<   2018年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

アイビスSDの結果 2018
コチラも乗り替わりのあったアイビスSDは…

1番人気ダイメイプリンセスはスタート直後に内にヨレるそぶりを見せて、戻っての追走。追いつつ、やや内側に進路を取ったか。8、9番手で残り600m。400mを切ってラブカンプーの外へ出して、レジーナフォルテを押しつつ間に捻じ込む。追ってムチが入ると先頭に立ち、セーフティリードでゴールし優勝。

「スタートして手応え良く、抜け出すタイミングだけ意識していました。進路が空いてからの反応が良く、とにかく直線1000mが合う馬です。コーナーのあるレースとは手応えが違います。これからはコーナーのある1200mのレースも克服していきたいと思います。森田厩舎のワンツーフィニッシュでしたが、自分の馬が勝って良かったです。いい馬に乗せてもらい、感謝しています。」と秋山真一郎騎手。


2番人気ラブカンプーはいいスタートだったようで。そのまま先行。1ハロンほどで先頭に立つ。そのまま頑張っていたが、残り200mを切って内から僚馬にあっさり交わされて2着。

「残念でした。惜しかったですが、勝った馬が強かったですね。一生懸命に走っていました。」とM.デムーロ騎手。


8番人気ナインテイルズもスタートはまずまずから前の方へ。3~5番手辺りで残り800m。残り400m辺りでは2番手にいて、ムチと追いで頑張るも内からあっさり行かれて、逃げ馬も交せず3着。

「スタートが速くて、いいスピードを持っていますね。追い出しをギリギリまで我慢したのですが、今日は勝った馬が強かったです。」と戸崎圭太騎手。


4着はレジーナフォルテ。5着はラインスピリット。

3番人気ペイシャフェリシタは11着。「今日に限ってゲートをポンと出てしまったことが、かえって良くなかったかもしれません。1000mの流れに対応してしまい、息が入りづらくなりました。最後はその分かと思います。」と三浦皇成騎手。


予想は1着、3着、5着、11着。

敗因はラブカンプーの人気を気にした事。思ったより人気になっていたのでペイシャフェリシタを選んだのが失策。

ミルコへの乗り替わりを忘れてました…。


ラインスピリットは「内枠であることに加えて、メンバー中、もっとも重い57キロという斤量でもよく走っています。レースを使ってきたことで目に見えない疲れがあったのかもしれませんが、よく頑張っています。」と森一馬騎手。


折角の8番人気ナインテイルズが無駄に。あと一歩…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-07-31 00:16 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

クイーンSの結果 2018
GⅠ馬2頭が出走したクイーンSは…

1番人気ディアドラのスタートはそれなり。後方へ下がって後ろから2番手の10番手。道中はその位置取り。残り600m辺りで仕掛けると、良い手応えで大外を回って直線へ。大きなアクションで追い出すと、200mを切って2番手に上がって、右ムチを抜いて入れると同時に先頭に立つ。追いとムチで差を広げてゴールし、優勝。

「ドバイでもすごくいい競馬をしていましたから、今日は自信がありました。1週前の調教に乗った時も問題ありませんでした。状態は100%ではなかったと思いますが、このメンバーでは一番強かったです。すぐに反応出来ましたし、切れました。去年、北海道で勝っていますし、彼女は北海道が好きなのだと思います。」とC.ルメール騎手。

「鞍上も落ち着いて乗っていましたし、馬のことをよく知ってくれています。今日の内容が良かったので、馬の状態を見て、札幌記念も視野に入れて次を決めたいと思います。」と橋田満調教師。


4番人気フロンテアクイーンもスタートはそこそこ。前目に向うもひかえて中団。8番手で向う正面へ。道中はその位置取りで600mを切って仕掛けて7番手。4コーナーで追い出す。外からあっさり行かれるが、残り100m辺りで右ムチを連打し、ゴール手前で2番手に上がって2着。

「具合が良さそうで、ある程度やれると思っていました。最後まで伸びていますし、よく頑張って走ってくれています。」と蛯名正義騎手。


2番人気ソウルスターリングもスタートはそれなりだったが、前の方へ行く。4番手で1コーナーへ。内を利して3番手に。逃げ馬とは4馬身以上、2番手とも2馬身半ほど後ろを追走。徐々に差を詰めて、残り600mでは1馬身半までに。4コーナーでは先頭に並びかけて、先頭に立って直線へ。追って追ってムチが入って残り200m。ムチと追いで粘っていたが、ゴール前で交わされ3着。

「パドックから先出しで、思ったより落ち着いていました。前2頭を行かせての3番手、自分のリズムで走っていました。早め先頭の形は踏ん張りづらかったですが、歯を食いしばって頑張ってくれました。」と北村宏司騎手。


4着は乗り替わりになったトーセンビクトリー。5着はアンドリエッテ。

3番人気リバティハイツは10着だった。「休み明けで、いつもより気が入っていました。レースは上手に走ってくれたんですけど、距離も含めてコーナー4つの競馬に、ちょっと戸惑いがあったと思います。」と北村友一騎手。


予想は1着、3着、4着、5着。

敗因はフロンテアクイーンの休み明けを気にした事。最後に迷って切ったのが失策。


岩田騎手が負傷で乗り替わりとなったトーセンビクトリーは「急きょの乗り替わりでしたけど、返し馬も状態が良さそうなフットワークだった。道中はロスなく、折り合いもついて、4コーナーの時に、『あるかな』と思ったけど、上位の馬との決め手の差が出た。でもよく頑張ってくれた。」 と池添謙一騎手。


アンドリエッテは「手応えが悪くなり、一か八か空いたところを狙おうとしましたが、結果的に、待ってディアドラの後ろから行った方が良かったかもしれません。」と国分恭介騎手。


最後に迷った1頭で外し、後一歩でした…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-07-30 00:11 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

クイーンSの予想 2018
頭数が少ないのがどう影響するか…

 クイーンS 予想 2018

マーメイドS勝ちのアンドリエッテ。前走はハンデもあったが、元々3歳時には牝馬3冠で6、5、4着。しかも脚質の部分も大きかったとみる。直線は短いが、頭数が少なめなので前走以上にやりやすいはず。

秋華賞馬ディアドラ。海外帰りの部分と脚質がどうでるかだが、能力は高いかと。札幌では先行して勝ったこともある。乗り方ひとつであっさり勝っていいが、レースが開いた分は気になる。

優駿牝馬勝ちのソウルスターリング。3歳の秋以降が良くないが、うまく走ればもう少しやれてもいい。

昨年2着のトーセンビクトリー。前走はトップハンデや距離もあったと考える。1800mの方が今はやれているのでいい方に出れば…。

休み明けが大丈夫ならフロンテアクイーン。ハンデ差を活かせばリバティハイツやツヅミモン。前走以上でエテルナミノル。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-07-29 02:45 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

アイビスSDの予想 2018
台風の影響があるのかないのか…。

 アイビスSD 予想 2018

北九州記念3着のラインスピリット。京王杯SC5着は先行勢では、かなり頑張った方かと。新潟1000mはOP勝ちもあり、枠は少し気になるが、うまく捌ければ…。

韋駄天S勝ちのダイメイプリンセス。前走は位置取りもあって度外視したい。2走前はハンデもあったが、0.3秒差をつけての勝利で、上のクラスでもやれそうな気配だった。

水無月S勝ちのナインテイルズ。前目の競馬が多いが、直線で前に馬がいないのはレースしやすいかと。1600万2着での出走だった駿風Sでダイメイプリンセスの3着があり、前走勝って、状態が良いなら同じくらいやれてもいい。

春雷S勝ちのペイシャフェリシタ。前走は外枠もあって脚を使ってポジションを取りに行ったのが影響したようで。OPでは連対しており、阪急杯で0.1秒差5着があり、ココでも通用していい。

叩いた上積みでアペルトゥーラ。古馬相手でもやれるならラブカンプー。前走以上に差を詰められればレッドラウダ。立ち回り一つでカラクレナイ。芝でやれるならベストマッチョ。昨年くらいやれるならレジーナフォルテ。馬場次第でクラウンルシフェル。韋駄天Sを再現すればノットフォーマル。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-07-29 00:03 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

アイビスSDの予想候補 2018
開催時期が2週4日から2日目に戻ったりしていますが…過去10年の連対馬+3着をチェックした「アイビスSDの傾向 2018」を元にして、予想候補を選んでみます。

実績「1600万3着以内で上のクラス4着以内か出走無し」」
距離「1000m以上勝利」
コース「新潟3着以内か1戦以下」
近走「2戦以内にOP以上5着か1600万3着以内」

を条件にすると…

カラクレナイ
クラウンルシフェル
ダイメイプリンセス
ナインテイルズ
ペイシャフェリシタ
ラインスピリット
ラブカンプー
レジーナフォルテ
レッドラウダ

がクリア。

前走OP6着の

アペルトゥーラ

初芝の

ベストマッチョ

3走前連対の

ノットフォーマル

はセーフか。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-07-28 19:07 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

クイーンSの予想候補 2018
札幌開催過去10年をチェックした「クイーンSの傾向 2018」を元にして、予想候補を選んでみます。

実績「重賞3着以内、または1600万3着以内でOP以上1戦以下」
距離「1800m以上連対、または1600m連対でGⅠ1戦以下の3歳馬」
コース「札幌連対か1戦以下」
近走「3戦以内にGⅢ4着以内、OP以下連対」

をラインにすると…

アンドリエッテ
エテルナミノル
ツヅミモン
ディアドラ
トーセンビクトリー
フロンテアクイーン
リバティハイツ

がクリア。

3戦中2戦がGⅠの

ソウルスターリング

はセーフか。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-07-27 12:42 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

シェーングランツのデビュー!
2018年7月29日(日)の札幌5Rに応援馬シェーングランツが出走します。

Schon Glanz … 美しき輝き(独)との事。母方の影響でドイツ語でしょうか。

ディープインパクト×スタセリタ(Monsun)の血統。母は仏オークス、ヴェルメイユ賞、サンタラリ賞、ビヴァリーディS、フラワーボールSなど。半姉に優駿牝馬や阪神JFのソウルスターリング。

POG書籍の立ち姿はそれぞれのパーツが好み。前も後ろも良い感じに出ており、少し胴の部分が気になりますが、そこが変わればかなりよく見えるかと。ただ、フランケルよりも知ってるディープ産駒ですが、スタセリタも知らないだけに。さらに、あまり好みでは無かった半姉に活躍されており、コレがいいのか悪いのか…。

今年の牝馬初登場だけに何とか頑張っていただきたい。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-07-26 19:55 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

クイーンSの傾向 2018
札幌1800mで行われる牝馬限定GⅢ「クイーンステークス」。

以前は旧・エリザベス女王杯や秋華賞のトライアルとして秋の中山開催だったが、2000年から札幌にも移って古馬も出走可能に。12年は開幕2週目で行われたが、それまではほとんどが開幕週で、今年も開幕二日目。

09年は函館改修の代替をやって引き続きの札幌開催だった。13年は札幌競馬場の改修工事のために函館で行われたので、除いて考えます。


 クイーンSの傾向 (札幌開催過去10回の連対馬+3着馬データから) 2018


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは…

「1600万は7戦して3着など、OPは不出走、重賞は阪神牝馬S15着のみ」のピエナビーナス

次点は「1600万2着」。

「1600万は2戦2着と8着、OP出走なし、重賞は福島牝馬S6着のみ」のラブフール

重賞1戦程度なら下のクラスからでも通用することも…。

次々点は「OP勝ち」。

「重賞10戦して秋華賞3着、エリザベス女王杯3着、マーメイドS3着など」のアロマティコ。

残り17頭には「重賞連対」があった。

(3着は「1000万勝ち」。「1600万は二桁2回、OPは紅梅S8着、重賞はFR10着と福島牝馬S14着」。次点は「1600万2着」で、「OP以上は重賞5戦してクイーンC3着やフェアリーS4着など」と「OP以上初」。次々点は「1600万勝ち」で「OP以上がチューリップ賞13着のみ」。その後は「OP勝ち」で、「重賞6戦してNHKマイルC7着や阪神牝馬S7着」。残り5頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1500m以上連対」。

1500mまでだったのは…

「1600mは3戦して新馬5着、1800mは3戦して1600万6着が最高」のピエナビーナス

09年は函館開催分を札幌で行って使い続けるために、芝の長さが違った可能性もあるが、他の年の3着で2頭いるだけに、平坦なコースという事もあって、このレベルで大丈夫だったりする。

次点は「1600m連対」で、1800m以上が…

「出走無し」のアエロリット
「優駿牝馬4着のみ」のアイムユアーズ
「優駿牝馬6着のみ」のアプリコットフィズ
「優駿牝馬3着のみ」のレジネッタ

「3歳、1600m連対、1800m以上が前走2400mGⅠのみ」だった。
(06年に4歳デアリングハートの「クイーンS4着、エプソムC4着、秋華賞12着」があるが。)

残り15頭は「1800m以上連対」。

(3着も「1500m以上連対」。1500mまでは「1600mが6戦NHKマイルC7着や阪神牝馬S7着など。1800mは3戦してチャレンジC9着が最高」と「1600m500万9着、1800mは福島牝馬S14着とパールS11着」。次点は「1600m勝ち」で、「1800m以上初」。残り7頭は「1800m以上連対」。)



<コース>
「札幌連対」6頭、「初出走(ダート除く)」12頭。

残りは…

「新馬3着のみ」のトーセンビクトリー
「クイーンC6着のみ」のマコトブリジャール

芝が洋芝という事もあり、札幌連対が無い13頭中4頭は「函館連対」。それ以外では「阪神」も連対が多いが、関東馬の場合は「桜花賞5着のみ」」、「桜花賞9着と中山牝馬S(阪神代替)3着」、「桜花賞5着のみ」、「阪神JF5着や桜花賞4着など」でセーフ。

(3着は「札幌連対」3頭、「初出走」4頭。残りは「1000万3着と4着」、「新馬5着と未勝利3着」、「4戦3着3回とクイーンS7着」。)



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」12頭、「差し」3頭、「追い込み」2頭。

1000mは58.3、61.5、59.9、57.8、60.2、58.4、60.6、60.1、60.9、60.2でペースはたまに速くなる。
開幕週でコースは前の方が有利だが、フルゲート14頭立てもあってか後方からも届いており、侮れない。

(3着は「先行」1頭、「差し」8頭、「追い込み」1頭。)



<その他> 
「人気」は1番人気6連対、2番人気5連対、3番人気1連対。

6番人気3連対、10番人気2連対で、残りは7、9、11番人気。
二桁人気が4頭おり、実績を考えても人気薄も可能性はある。

3着は8、11、4、1、3、4、3、6、6、12、5番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10頭。

前からの馬が多い事や直線の短さもあってか該当馬は少ない。
残り600mよりも、前に勝負所があると考える。

(3着は10頭中6頭が該当。)



「年齢」は…

「5歳」7頭、「3歳」6頭、「4歳」4頭、「6歳」3頭

ただ、勝ち馬では「6歳」3勝、「3歳」4勝、「4歳」1勝、「5歳」2勝となっており、3連単で買うなら少し考える必要がありそう。
(3着は「5歳」4頭、「4歳」3頭、「3歳」2頭、「6歳」1頭。)



「鞍上」は「横山典弘」騎手、「福永祐一」騎手、「池添謙一」騎手の2連対が複数。

他がバラバラだが、3着を入れると5回馬券に絡んでいる「横山典弘」騎手に注目。
(3着は「横山典弘」騎手の3回、「蛯名正義」騎手の2回が複数。)


「福島牝馬S組」や「中山牝馬S組」と相性がいいのかも…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2018-07-25 12:57 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

アイビスSDの傾向 2018
新潟の直線1000mで行われるGⅢ「アイビスサマーダッシュ」。

2005年以前は8月の後半(2週目)に行われていたが、06年からは7月の開幕週に移行。番組編成の都合もあってか13年から開催がさらに1週延びて7月末~8月頭に。12年は2週4日目開催だったが、また開幕週2日目に戻ってきている。

 アイビスSDの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2018


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

「1600万12着、11着、3着、3着、OP以上出走なし」のケイティラブ

次点は「1600万連対」。

「1600万2着、OPは5、4、4着。重賞はファルコンS11着のみ」のラインミーティア
「1600万2着、OP以上出走無し」のシンボリディスコ

次々点は「OP連対」。

「OP勝ち、重賞は京都牝馬S18着のみ」のフィドゥーシア
「OP勝ち、重賞は5戦してオーシャンS4着やシルクロードS9着など」のネロ
「OP勝ち、重賞はシルクロードS4着、オーシャンS4着、函館SS4着」のセイコーライコウ
「OP2着、重賞は8戦して函館SS3着、桜花賞5着、フィリーズR7着など」のフォーエバーマーク
「OP2着、重賞は前年のCBC賞18着のみ」のエーブダッチマン
「OP勝ち、重賞初出走」のエーシンヴァーゴウとジェイケイセラヴィ

残り10頭は「重賞連対」。
ただ、06年には「1000万1戦2着、1600万出走なし、OP以上はバーデンバーデンC4着のみ」の3歳マリンフェスタがいる。

(3着は「1000万勝ち」。3歳で「OPは6、3、6着、重賞はファルコンS11着のみ」。次点は「1600万連対」で「1600万2着でOP以上初」が1頭と「1600万勝ちでOP以上は阪神牝馬S10着のみ」1頭。次々点は「OP勝ち」で「重賞初出走」と「重賞12戦して函館SS3着など」。残り5頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1000m以上勝利」。

1000mまでしか連対が無かった馬ケイティラブ(芝1200mは3戦して3着1回)以外は「1200m以上勝利」。

逆に「1000mが初めて」は7頭、「出走して連が無かった」のは「アイビスSD4着のみ」と「アイビスSD3着のみ」の2頭。

(3着は10頭とも「1200m以上勝利」。「1000mが初めて」が2頭。出走があると「アイビスSD3着と韋駄天S3着2回」「韋駄天S3着のみ」、「アイビスSD14着のみ」。)



<コース>
「新潟連対」11頭、「初出走(ダート除く)」6頭。

残りは「アイビスSD4着のみ」、「1600万4着のみ」、「アイビスSD3着のみ」。

輸送や滞在も2度目なら…やれる?

(3着は「新潟連対」4頭、「初出走」2頭。残りは「4戦3着3回(GⅢとOP)」、「OP3着のみ」、「芝はアイビスSD14着のみ」、「アイビスSD9着と11着」。)


<距離+コース>
特殊な「直線1000m」という事で「新潟1000m」では…

「新潟1000m連対」9頭、「新潟1000m初」9頭。

残りは…

「アイビスSD4着のみ」「アイビスSD3着のみ」と1戦である程度走れていた。

(3着は「新潟1000m連対」4頭、「新潟1000m初」2頭。残りは「アイビスSD3着、韋駄天S3着2回」、「韋駄天S3着のみ」、「アイビスSD14着のみ」、「アイビスSD9着と11着」で、3着か2戦はセーフか。)



<脚質>
※直線だけという事もあり、前に馬がいない状態が長く続いたり、カメラワークの影響で番手が分からないのでパスします。

ちなみに600mの通過は…

32.2、32.8、32.5、32.2、32.9、32.1、32.3、31.8、33.1(重)、32.1。



<その他>
「人気」は1番人気6連対、2番人気2連対、3番人気3連対。

5番人気3連対、8番人気2連対、残りは6、7、9、10番人気。
上位人気が半分を占めている。

3着は4、3、4、3、6、4、11、16、2、6番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は12頭。

直線だけという事を考えると、残り600mを真っ直ぐいい脚を使える馬はいい。
ただ、あまり今まで上がりが速くなかった馬が、このコースに変わって最速を出す事もあるので、その辺りには注意しておきたい。

(3着は10頭中5頭。)



「直線のみ」というコースなので『外ラチを利用して真っ直ぐ走る』というのが多い。

枠は10年で平均16頭の「内7:外13」と「外が有利」。
ただ、スタートから内の馬でも外へ向かって走り出して確保したり、内を真っ直ぐ走る場合もあり、内が必ずしも厳しいというワケでもない。

「馬番」は「13番」が3連対、「4番」「9番」「12番」「17番」などが2連対。
(3着は「内4:外6」。「12番」「14番」が2頭ずつ。)



「鞍上」は10年で「西田雄一郎」騎手、「石橋脩」騎手、「M.デムーロ」騎手、「小牧太」騎手の2連対が複数。

後はバラバラで、3場開催の影響もあり、若手やマイナー騎手も絡む。
(3着は「柴田善臣」騎手の2回が複数。)



10年で「牡(せん)11:牝9」。

短い距離はあまり差はないし、夏の暑い時期だけに牡馬に影響は出やすいか…。
(3着は「牡5:牝5」。)



「年齢」は…

「5歳」9連対、「4歳」5連対、「6歳」3連対、「7歳」2連対、「3歳」1連対

少し延ばすと6歳が増えるし、14年に7歳が絡んでおり、どの年齢にもチャンスはありそう。
(3着は「5歳」4頭、「6歳」3頭、「3歳」2頭、「4歳」1頭。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2018-07-24 00:20 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

函館2歳Sの結果 2018
距離短縮があっさりあった函館2歳Sは…

2番人気アスターペガサスは少し立ちあがったスタート。急いで押すも後方から。後ろから2番手を追走。300mほどで1頭交わして14番手。さらに上がって残り600mでは10番手。4コーナーで追い出して、内から3~4頭目を周って、少し接触するも直線へ。追って右ムチの連打で残り200mで9番手。追いとムチでぐんぐん伸びて、残り100mで4番手に上がる。その後2頭を交わして、先頭を差しきったところがゴール板で際どくなりましたが、ハナ差の優勝。

「新馬戦を使って馬が良くなっていて、今日のレースが楽しみでした。ゲートが課題の馬ですが、道中はしっかり動いてくれました。最後の直線では届かないかと思い、必死で追いました。ゴールに入っても勝ったかどうか分からなかったので、検量室に戻って勝っていると言われてホッとしました。初めて重賞を勝ち、今までにないくらい嬉しいです。」と小崎綾也騎手。

中竹和也調教師は「スタートが課題です。ゲートが開くと中で一旦戻るようになってから出て行く癖があります。道中では間に合わないかと思いました。ウッドコースの調教で動くので、ダートでも走ると思いますが、芝路線を進みたいです。あと2ハロンはこなしてほしいです。」とコメント。


7番人気ラブミーファインはまずまずのスタート。仕掛けて1ハロンほどで抑えて3番手に。残り400mでは外から先頭に並びかけて、先頭に立って直線へ。左ムチが入って残り200m。右に鞭を持ち替えて、右ムチを入れて粘っていたが、最期に外から突っ込まれて2着。、

「あれで最後かわされるとは......。勝った馬が強いです。」と丸山元気騎手。


3番人気カルリーノもスタートはそれなりで、押していく。1ハロンを過ぎて8番手、2ハロン過ぎて6番手。残り400mの手前で2列目まで上がる。追って外に出して直線へ。左ムチと追いで2番手に上がるも残り50m辺りで交わされて3着。

「良い位置を取って、しっかりと走っていました。将来性があります。」と藤岡佑介騎手。


4着はエムティアン。5着はトーセンオパール。

1番人気はナンヨーイザヨイ。「中団くらいでと思っていたが、4コーナーで行く時に、前の馬がふくらんできて、そのぶん外を回る形になってしまった。」



予想は5着、9着、11着、14着。

敗因はアスターペガサスの前走1キロ減を気にした事。さらに1800mからの距離短縮を気にしてラブミーファインを予想候補にいれず。前走を信じ切れずに最後にカルリーノを切る…。

迷って切った2頭が1着、3着で、もう1頭は候補にも残さず…失策です。


トーセンオパールは「新馬戦の時より良くなっていたが、まだ力をつけきっていない感じ。そのなかでタフな馬場をこなして走ってくれた。楽しみな馬。」と勝浦正樹騎手。

ヒストリコは「3、4コーナーで置いていかれたが、しまいは盛り返してくれていた。現状ではダートの方がよさそうです。」と横山武史騎手。

ホールドユアハンドは「芝で経験がなく、(流れが)忙しかったですね。後ろからの競馬に戸惑っていた。フットワークが大きいけど、ダートの方がいいですね。」とC.ルメール騎手。


ダート勝ちを2頭入れたのはさすがにマズかった…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2018-07-23 12:20 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク