人気ブログランキング |


<   2019年 09月 ( 46 )   > この月の画像一覧

スプリンターズSの結果 2019
雨が降ると考えていたスプリンターズSは…

2番人気タワーオブロンドンのスタートはそこそこ。スッと中団につけて、逃げ馬を除いた横並びの先行勢から1ハロンして、少しずつ下がって行く。1000mを切って11番手。600mを切って鞍上の腕が動くと、外を上がって行く。4コーナーで外を回って直線へ。馬場の中程を追い出すとあっさり3番手に上がり、残り200m。右ムチが入って2番手に上がると連打でゴール前に交わして、優勝。

「直線はずっと伸びていて、ゴールまで頑張ってくれました。前走は強かったのですが、今日は中山で時計が速かったので、後ろのポジションでは心配でした。それでも能力で勝つことができました。ダノンスマッシュをマークして行きたかったのですが、内へ入っていきましたし、この馬にはそのポジションは合いませんから、大外へ行ってスムーズに走ることができました。最初から良い馬でしたし、スプリント路線で強くなってくれて、とても気持ちが良いです。またGIを勝てると思いますから、ぜひ応援してください。」とC.ルメール騎手。

「道中落ち着いて走ってくれて、4コーナーを回って手応えが良かったので勝てると思いました。ジョッキーからは早く短距離を使うよう言われていましたが、今後はマイルまで持たせるよう言っておきます(笑)。次走は未定です。」と藤沢和雄調教師。


3番人気モズスーパーフレアのスタートはまずまず。仕掛けてスッと抜け出すと、競りかけられもせずに逃げる。1馬身ほどの差をつける。1馬身半くらいで32.8で600mを切って4コーナーへ。仕掛けて直線へ向くと追い出す。右ムチが入って200mを切る。粘っていたが、ゴール前で外から交されて2着。

「前走より仕上がっていて、返し馬の雰囲気も良かったです。レースではスタートが決まり、自分の形に持ち込めて、最後も頑張ってくれましたが、勝ち馬の決め手が上でした。思い描いていたレースができて悔いはないです。」と松若風馬騎手。


1番人気ダノンスマッシュのもそこそこのスタートか。2歩目以降で取り返したか上がって行く。その後は外が横並びで下がって9番手。800mを切って仕掛けて内を上がって6、7番手。マルターズアポジーが下がってきて、それに伴いセイウンコウセイも動けず下がって外へ。4コーナーでは馬群の中で、直線に向いて追い出す。先に行ったタワーオブロンドンの外へ出して追い出し残り200mで5番手。100mを切って右ムチの連打で3番手に上がるも3着。

「馬の雰囲気は抜群でした。負けはしましたが、これを経験として、来年こそは勝てるように頑張ります。」と川田将雅騎手。


4着はミスターメロディ。5着はレッツゴードンキ。


予想は1着、3着、5着、6着。

敗因は天気予報で雨が降ると思った事。

さらに例年粘る逃げ馬だが、前に行きたい馬が激しく争うと考えたのが不味かった。

下がってきたマルターズアポジーの影響で上がった分、しっかり下がる事になった川田騎手ですが、彼にはよくある事なので、評価を下げる必要もあったかも。

固めの決着はさすがに無いかな?と欲を出したのも良くなかったか…。


レッツゴードンキは「気持ちが入っていないような感じだったが、ゲートに入ってから気が入ってくれた。テンに行けず、しまい勝負に切り替えたが、よく伸びてくれた。」と岩田康誠騎手。

ダイメイプリンセスは「いい感じで走れていた。年齢的な衰えもなく、まだまだ活躍できそう。去年(4着)より内容は良かった。」と秋山真一郎騎手。


人気サイドを切りがちなのは、弱点かもしれません…。


by a_doctrinaire | 2019-09-30 00:48 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

スプリンターズSの予想 2019
時計が出る馬場ですが、天候が怪しいのでその辺りも難しい。

 スプリンターズS 予想 2019

北九州記念勝ちのダイメイプリンセス。鞍上が戻る方が成績がいいので、乗り難しさもあるのかと。昨年4着を考えるとある程度やれてもいい。少しくらい馬場が渋ってもやれると考えて。

セントウルS勝ちのタワーオブロンドン。中山は初めてだが、関東馬で阪神の坂もクリア済み。レース間隔が詰まっているのと前走のレコードでの疲れは気になるが、1200mへは対応出来てきている。後は馬場と展開か。

キーンランドC勝ちのダノンスマッシュ。函館スプリントSの除外は痛かったが、それ以降は順調。中山が初めてなのと、高松宮記念のような事がないとも言えないが、安定して力を出せば…。

一昨年2着のレッツゴードンキ。脚質もあって難しい部分もあるが、まだ上がりはいい脚を使えている。阪急杯のように前につけることが出来たりと、まだメンタルで成長が見られる可能性も。

馬場が悪くなるような展開で行けるならセイウンコウセイ。展開でモズスーパーフレア。2走前ほど走ればアレスバローズ。成長でディアンドル。右回りが大丈夫ならミスターメロディ。手が合えばリナーテ。叩いた効果でイベリス。前走以上でファンタジスト。


by a_doctrinaire | 2019-09-29 07:09 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

シリウスSの結果 2019
レース前から前が残る馬場という話もあったシリウスSは…

6番人気ロードゴラッソは良いスタートから前の方へ。5番手につけるも前4頭とは離れた位置取り。残り1200mでは先頭とは13馬身くらいの差。残り800mを切って前との差が縮まると、一気に前に並びかけて先頭に立つ。直線に入って、追い出して縦に右ムチが入る。200mを切って追いに応えて、リードを広げると後ろから猛追してきたアングライフェンを、クビ差凌いで優勝。

「前から離れた位置でリラックスできましたし、自分のペースをキープできました。3コーナーでも手応え十分でした。後ろから交わされていい馬ではないので、強気に攻めましたが、よくしのいでくれました。まだまだ上を目指せる馬です。」と藤岡佑介騎手。


7番人気アングライフェンは少しスタートで外へヨレたか後から。仕掛けて巻き返し、中団くらいでダートコースへ。8番手で1コーナーへ。残り1200mを切って1頭交わして7番手。1000mを切って6番手に上がるも外から上がって行って8番手に。4コーナーで仕掛けるが、前に馬がいて直線に入ってもジョーダンキングが外にいて、出せない。追い出してロードゴラッソの内へ行こうとするも進路がなく、クビを横に向けて避ける。進路が出来て追い出して右ムチが入ると、3番手にから2番手に上がり、前との差を詰めるもクビ差2着。

「ハンデには恵まれませんでしたが、しっかりと走っています。特に馬の具合も良かったのだと思います。」
と川田将雅騎手。


5番人気メイショウワザシは好スタートから仕掛けて外を勢い良好上がって先頭に。しかし、外からヤマカツライデンが来る。先頭を譲らずに1馬身ほどのリードで2コーナーを回って逃げる。1000mの通過は60.3。持ったままで600mを切るも外から一気に来られる。4コーナーで内を利して、盛り返そうとするが、直線で外から行かれる。200mを切って、内からもうひと伸びするもじりじりと下がり始め、差し馬に交わされ3着。

「スタートは速かったのですが、同型馬がいて苦しい競馬になりました。それでも3着に粘るのですから、力を見せてくれました。もう少しでしたね。」と松山弘平騎手。


4着は3番人気ジョーダンキング。「展開ははまりましたが、直線に向いてから反応が鈍かったです。」と岩田康誠騎手。


5着はキングズガード。

1番人気タイムフライヤーは6着。「距離が長すぎます。ラスト200mくらいまでは伸びていましたから、1800mまでだと思います。」とC.ルメール騎手。

2番人気マッスルビーチは9着。「4コーナーでいいところにいたのですが、距離が長いと思います。」と松岡正海騎手。


予想は1着、2着、6着、13着。

馬連5540円的中。

ただ、逃げ馬メイショウワザシを予想に入れず。人気もあってダートで結果の出てなかったタイムフライヤーを入れたのはさすがに無理があったか…。


ロードアルペジオは「休み明けで、まだ息ができていませんでした。」と福永祐一騎手。


展開で入れた方が良かっただけに…。


by a_doctrinaire | 2019-09-29 01:02 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

シリウスSの予想 2019
ハンデもあって別のレースを選んだ馬もいて、その辺りがどう影響するか…。

 シリウスS 予想 2019

ブリリアントS勝ちのアングライフェン。OP2勝でダート重賞に再挑戦。位置取りもあって届かなかったので、その辺りがポイントにはなるかと。

ベテルギウスS勝ちのロードアルペジオ。前走はペースが遅かったが、しっかり差しきったのはお見事。1600万で0.2秒差だったアイアンテーラーは交流重賞勝ち。ココでやれてもいい。

大沼S2着のロードゴラッソ。逃げ馬には離されたが、モズアトラクションやハイランドピークら重賞連対馬に先着。マーチS6着もあり、流れひとつでチャンスはありそう。

エルムS6着からのタイムフライヤー。芝でもやれそうな気配もあったが、ダートへ転向。鞍上が戻るので、その辺りに期待したい。

平安S以上でジョーダンキング。ペースでメイショウワザシ。トップハンデが大丈夫ならモズアトラクション。久々の距離でやれるならキングズガード。叩いた効果でピオネロ。仕掛けるタイミングでメイプルブラザー。前走の着差が本物ならマッスルビーチ。


by a_doctrinaire | 2019-09-28 01:16 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

ポタジェのデビュー!
2019年9月29日(日)の中山1800m新馬にポタジェが出走します。

Potager … 家庭菜園(仏)との事。

果樹、野菜、ハーブ、草花などを混植した「実用と観賞」の両目的を兼ね備えた庭らしい…。見た目だけでなく、実力もともなっているという事かと。

ディープインパクト×ジンジャーパンチ(Awesome Again)の血統。母はBCディスタフ、ラフィアンH、パーソナルエンサインS、オグデフィップスH、ゴーフォーワンドH2回などGⅠ6勝。半姉にGⅡ2勝や優駿牝馬2着などのルージュバックがいる。

POG書籍ではバランスがよく、ギュっとまとまった印象。パーツパーツが詰まっているイメージ。距離が延びるのはどうか分からない。長い距離もやれそうだったルージュバックの2歳時とは違う印象だが、父も違うので。

まずはどんなレースをするのか要チェック!

追記…1着。「普段から大人しくて、中山へ輸送しても落ち着いていましたが、まだ競馬を分かっていない感じでした。追い出してから時間がかかるのは調教通りでした。ゲートは練習では普通に出ていましたが、まだトモが緩いぶんもあったのでしょう。次にどこを使うかは未定ですが、これ以上距離は短くせずに、1800m・2000m以上のところになると思います。」と川田将雅騎手。


by a_doctrinaire | 2019-09-27 21:04 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

スプリンターズSの枠順決定! 2019
2019年9月29日(日)に行われるGⅠスプリンターズSの枠順が発表されました。

 第53回 スプリンターズS(GⅠ) 中山 芝1200m

1枠 1番 アレスバローズ 牡7 57 菱田裕二 角田晃一
1枠 2番 ダノンスマッシュ 牡4 57 川田将雅 安田隆行
2枠 3番 セイウンコウセイ 牡6 57 幸英明 上原博之
2枠 4番 リナーテ 牝5 55 三浦皇成 須貝尚介
3枠 5番 レッツゴードンキ 牝7 55 岩田康誠 梅田智之
3枠 6番 ノーワン 牝3 53 内田博幸 笹田和秀
4枠 7番 モズスーパーフレア 牝4 55 松若風馬 音無秀孝
4枠 8番 タワーオブロンドン 牡4 57 C.ルメール 藤沢和雄
5枠 9番 ディアンドル 牝3 53 藤岡佑介 奥村豊
5枠 10番 ラブカンプー 牝4 53 酒井学 森田直行
6枠 11番 マルターズアポジー 牡7 57 丸山元気 堀井雅広
6枠 12番 ダイメイプリンセス 牝6 55 秋山真一郎 森田直行
7枠 13番 ミスターメロディ 牡4 57 福永祐一 藤原英昭
7枠 14番 ハッピーアワー 牡3 55 横山典弘 武幸四郎
8枠 15番 イベリス 牝3 53 浜中俊 角田晃一
8枠 16番 ファンタジスト 牡3 55 武豊 梅田智之

中山開催過去10回では平均頭数15.8頭の2~16番で「内8:外12」。
(3着は1~14番で「内7:外3」。)

馬番は「14番」の3連対、「2番」「7番」「8番」「9番」「10番」「13番」「15番」と平均的な散らばり。
(3着は「3番」「6番」が2回ずつで複数。)

キーンランドC勝ちのダノンスマッシュは2番、セントウルS勝ちのタワーオブロンドンは8番、高松宮記念勝ちのミスターメロディは13番、昨年4着のダイメイプリンセスは12番、北九州記念2着のディアンドルは9番、京王杯SC2着のリナーテは4番、今年の高松宮記念2着のセイウンコウセイは3番、オーシャンS勝ちのモズスーパーフレアは7番、桜花賞馬レッツゴードンキは5番、CBC賞2着のアレスバローズは1番、セントウルS2着からのファンタジストは16番、セントウルS3着からのイベリスは15番に入った。

今年は「3歳」と「牝馬」の出走が多いのをどう判断するか…がポイントか?

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください



by a_doctrinaire | 2019-09-27 10:24 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

スプリンターズSの予想候補 2019
中山開催過去10回をチェックした「スプリンターズSの傾向 2019」を元に、予想候補を選んでみます。

実績「重賞複数連対、或いは1600万勝ち以上で重賞3着」
距離「1400m以上連対+1200m連対」
コース「中山連対か1戦以下」
近走「2戦以内に重賞連対、またはGⅠ連対馬の休み明け」

を条件にすると…

アレスバローズ
セイウンコウセイ
ダイメイプリンセス
ダノンスマッシュ
タワーオブロンドン
ファンタジスト
ミスターメロディ
リナーテ
レッツゴードンキ

がクリア。

3歳でGⅢ勝ちやGⅡ3着や4着の

イベリス

1400m以上初の

ディアンドル

はセーフか。

重賞勝ちの他はGⅢ4着、5着、5着などで連対が1200mまでのモズスーパーフレアは3着なら。



by a_doctrinaire | 2019-09-27 02:02 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

シリウスSの予想候補 2019
過去10年をチェックした「シリウスSの傾向 2019」を元に、予想候補を選んでみます。

実績「重賞連対、または1600万勝ち以上で重賞1戦か中央ダート重賞掲示板」
距離「2000m以上連対、1800m勝ちでそれ以上3着か2戦以下」
コース「阪神連対か初出走」
近走「2戦以内にOP以上5着以内か条件戦勝利」

をラインにすると…

アングライフェン
キングズガード
メイショウワザシ
メイプルブラザー
モズアトラクション
ロードアルペジオ

がクリア。

前走初ダートでGⅢ6着の

タイムフライヤー

重賞2戦の

ジョーダンキング
ロードゴラッソ

一叩きした

ピオネロ

は残せるか。前走着差のあったマッスルビーチをどう判断するか…。


by a_doctrinaire | 2019-09-27 01:10 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

シリウスSの傾向 2019
阪神ダート2000mで行われるハンデGⅢ「シリウスステークス」。

05年までは1400mだったが、阪神改修後に2000mになって今年で13回目。改修時は中京で1700mだった。


 シリウスSの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2019


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのはOP以上が…

「青葉賞8着のみ」のウェスタールンド
「OP以上初」のドラゴンバローズ
「青葉賞5着と目黒記念4着」のアウォーディー
「ラジオNIKKEI賞4着とセントライト記念8着」の12年時のナイスミーチュー
「青葉賞10着とJDD5着とレパードS5着」のワンダーアキュート

次点は「OP連対」。

「OP2勝、重賞7戦してアンタレスS6着など」のメイショウスミトモ
「ジュライS勝ち、重賞はアンタレスS9着のみ」のマスクゾロ
「BSN賞勝ち、ダート重賞初」のピオネロ
「すみれS勝ち、重賞はセントライト記念7着のみ」のキングスエンブレム

残り11頭は「重賞連対(芝含む)」。
ちなみに11年時のヤマニンキングリーは「ダート初出走」。ダークメッセージは「ダートはOP勝ち、シリウスS3着と平安S7着」。

重賞7戦で6着のメイショウスミトモと「ダート重賞初出走」の5頭を除く馬に『中央ダート重賞5着以内』があった。
さらに「中央ダート重賞3~5着」は、いずれも「中央ダート3戦以下(GⅠ除くと2戦)」と出走が少ない。

(3着は「1000万勝ち」。「1600万以上初」のチョイワルグランパがいる。次点は「1600万勝ち」で、「OPが芙蓉S6着、いちょうS4着、阿蘇S9着、重賞はセントライト記念5着」のトーシンイーグル。次々点は「OP勝ち」で、「重賞初出走」。残りは「重賞連対」7頭。「ダート2戦1勝など」もいる。)



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上連対」。

ただ、1400mまでだったのは1600m以上が…

「ヒヤシンスS9着、UAEダービー10着、ユニコーンS3着、JDD3着、レパードS3着」の3歳馬ケイアイレオーネ

高いレベルの「1800mGⅢ3着と2000mGⅠ3着」があった。

次点は「1800m勝ち」。

1900m以上が…

「菊花賞14着のみ」のメイショウスミトモ
「京都新聞杯5着のみ」のダノンリバティ
「JDD5着と青葉賞10着」のワンダーアキュート

次々点は「1900m勝ち」。

2000m以上が…

「芝2000m新馬10着とダート2000m500万3着」のドラゴンバローズ
「出走無し」のマスクゾロとクリノスターオー

残りは13頭は「2000m以上連対」。

(3着は「1800m以上連対」。1800mまでは「皐月賞11着、東京優駿7着、JDD3着、セントライト記念11着」のゴールデンチケットがいる。残り9頭は「2100m以上連対」。)



<コース>
「阪神連対」15頭、「初出走(芝除く)」5頭。

初出走は「芝の阪神連対」や坂のある「中山連対」のケースが多い。

08年に「1600万9着のみ」のマイネルアワグラスがいる。

(3着は「阪神連対」6頭、「初出走(芝除く)」3頭。残り1頭は「1000万3着、中止、6着、OP3着と5着」。)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」10頭、「差し」6頭、「追い込み」3頭。

1000mは60.4(不良)、61.6、60.5(稍重)、62.3(稍重)、63.2、61.2、61.8、61.8、62.0、62.6(稍重)で、ダートの割に後ろからも通用している。

(3着は「先行」5頭、「差し」4頭、「追い込み」1頭。)



<その他>
10年の「人気」は…

1番人気4連対、2番人気3連対、3番人気5連対。

4番人気2連対、5番人気3連対、残りは7、8、11番人気。
上位人気が半分以上で「5番人気まで」が多く、馬連で大きな荒れは17年のみ。

3着は3、3、4、2、7、6、1、2、9、4番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で20頭中15頭と多い。

後方からは多いが、先行でも該当している馬もおり、残り600mで良い脚を使えそうなタイプがいい。

(3着は5頭。)



鞍上では「和田竜二」騎手の4連対がトップ。

「小牧太」騎手の3連対、「幸英明」騎手、「福永祐一」騎手、「武豊」騎手の2連対が続く。
2年連続などもあるが、馬が違うケースも多いので注目したい。

(3着は「和田竜二」騎手と「浜中俊」騎手が2回。「福永祐一」騎手、「武豊」騎手らも3着1回。)



ハンデは53~58キロで平均55.58キロ。中央値は56キロ。

トップハンデは57~59キロで、15頭中2着1頭(58キロ)と3着4頭(57.5、58.5、58、57.5キロ)。
17年に人気所が苦戦して少し判断が難しく…。

(3着は52~58.5キロで平均56.5。中央値は57.5キロ。)



「年齢」は「5歳」7連対がトップ。

「6歳」6連対、「3歳」3連対、「4歳」3連対。
ちなみに「性別」は「牡(+せん)19:牝1」。

(3着は「6歳」4頭、「4歳」4頭、「5歳」1頭、「3歳」1頭。「性別」は「牡馬のみ」。)



10年で「キングスエンブレム」「ヤマニンキングリー」「ナイスミーチュー」など前年の勝ち馬が翌年の2着に来ている。
ハンデは重くなっているが、成長などもあってか連対。17年は来なかったが…。



20頭中5頭が「3か月以上の休み明け」。

秋初戦のダートの中距離重賞という事もあり、ココから始動というケースもある。
「使われてきた馬」の方が多いが、「休み明け」がダメなワケではない。

使われてきた馬は2戦以内に「条件戦勝利」や「ダートはOP以上3着以内」が多い。
近走は「2戦以内に5着」がひとつの目安だが…。

(3着は「3か月以上」は10頭中3頭。コチラも「2戦以内に条件戦勝利やダートOP以上3着以内」が多い。)


by a_doctrinaire | 2019-09-26 00:18 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

スプリンターズS3着の傾向 2019
GⅠという事で「スプリンターズSの傾向 2019」に続いて、スプリンターズS3着もチェックします。14年は新潟開催だったので、中山10回分を。


 スプリンターズS3着の傾向 (中山過去10回の日本調教3着馬データから) 2019


【実績】
最低ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは「OP4着、セントウルS7着」のマヤノリュウジン

次点は「OP勝ち」。

「重賞17戦して北九州記念3着、オーシャンS4着、セントウルS5着、京王杯SC5着など」のラインスピリット

残り8頭は「重賞連対」。
内5頭が「重賞複数連対」で残りは…

「重賞2戦して京都牝馬S2着と高松宮記念16着」のワンスインナムーン
「重賞3戦して京王杯SC7着、函館SS1着、キーンランドC7着」のドリームバレンチノ
「重賞が札幌2歳S12着とキーンランドC2着」のビービーガルダン

「GⅠ」は「GⅠ初出走」5頭。「高松宮記念13着とスプリンターズS15着」のラインスピリット、「高松宮記念16着のみ」のワンスインナムーン、「桜花賞17着のみ」のソルヴェイグ、「GⅠ4戦して高松宮記念4着など」のサンカルロ、「桜花賞9着とスプリンターズS7着」のカノヤザクラ。

(ちなみに14年は「桜花賞2着とキーンランドC2着」のレッドオーヴァル。)



【距離】
全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

連対馬と違って「1400m勝ち、1200mが高松宮記念4着のみ」のサンカルロがいて、「1200m連対の必要はない?」。

さらに「1400m以上連対」は9頭で、残りが1400m以上が「ダート1400m新馬7着のみ」のエーシンヴァーゴウと、距離の短長でそれぞれ余地が残る。



【コース】
「中山連対」4頭、「初出走」2頭。

残りは…

「GⅢ4着、16着、8着」のラインスピリット
「OP4着のみ」のドリームバレンチノ
「1600万11着のみ」のエーシンヴァーゴウ
「フェアリーS5着とスプリンターズS7着」のカノヤザクラ

中山に連対が無い馬で「阪神連対や福島連対」があったのは4頭で、2頭は「阪神がOP7着のみ」や「阪神重賞3着や4着など」で、連対馬と比べると余地がみてとれる。



【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」5頭、「差し」4頭。

連対馬と比べると後ろからの印象が強いが、それ故に3着とも考えられる。

(ちなみに新潟開催の14年は「先行」。)



【前哨戦】
「セントウルS(5、7、1、4着)」4頭、「キーンランドC(4、1、7、2着)」4頭、「京成杯AH5着」1頭、「朱鷺S1着」1頭。

連対馬と比べると崩れている馬が多い。



【その他】
「人気」は13、7、9、9、15、9、7、7、8、6番人気。

連対馬に上位人気が多い事もあるが、3着に人気馬が少ない。
実績も低くても可能性はあるので、「人気薄を狙うのはココ」か。



「上がり3ハロン3番手以内」は4頭。

連対馬も少ないが「最速」もいる。
ただ、それで3着なので、いい脚を出すよりも仕掛けるタイミングが優先されそう。



「鞍上」は複数回はない(新潟開催を入れると「田辺裕信」騎手の2回)。

連対にも名前があるのは現役では「池添謙一」騎手、「四位洋文」騎手など。
ある程度「馬の力」が占める割合が高いのかも…。



「年齢」は10回で…

「4歳」4頭、「5歳」3頭、「3歳」1頭、「6歳」1頭、「7歳」1頭。

5歳が抜けている連対馬と少し違う。
ちなみに「牡(せん):牝」は「5:5」。




「1400m以下阪神重賞3着以内」は4頭。

残りは「1400m以下阪神重賞」は「5着のみ」1頭と「5着と7着」1頭と「出走無し」4頭。
連対馬と比べるとココも少し劣っており、条件が低めでも可能性はある。



「GⅠ出走なしかGⅠ3着以内なし」の「前哨戦勝利」は3頭。

連対馬と比べると「前哨戦の連対」が少なめ。
前走で4~9着でも3着なら十分に考えられる。



「8月以降に出走」が10頭。

連対馬に6頭いた「休み明け」だが、ココではいない。
ただ、05年にアドマイヤマックスがいるので、可能性が無いワケではないが…。


by a_doctrinaire | 2019-09-25 00:56 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
府中牝馬Sの結果 2019
at 2019-10-15 01:06
府中牝馬Sの予想 2019
at 2019-10-14 01:24
秋華賞の結果 2019
at 2019-10-14 00:43
秋華賞の予想 2019
at 2019-10-13 01:13
府中牝馬Sの予想候補 2019
at 2019-10-12 17:30
秋華賞の予想候補 2019
at 2019-10-12 00:01
秋華賞の枠順決定! 2019
at 2019-10-11 21:58
台風の影響で東京開催2日とも..
at 2019-10-11 17:45
府中牝馬Sの傾向 2019
at 2019-10-10 00:59
秋華賞3着の傾向 2019
at 2019-10-09 00:27
秋華賞の傾向 2019
at 2019-10-08 20:51
京都大賞典の結果 2019
at 2019-10-07 21:26
毎日王冠の結果 2019
at 2019-10-07 00:17
京都大賞典の予想 2019
at 2019-10-06 01:51
毎日王冠の予想 2019
at 2019-10-06 01:16
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク