手の2回が複数。)

2~3歳の阪神1600m戦の阪神JF+アーリントンC+チューリップ賞+桜花賞では「福永祐一」騎手、「四位洋文」騎手、「M.デムーロ」騎手、「武豊」騎手、「蛯名正義」騎手辺りも多いが…。



近年は「5着以下」のある馬が増えた。

「小倉2歳S9着」のクロフネサプライズ
「フェアリーS8着」のウインプリメーラ
「赤松賞7着と菜の花賞10着」のハナズゴール
「阪神JF8着」のエピセアローム
「こぶし賞(降雪でダート変更)13着」のエアパスカル

など。「ワケあり」もあるが、以前と比べるとあまり気にしなくてもいいのかと。



改修後の「阪神JF連対馬」が6連対3着3回。

16年のウインファビラス、13年のローブティサージュ以外は「阪神JF最先着馬」が3着以内。前者は阪神JFがメジャーエンブレム1強で3着ブランボヌールも14着、後者は阪神JF混戦で2着のクロフネサプライズが1着になっている。直線が長くなって、実力が出やすくなったか。
前哨戦なので仕上がり具合などにもよるが、出走メンバーが物足りない、あるいは展開で決まったような阪神JFでない限りは、有力と考えたい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2018-02-28 21:55 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

弥生賞の傾向 2018
中山2000mで行われる3歳GⅡ「弥生賞」。

皐月賞のトライアルで3着までに優先出走権が与えられる。本番と同じコースという事もあって、有力馬が出走してくるケースも多い。

過去の勝ち馬からはマカヒキ、ヴィクトワールピサ、ロジユニヴァース、ディープインパクト、アグネスタキオン、スペシャルウィークらが皐月賞や東京優駿(日本ダービー)を勝利。他にもナリタトップロードやダンスインザダークが菊花賞を勝ち、2着馬からもワンアンドオンリー、エアシャカール、アドマイヤベガ、セイウンスカイもGⅠを勝っており、メンバー次第では先々の活躍馬が出る事も。


 弥生賞の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2018


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬2着、未勝利2着、1着」のミッキーペトラ

と上のクラスに出走が無かった。

次点は「500万勝ち」。OP以上が…

「シンザン記念5着のみ」のマイスタイル
「ホープフルS(旧)3着のみ」のカミノタサハラ
「中京2歳S5着、東スポ杯2歳S7着、ホープフルS(旧)4着、若駒S4着」のミヤジタイガ
「共同通信杯5着のみ」のコスモオオゾラ

次々点は「OP連対」。

「若駒S1着、重賞出走なし」のマカヒキとトゥザワールド
「京都2歳S1着、ラジオNIKKEI杯4着」のトリップ
「京都2歳S2着、重賞は京成杯3着、(500万つばき賞2着)」のプレイ
「ホープフルS(旧)2着、重賞はきさらぎ賞7着」のブラックシェル

残り10頭は「重賞勝ち」。

ただ、06年に「ラジオたんぱ杯12着、シンザン記念2着、きさらぎ賞4着」のグロリアスウィークがおり、「重賞2着」の可能性は残る。

年によるが、出走があれば「OP4着か重賞5着以内」でチャンスはある。07年に「新馬勝ちのみ」のココナッツパンチがいる。

(3着は「重賞連対」6頭。残りは「新馬1着、京成杯3着」、「OP勝ち、京成杯4着」、「新馬3着、未勝利1着、500万2着」、「地方出身、中央はクローバー賞1着とシンザン記念10着」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1800m連対」。

さらに2000mが…

「ホープフルS4着、若駒S4着」のミヤジタイガ
「2000m以上初」のマイスタイル、サトノクラウン、ブライトエンブレム、サダムパテック、エイシンアポロン、ミッキーペトラ

以外の13頭は「2000m以上連対」。

ちなみに20頭中18頭が「出走最長距離勝利」。

なお、07年に1800m以上が「中京2歳S(1800m時)がダイワスカーレットの2着のみ」のアドマイヤオーラ、「1600mのみ」の「1戦1勝」ココナッツパンチがいる。

(3着は「1600m勝ちまで」が3頭。「きさらぎ賞3着のみ」、「1800m以上初」2頭。次点の「1800m勝ち」は「2000m初」4頭と「京成杯4着のみ」1頭。「2000m勝ち」が2頭。)



<コース>
「中山連対」5頭、「初出走」12頭。

残りは…

「ホープフルS(旧)3着のみ」のカミノタサハラ
「朝日杯FS4着のみ」のサダムパテック
「ホープフルS(旧)5着と京成杯3着」のプレイ

上のクラスである程度の結果が出ているので、数を走ってダメなら「坂やコーナー」が苦手な可能性も。

(3着は「中山連対」5頭、「初出走」5頭。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行・マクリ差し」13頭、「差し」5頭。

1000mは63.2、59.5、61.3、61.2、61.6、63.1(稍重)、61.7、63.6(重)、62.0(稍重)、61.8と通過は遅い。
直線の短さや開幕2週目という事もあり、「前有利」。

(3着は「先行」4頭、「差し」6頭。)



<その他>
10年で「人気」は、「1番人気」が7連対と多い。

残り3頭はシャイニングレイ、エピファネイア、アダムスピークだが、3頭とも「無敗」で「ホープフルS1着か旧・ラジオNIKKEI杯1着から」、後の2頭は「乗り替わり」もあった。


2番人気4連対、3番人気1連対と上位人気では1番人気が抜けている。
後は4番人気2連対、残りは5、6、7、8、9、10番人気。

3着は5、3、10、2、2、5、5、7、7、7番人気。



上位人気で4着以下に敗れたのは…

「後方一気で届かず」
「乗り替わり+α」
「500万勝ち直後、OP以上不出走」
「馬体重、大幅プラスかマイナス」
「京成杯連対かラジオNIKKEI杯上位」
「レース間隔3ヶ月ほど開く」
「距離1800m出走で連なし」

などが目につく。「GⅠ前の新星に期待しての過剰人気」や「重賞実績はあるが、仕上がり足らず」などがあり、その辺りはしっかりチェックしたい。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で13頭。

近年は増えてきたが、以前と比べて該当する馬が減っている時期が…。
開幕2週目やコースが「前有利」な事に加えて、有力馬の出走が少ない事もあって「それまでよりも前」で競馬をする馬も多い。
仕上がり途上で後ろから届かずという事もあるので、早めに仕掛けるタイプが多い。

「残り600mだけで勝負する」よりも、「いい位置取りで残り600mに入る」方が結果に繋がっているかと。

20頭すべてが「連対時に上がり2番手以内」をクリア。19頭が「2回以上」で、残りは「3戦して2番手と3番手1回ずつ」。

(3着は10頭中5頭が該当。ただ、「最速」は10年間はいない。9頭に「連対時に上がり2番手以内2回以上)。残り1頭は「2戦して新馬1着とGⅢ3着で共に最速」。)



「鞍上」は10年で「横山典弘」騎手の3連対がトップ。

「福永祐一」騎手、「松岡正海」騎手、「田辺裕信」、「武豊」騎手(過去7勝)の2連対が続く。
(3着に複数回はいない。ただ、連にも名前のある「武豊」騎手、「横山典弘」騎手、「松岡正海」騎手が1回ずつ。)
皐月賞に向けて本番と同じ舞台で、日曜日の重賞は弥生賞だけなので、騎手の確保もしやすいのかと…。



10年で6頭は「勝ち馬が重賞勝ち」。

残りは「重賞出走無し」のマカヒキ、トゥザワールド、カミノタサハラと、出走メンバーがかなり微妙だった12年の「共同通信杯5着のみ」のコスモオオゾラ。

2着4頭、3着3頭が「重賞勝ち」なので、まずはコレをチェックしたい。



出走頭数は10年で10~16頭の「平均12.5頭」。

さらに開幕2週目という事もあり、馬番は「1~13番」で「12:8」。
「10番」の4連対、「3番」「11番」の3連対、「2番」「4番」「5番」の2連対が続く。

(3着は「1~5番」で「内10:外0」。「4番」が4頭、「2番」が3回、「3番」が2回。)



20頭中11頭は「9~12月以来」の出走。

有力馬が多いが、休み明けでも通用するので注意したい。
(3着も10頭中3頭は「12月出走」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2018-02-27 12:58 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の結果 2018
逃げが残りやすい阪急杯は…

7番人気ダイアナヘイローはいいスタート。すぐに先頭に立つも、鞍上が内をチラっとみて2頭行って3番手。1ハロン過ぎた辺りで一気に行って、先頭に立って残り1000m。1馬身半~1馬身くらいのリードで600mが34.2とスローに。少し仕掛けて4コーナーを回り、直線に入って追い出す。残り250m辺りで鞭を抜いて右ムチが入る。追ってムチを繰り返し、後ろのニシノラッシュには半馬身の差があり、ゴール直前で外から突っ込んできた2頭を鞍上が見ながらゴールし優勝。

1番人気モズアスコットのスタートはまずまず。ゆっくり下がって行く。残り1200mで12番手、1000mで11番手。4コーナーでは外を回って左の肩にムチが入る。直線で追い出すが、前のカラクレナイが邪魔で、その外に出して追い直す。残り200mの手前で鞭を回して、14番手で左ムチが入る。追って右ムチを連打して外を上がって、残り50mで一気に詰めてゴール2歩手前で2番手に上がるも2着。

2番人気レッドファルクスもまずまずのスタート。1ハロンで11番手だったが、次の1ハロンで一気に下がって15番手。残り600mで16番手。鞍上が仕掛けるが、反応が薄い。直線でも仕掛けつつ、モズアスコットの後ろで追い出して、カラクレナイの外に出したモズカスコットのさらに外へ移動。右ムチの連打が入って、残り200mで15番手。ムチの連打と追いで残り50m辺りから加速してゴール板手前で3番手に上がるも3着。

4着はニシノラッシュ。5着ペイシャフェリシタ。

3番人気カラクレナイは15着だった。「折り合いよく中団から運べました。それなのに直線は反応がありませんでした」 と池添謙一騎手。


予想は2着、3着、4着、17着。

敗因はダイアナヘイローの状態が分からず…。前走がもう少しやれる感じなら考えたんですが、休み明けの牝馬なのでもう少し走れたほうがいいのか?と思ったのがマズかったようで。


逃げ馬でニシノラッシュを選んだのに、まさか途中で先頭を譲るとは…。

ヒルノデイバローは「グッとくるような手応えがなかった。使って変わってくれるはず」は四位洋文騎手。


うーん、流れが読めても展開が違うとは…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-02-26 12:15 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中山記念の結果 2018
縦長で前が残った中山記念は…

2番人気ウインブライトは両サイドが出遅れるなかそこそこのスタート。5番手で1周目のゴール板を通過し、1コーナーへは4番手で。向う正面で逃げ馬とは10馬身差。残り1000mでは13馬身差。残り600m辺りから仕掛けて一気に前との差を縮め、400mの手前で3番手に上がる。直線に入って2番手に上がり、残り200m辺りでムチの連打。外を激しく追って、先頭に立つとムチの連打でゴールし優勝。

5番人気アエロリットはまずまずのスタートか。外を上がって2番手。向う正面で、前とは2馬身くらいで、後続は5馬身ほどと離れて。残り1000mの手前辺りで3馬身ほどに。前との差は詰まらず4コーナーへ。直線に入って鞭を抜くも、外から交わされ3番手に。追い出して、残り100m辺りでムチが入る。追いとムチで差を詰めてゴール板で交わして2着。

6番人気マルターズアポジーもまずまずのスタート。スッと上がって先頭に立つ。2馬身ほどリードして逃げる。残り1000mの手前辺りで3馬身ほどに。直線に入って追いだして、右ムチが入る。追いとムチで粘っていたが、残り100mを切った辺りで交わされ、ゴール板で並んでゴールしたが3着。

4着はサアクラアンプルール。5着は1番人気ペルシアンナイト。M.デムーロ騎手は「レースの隊列が良くなかった。スタートが悪くて、思ったより行けませんでした。前が残る中で伸びてはくれたんですが…。体は減っていましたが、コンディションは良かったと思います」 とコメント。

3番人気ヴィブロスは8着で、「今日はついて行けませんでした。早めに動こうと思っていましたが、久々の分なのか反応出来ませんでした。ただ、次につながる競馬はできました」と内田博幸騎手。


予想は2着、5着、8着、10着。

敗因は位置取りと展開の読み違い。

前とあそこまで離してしまうと後ろからはダメで、さらに前からと思った馬が後方から…。

昔と違って、前が有利でも、追っていかないというのを理解した方がいいようで。


マイネルハニーは「ゲートで脚を上げてしまい、出遅れました。結果的に流れは向いたと思いますが、最後の踏ん張りがありませんでした」と柴田大知騎手。


勝てそうな展開というのは難しいのかも…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-02-26 00:04 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の予想 2018
難しめの距離でフルゲートでメンバーもなかなかに…。

 阪急杯 予想 2018

清水S勝ちのニシノラッシュ。前走破ったエスティタートは次走が京都牝馬S3着。夏にはダイアナヘイローに同タイム2着がある。元々、京王杯2歳S3着や新潟2歳S3着のあった馬。レース間隔が開いていないならある程度やれてもいい。

スプリンターズS2勝のレッドファルクス。先が本番だとは思うが能力は高い。ただ、乗り替わりはマイナス。

昨年2着のヒルノデイバロー。昨年は京王杯スプリングS4着やスワンS2着と立ち回りもあったが、力は見せている。前走は馬場などもあったか。状態が良いなら上位が狙えていい。

が阪神C4着のモズアスコット。1600万勝ちにも余力はあったし、前走も上位は好メンバーとある手度やれる気配はあった。外枠は気になるが…。

前走以上でディバインコード。叩いた効果でダイアナヘイロー。フィリーズRくらい走れるならカラクレナイ。前走以上でモーニン。外からでも位置がとれるならアポロノシンザン。



[PR]
by a_doctrinaire | 2018-02-25 09:28 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中山記念の予想 2018
頭数が落ちついて、さらにメンバーもなかなか微妙なバランスで…。

 中山記念 予想 2018

応援馬ヴィブロス。昨年の中山記念はメンバーと位置取りを考えるとかなり良いレースが出来ていた。昨秋も仕掛け所などもあった。レース間隔をあけて、馬体重を増やしてくるなど状態が良いなら、乗り方ひとつであっさりがあってもいい。

マイルCS勝ちのペルシアンナイト。実力はあると思うが、仕上がりが良くても、コースがコースだけに位置取りがポイントか。

OP2連勝からのマイネルハニー。頭数が落ちついて楽なペースで行けるなら、粘れてもいい。前走破ったスズカデヴィアスは金鯱賞3着や福島記念2着。展開や出来次第ではウインブライトに先着してもおかしくない。

牡馬相手でもやれるならアエロリット。NHKマイルのメンバーが少し寂しかった事や秋華賞の負けが気になる。

GⅡでもやれるならウインブライト。復調でディサイファ。昨年くらいやれるならサクラアンプルール。展開でマルターズアポジー。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-02-25 02:35 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の予想候補 2018
阪急杯の過去10年の連対馬+3着馬をチェックした「阪急杯の傾向 2018」を元にして、予想候補を選んでみます。

実績「重賞連対、または1600万勝ち以上で重賞4着か1戦以下」
距離「1400m以上連対」
コース「阪神3着か2戦以下」
近走「2走以内に重賞掲示板か条件戦勝利、GⅠ含む場合は3戦前」

を条件にすると…

カレクレナイ
ダイアナヘイロー
ディバインコード
ニシノフラッシュ
ヒルノデイバロー
ミッキーラブソング
モズアスコット
レッドファルクス

がクリア。

GⅡ5着のある

アポロノシンザン

OP2着の

シュウジ

芝で前走阪神C6着からの

モーニン

は残せるか。



[PR]
by a_doctrinaire | 2018-02-24 09:35 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中山記念の予想候補 2018
過去10年の連対馬+3着馬をチェックした「中山記念の傾向 2018」を元に、予想候補を選んでみます。

実績「重賞連対、またはOP勝ちで重賞初出走、出走馬次第ではOP4着以内で可能性はあるが…」
距離「2000m以上連対」
コース「中山連対か2戦以下」
近走「2走以内にGⅡ以上掲示板かGⅢ連対、条件戦勝利、GⅠ含む場合は3戦」

を条件にすると…

ヴィブロス
ウインブライト
サクラアンプルール
ディサイファ
ペルシアンナイト
マイネルハニー
マルターズアポジー

がクリア。

2000mが1戦のみの

アエロリット

はセーフか。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-02-23 17:06 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の傾向 2018
阪神1400mで行われる古馬GⅢ「阪急杯」。

高松宮記念の前哨戦で1着には優先出走権が与えられる。2012年から導入された「1キロ減じます…」でGⅡ同様の措置が取られているはず。06年から1400mの別定戦になったが、以前は違う距離で、(96年から)1200mでハンデ戦など条件が違う時期も。

07年は1着同着だった。


 阪急杯の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2018


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

OP以上が…

「洛陽S4着のみ」のトーキングドラム
「OPは淀短距離S6着、重賞6戦してシルクロードS4着など」のヒルノデイバロー
「OPは3着2回など、重賞は京王杯SC3着、キーンランドC4着、スワンS3着、京都金杯12着」のオメガヴェンデッタ
「シルクロードS8着のみ」のマジンプロスパー
「OPは葵S5着、重賞5戦して阪神牝馬S3着、ヴィクトリアマイル6着など」のスプリングサンダー

残り15頭は「重賞連対」。
ただ、「重賞が札幌2歳S12着、キーンランドC2着、スプリンターズS3着、京阪杯6着」のビービーカルダン以外の14頭は「重賞2連対以上」。

2年延ばしても2頭ともが「重賞連対馬」では無かった12年と06年は「3番人気が重賞連対なし」で共通しており、出走メンバーのレベルもあった。メンバー次第では条件を下げるのがいいかと。

(3着も「1600万勝ち」。OP以上が「京成杯4着、アーリントンC5着、東京新聞杯11着」と「橘S6着のみ」。次点は「OP2着」で、「芝初出走」と「重賞初出走」。残り6頭は「重賞連対」。内、「重賞複数連対」は4頭。)



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上連対」+「1400m連対」。

1400mが2着までだったのは

「1400m2着(0.1秒差)、1600m2着」のロードカナロア
「1500m2着(0.3秒差)など」のビービーガルダン

残り18頭には「1400m以上勝利」があった。

※阪神1400m重賞は、暮れのGⅡ「阪神C」や3歳春のGⅡ「フィリーズR」で「1400に出走のない1200m連対馬」がいるので可能性は残るが、1400mになって10年間「1200mまで」の連対はない。

(3着も「1400m以上勝利」。ただ、1400m以下が「京王杯2歳S3着やスワンS5着、京阪杯7着など」のオリービンと「1400m以下初」のフラガラッハは1400m以下で連がなかった。)



<コース>
「阪神連対」16頭、「初出走」1頭。

残りは…

「アーリントンC8着、阪神C7着、チャレンジC5着、阪神C3着」のダイワマッジョーレ
「阪神C4着のみ」のガルボ
「1000万7着と13着」のビービーガルダン

2戦以上で連の無かった2頭が「関西馬」なので、輸送が短いなら気にする必要はないのかも…。

(3着は「阪神連対」6頭、「初出走(ダート除く)」3頭。残り1頭は「GⅠ4着2回、GⅢ5着」。)



<脚質>
「逃げ」4頭、「先行」9頭、「差し」7頭。

600mは45.5、45.2、47.0(重)、44.9、45.6、45.8、44.8、46.2、45.7、46.1、45.7で、開幕週を考えるとペースは遅い。
なので、実績馬なら粘れており、その影響もあってか「前の方が多い」。
(3着は「先行」4頭、「差し」6頭。)



<その他>
10年で「人気」は1番人気4連対、2番人気4連対、3番人気3連対。

4番人気5連対、7番人気2連対で、残りは5、8番人気。
1~4番手人気が同じような数で、人気割れもあるのか、大きく荒れる事は少ないかと。
崩れ方でも1番人気がもっとも大きく、2、3番人気の方が掲示板を確保しやすかったりする…。
17年は例年にない12頭とかなり少ない頭数になったが、上位人気がコケた。

3着は12、5、9、5、11、1、5、7、2、6番人気。


上位人気で4着以下だったのは競走中止もいるが、「GⅠ3着以内」「前年以前の連対馬」「1400m以下連対なし」「阪神連対なし」「後方からの競馬」などが多い。
4着や5着が多いので判断が難しくはなるが、上位人気というだけで狙うのは危いかと。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で11頭。

前が多い事と距離を考えてもあまり該当してない。
半分以上なので、ある程度の脚は使えた方がいいが、展開を早めに動く馬を1頭は入れておきたい。
(3着は10頭中5頭。)



「鞍上」は「岩田康誠」騎手と「浜中俊」騎手の3連対がトップ。

「武豊」騎手、「四位洋文」騎手、「吉田豊」騎手の2連対が続く。
ちなみ関東の吉田豊騎手はサンカルロの2回なので、乗り馬のための遠征。後はすべて関西所属の騎手。
(3着は「川田将雅」騎手の3回、「吉田豊」騎手の2回が複数。1回だが「四位洋文」騎手もいる。)



「年齢」は…

「5歳」9連対3着1回
「4歳」5連対3着7回
「6歳」4連対3着1回
「7歳」1連対
「8歳」1連対3着1回

スタートの重要性もあってか、年齢が高くてもやれている。
ちなみに18頭中「牝馬」は2頭。(3着の「牝馬」は10頭中3頭。)



開幕週という事もあってか10年で「内14:外6」(3着は「内8:外2」)で「内有利」。

「馬番」は1~15番で…
「2番」が5連対でトップで、「4番」が4連対、「13番」の3連対、「3番」「11番」が2連対
(3着は2~16番で「6番」の3回、「3番」の2回が複数。)

など内が多い。



前走は「年明け出走組」11頭と「年末以前組」9頭。

開催時期が変わる前と後の「阪神C」6頭、「京阪杯」からの11月末からが1頭、「香港スプリント」からの2頭を除く11頭が「年明け出走」。
上位人気で4着以下に敗れた馬に「10月や11月出走」が見られるので、状態には気を付けたい。

(3着は「年明け組」4頭、「年末以前組」6頭。)



ミッキーアイル、サンカルロ(3着も2回)、マジンプロスパー、ローレルゲレイロなど2回連対の「リピート率」は高め。

騎手も違う馬での複数上位も多いので、コース的にやりやすさが出やすいレースなのかも…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2018-02-21 15:49 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

中山記念の傾向 2018
中山1800で行われる古馬GⅡ「中山記念」。

ジャスタウェイ、ヴィクトワールピサ、09年のカンパニー、ドリームジャーニー、ダイワメジャーなど連対馬がその年にGⅠを勝っている。有力馬が出走してくるケースもあるので、注目しておきたい。

2017年から大阪杯がGⅠに昇格し前哨戦として、1着馬に優先出走権が与えられる。開幕週の日曜日。


 中山記念の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2018


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OP4戦3着など、重賞6戦して、福島記念3着や東スポ杯2歳S4着など」のトーセンクラウン
「OP4着1戦、重賞3戦して小倉記念16着、朝日CC4着、小倉大賞典7着」のテイエムアンコール

ただ、この2頭は共に2010年の連対馬で「出走馬の手薄感」や「不良馬場」もあった。

次点は「OP連対」。

「重賞初出走」のサクラアンプルール

次々点は「重賞1連対」。

「重賞6戦して札幌記念1着、マイルCS3着、小倉大賞典3着など」のネオリアリズム
「重賞5戦共同通信杯3着、毎日杯3着、ラジオNIKKEI賞1着、毎日王冠6着、天皇賞(秋)5着)」のアンビシャス
「重賞はきさらぎ賞9着、アーリントンC3着、朝日CC1着」のアルキメデス
「重賞1戦して中山金杯1着」のフェデラリスト

残り13頭には「GⅡ以上連対+重賞2連対以上」があり、まずはコレがメイン。
ちなみに「GⅠ連対」は7頭。

(3着は「OP勝ち以上」。OP勝ちまでは「重賞12戦してスプリングS4着など」。次点は「重賞1連対」。該当するのは「重賞4戦して皐月賞5着、毎日杯3着、セントライト記念4着、富士S1着」。次々点は「重賞勝ち+重賞連対」で、「重賞4戦2連対とGⅠ2戦」。残り7頭は「重賞勝ち+重賞2連対以上」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上勝利」。

1800mまでだったのは2000m以上が…

「1600万15着、オールカマー9着、天皇賞(秋)12着と16着」のシルポート

残り19頭は『2000m以上勝利』なので、まずはコチラが有力。
毎日王冠とは違って「1600mまで」はおらず、「1800m以上勝利」が全馬に該当。

(3着は「1800m以上連対」。ただ、「1800m1戦2着のみでそれ以上出走無し」。残り9頭は「1800m以上勝利」。「2000m以上連対」は5頭。)



<コース>
「中山連対」13頭、「初出走」5頭。

残りは…

「中山金杯3着のみ」のジャスタウェイ
「1600万7着とオールカマー9着」のシルポート

ちなみに中山に連対の無かった7頭は「阪神連対」があり、直線の急な坂はクリアしていた。
トリッキーで難しいコースと言われるので、多く出走して結果が出ていないのはマイナス。

(3着は「中山連対」8頭。残りは「皐月賞5着のみ」、「皐月賞13着、有馬記念13着」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」9頭、「差し」8頭、「追い込み」1頭。

1000mは61.4、59.4、61.9(稍重)、61.1(稍重)、58.6、58.7(重)、60.1、60.9(不良)、61.9(稍重)、59.7と速くなる事の方が少ない。

開幕週で直線が短いコースだが、差しも決まる。4コーナーまでにある程度の位置まで「マクる」ケースも多い。
(3着は「逃げ」2頭、「先行」2頭、「マクり差し、差し」6頭。)



<その他>
1番人気3連対、2番人気4連対、3番人気4連対。

4番人気4連対、7番人気2連対で、残りは8、12、13番人気。
上位人気があまり信頼できないのだが、二桁人気は不良馬場で出走メンバーに手薄感のあった10年の2頭のみで、「1~7番人気」が中心。

出走メンバー次第ではかなり怪しい1番人気もいるので、気を付けたい。

ちなみに3着は7、2、4、3、8、4、3、5、2、1、5、4番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で16頭。

開幕週、逃げや先行などは4番手以下が多いが、脚質は様々なので、展開を優先して考えたい。
ただ、かなりの実績馬は「先行しても良い脚で上がってくる」ので、侮れない。
(3着は10頭中6頭が該当。)



「鞍上」は「横山典弘」騎手の4連対(3勝)がトップ。

「M.デムーロ」騎手の3連対、「蛯名正義」騎手、「岩田康誠」騎手の2連対が続く。
同日の阪急杯などの影響もあるので、その辺りにも注意したい。
(3着は現役ではバラバラ。)



少し長くみるとカンパニー、バランスオブゲーム、ローエングリン、アメリカンボス、サクラチトセオー、フジヤマケンザンなど「リピート率」は高めだった。
(3着も含めるとロゴタイプ、エアシェイディ、ローゼンカバリーも。)

中山は特有の難しさがあり、実力だけで決まるという感じではない。さらに「朝日杯FS」「皐月賞」、「セントライト記念」「AJC杯」「オールカマー」などの連対馬が多く、中山重賞でやれているのはプラスかと。

コース適性などを重視して、『中山巧者』には注目したい。



平均頭数が12.8頭もあり、枠は10年で1~16番で「内13:外7」と『内』が多い。

「馬番」は「3番」「5番」「9番」の3連対がトップ。続いて「1番」「4番」「7番」「10番」が2連対。
外がダメなワケではないが、人気薄も絡んでおり、芝が綺麗な開幕週なので「内有利」。
(3着は「内6:外4」。)



「年齢」は…

「6歳」7連対3着1頭
「5歳」6連対3着1頭
「4歳」4連対3着4頭
「7歳」2連対3着7頭
「8歳」1連対3着1頭

高齢馬の連対が多く、出走自体の減少もあるが「4歳」が以前より少なくなっている。出走メンバー次第で一概には言えないのだが、5歳以上でも通用していた。
しかし、海外遠征組の出走や、2016年から大阪杯がGⅠに昇格して、前哨戦として出走する馬も増えるようなので、その辺りに変化も考えられる。



前哨戦は「有馬記念」3頭や「天皇賞(秋)」3頭、「マイルCS」など「GⅠからの出走」も多い。

実績馬の出走が多いという事もあるが、「休み明けでも連対」している。
ただ、9頭が「年明けに出走」。
今後はGⅠ昇格の大阪杯の影響もあるので、ドバイ組以外にも出走が増えそう…。
(3着はGⅠは2頭。残りは「GⅡ以下」。3頭が「3か月以上ぶり」で、「年明け出走」は4頭。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2018-02-20 12:50 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
函館2歳Sの予想 2018
at 2018-07-22 01:10
中京記念の予想候補 2018
at 2018-07-21 13:41
函館2歳Sの予想候補 2018
at 2018-07-20 21:04
プランドラーのデビュー!
at 2018-07-19 23:56
中京記念の傾向 2018
at 2018-07-18 12:08
函館2歳Sの傾向 2018
at 2018-07-17 10:27
函館記念の結果 2018
at 2018-07-16 00:01
函館記念の予想 2018
at 2018-07-15 02:26
函館記念の予想候補 2018
at 2018-07-14 01:36
函館記念の傾向 2018
at 2018-07-11 15:07
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク