人気ブログランキング |


<   2019年 10月 ( 53 )   > この月の画像一覧

府中牝馬Sの結果 2019
台風の影響で土日が中止(代替)で稍重開催だった府中牝馬Sは…

4番人気スカーレットカラーのスタートはそれなり。軽く仕掛けるも下がって14番手を追走。道中はその位置取り。4コーナーでは内目から外へ出す。馬なりで追走しつつ外へ進路を取る。追い出して、400mを切って肩ムチが入る。13番手辺りだったが、縦ムチを入れて追って加速。残り200mを切ってムチの連打と追いでグンと伸びて内をまとめて交わして、抜け出すとゴールし優勝。

「じっくり構えて直線勝負と考えていました。ペースが速かったですし、この馬のリズムを崩さないようにしたら後方2番手からになりました。直線は本当にいい脚を使ってくれましたね。今年に入って馬の中身がつまって良くなってきてますし、力をつけています。GIでもいいパフォーマンスを見せてくれると思います。距離は全然大丈夫です。」と岩田康誠騎手。

「良い末脚でした。数字的に少し余裕もありましたし、馬に幅が出てきて成長を感じます。レースの消耗が大きい馬ですが、体質的にも強くなってきました。次走については在厩で様子を見てから決めようと思っていますが、天皇賞というのもプランの1つです。また2200mという距離も大丈夫そうですので、エリザベス女王杯というのも選択肢のひとつです。今日のメンバーでこれだけやれましたので、GIでも楽しみです。オーナーと相談して最終的に決めます。」と高橋亮調教師。


9番人気フロンテアクイーンのスタートはそこそこ。6番手から下がって8番手。道中はその位置取り。800mを切って7番手。4コーナーでは内から5頭目ほどを回って直線へ。すぐに追わずに400mを切って追い出して4番手。激しく追って200mを辺りでムチが入る。先頭を交わそうとするも、外からあっさり交わされ2着。

「悔しいですね。ラッキーライラックをみる位置をとれてレースぶりは上手くいって、直線も上手く開きましたが勝ち馬はすごい切れ味でした。よく頑張ってくれました。競馬が上手で素直な馬ですね。」と津村明秀騎手。


2番人気ラッキーライラックはそこそこのスタート。仕掛けて外をゆっくり上がる。7番手。1400mを切って5番手から4番手に。道中はその位置取り。4コーナーで内から4頭目ほどを回って直線へ。持ったままで先頭に並びかけて先頭に立つ。400mを切って追い出して右ムチが入って追っていたが、外から2頭に交され3着。

「良いところで競馬ができましたし、競馬自体は良かったと思います。馬体増は成長分ですし、今日は1.2着馬が強かったですが、本番では巻き返したいですね。」と松永幹夫調教師。


4着はオールフォーラヴ。

5着は3番人気クロコスミア。「前回よりも調子が上がっていて、具合も良さそうでした。良いレースができましたが、もうワンランク上がって欲しいですね。」と戸崎圭太騎手。

1番人気プリモシーンは最下位の15着。「脚を使えるいつものこの馬からすると不可解です。最後は全く反応できず、なんとも言えません。」と福永祐一騎手。

※ソウルスターリングは取消。


予想は2着、3着、6着、13着。

敗因はペースが早くならないと考えた事と馬場。先行勢を多く入れてスカーレットカラーをギリギリ最後に切ってしまう。稍重でで58.3で行くと早すぎるかと…。


ディメンシオンは「いいポジションで運べましたが、流れの中でスペースが狭かった分、スタミナを使っての追走になってしまった。」と北村宏司騎手。

エイシンティンクルは「ゲートを出て考えていた競馬はすることができました。ポジションを取りに行くときに脚を使ったにせよ、ちょっと負けすぎですね。」と勝浦正樹騎手。


ギリギリであと一歩が惜しい。


by a_doctrinaire | 2019-10-15 01:06 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

府中牝馬Sの予想 2019
台風の影響で2日開催が中止→代替となっているのがポイントか。

 府中牝馬S 予想 2019

ヴィクトリアマイル4着からのラッキーライラック。遅い仕掛けで阪神牝馬S、早い仕掛けでヴィクトリアマイルで人気を裏切った。休み明けは良くないが、能力は高いはず。鞍上が流れに乗ればあっさりもあるかと。

昨年3着のフロンテアクイーン。昨年と比べて馬体重の変動は少ないかと。位置取りと仕掛け次第では面白い。

京成杯AH2着のディメンシオン。重賞も関屋記念やターコイズSでもそれほど負けていないし、1000万ではウラヌスチャームに勝っている。前走は展開だけではないかと。

札幌記念6着からのエイシンティンクル。いつもと違う脚質で5着したクイーンSでも力を見せた。前走は楽な方だったが、ワグネリアン相手に0.4秒差ならやれているかと。距離やメンバーが違うココなら粘って不思議はない。

ここ2走くらい走ればスカーレットカラー。鞍上の乗り方でクロコスミア。距離が大丈夫ならプリモシーン。別定でもやれるならレッドランディーニ。叩いた効果でダノングレース。休み明けが大丈夫ならカンタービレ。


by a_doctrinaire | 2019-10-14 01:24 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

秋華賞の結果 2019
台風の影響もあって稍重だった秋華賞は…

4番人気クロノジェネシスのスタートはそこそこ。1コーナーは6番手。2コーナー辺りでは7番手。残り1200mで6番手、1000mを切って5番手。4コーナーでは内目から外へ出していく。直線に入って追い出すと、加速して200mを切って内に斜行つつ2番手に。右ムチが入って逃げ馬を交わすとリードを広げてゴールし、優勝。

「ずっとコンビを組ませていただいて、春はなかなか結果を出せなかったので、ここで絶対勝つんだという気持ちで乗っていました。ある程度は流れに乗っていきたいと考えていて、理想的なポジションで運べました。いつでも抜け出せる手応えがあったので、自信を持って追い出すことができました。ここまで乗せ続けていただいたことに感謝ですし、結果を出せたことが良かったです。斉藤崇史調教師にもこの馬で初GI勝利を届けられて良かったです。自分にとっても、クロノジェネシスにとっても、斉藤先生にとっても、大きな一勝になったと思います。これを弾みにもっとがんばりたいですし、馬もこのまま無事にいってほしいです。」と北村友一騎手。


2番人気カレンブーケドールはまずまずのスタート。仕掛けて前目に進出して6、7番手で1コーナーへ。2コーナー辺りでは9番手。1000mを切って8番手か。4コーナーでは内から2頭目付近を周って直線へ。外へ進路を取って、狭いのにクロノジェネシスの内を狙いにかかる。追い出して200mを切って3番手に上がり、100mを切ってムチが入って2番手に上がるも2着。

「1~2コーナーまで流れていましたので、ポジションはちょうど良かったですね。勝ち馬を見ながら、どこを捌くか進路を探す余裕のある手応えでした。内回りコースでも対応できましたし、オークスの時より仕掛けたら反応する体になっていました。成長しています。最後は狭いところを割ってくれましたし、根性がありますね。相手の切れ味が上でした。もう少し並びかけられれば良かったですね。こちらの想像以上に馬が良くなっていましたし、これから楽しみですね。」と津村明秀騎手。


10番人気シゲルピンクダイヤもスタートはそこそこ。13番手で1コーナーへ。2コーナーは14番手か。道中はその位置取り。800mを切って1頭上がって15番手。4コーナーでは追い出して中ほどから外へ向かって直線へ。サトノダムゼルを外へ弾き飛ばす。追い出して、右ムチの連打で一気に加速する。200mを切って8番手だったが、ムチと追いの繰り返しで、残り30mほどで3番手に上がって3着。

「ゲートも出てくれましたし、落ち着いていました。距離を考えて立ち回ったのですが、外に出した時はいい脚を使ってくれましたし、届くかと思いましたが、できれば内枠が欲しかったです。大人になっていると思います。この距離は微妙でしょうか…。」と和田竜二騎手。


4着はシャドウディーヴァ。5着は逃げたビーチサンバ。

1番人気ダノンファンタジーは8着。「2コーナーから進むことができなかったので、ある程度(馬場が)乾いてきたとはいえ、跳びのきれいなディープインパクト産駒ですから、顕著に走らなくなってしまいました。」と川田将雅騎手。

2番人気エスポワールは9着。「スタートから少し遅かったです。もう少し前で運びたかった。でも道中で上がっていって、4コーナーまではバランスもリズムも良かったんですが。4コーナーのあたりから手前を何度も替えていて…。最後の直線では反応がなかったです。」とA.シュタルケ騎手。

※メイショウショウブは左前挫石で出走取消。


予想は7着、8着、9着、11着。

敗因は諸事情で予想時間がなかった事。

雨などもあってダノンファンタジーの評価を下げていただけに…。

クロノジェネシスは位置取り、カレンブーケドールは初関西、シゲルピンクダイヤは距離も気になった…。


ブランノワールは「道中はモタれていました。目に見えない部分で、苦しい部分が出てきたのかもしれません。でも、頑張ってくれました。距離は1600mくらいが良いのかもしれません。」と浜中俊騎手。

シェーングランツは「しまいにかける競馬をしたのですが、右カーブが上手じゃなかったです。スピードに乗っていきませんでした。左回りの方がいいと思います。」と武豊騎手。


いつものように実績を重視すべきでした。


by a_doctrinaire | 2019-10-14 00:43 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

秋華賞の予想 2019
台風の影響もあって、馬場の悪さがポイントになるのか…。

 秋華賞 予想 2019

応援馬シェーングランツ。阪神JFではスムースな競馬ならもう少し上があったかと。アルテミスSを見る限り、状態と仕掛け次第ではもっとやれていい。馬場が悪いと上手く走れない可能性はあるが…。

夕月特別勝ちのブランノワール。エルフィンS2着もあるし、ココ2戦は着差もあって上のクラスでもやれそう。

シンガポールTC賞勝ちのエスポワール。デビュー戦で0.1秒差のワールドエースはGⅡ3着など、0.1秒破ったタガノディアマンテはGⅢ2着。成長一つで通用してもいい。

ローズS勝ちのダノンファンタジー。桜花賞があの内容では危うさは残る。馬場がやれるなら…。

スムースな競馬ならクロノジェネシス。叩いた効果でフェアリーポルカ。関西がやれるならカレンブーケドール、サトノダムゼル。距離がやれるならシゲルピンクダイヤ。流れでパッシングスルー。展開でコントラチェック。前走が恵まれた感のあるビーチサンバ。


by a_doctrinaire | 2019-10-13 01:13 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

府中牝馬Sの予想候補 2019
「GⅡ後の8年」+「GⅢの2年」をチェックした「府中牝馬Sの傾向 2019」を元に、予想候補を選んでみます。

実績「重賞連対、または1000万勝ち以上で重賞3着か上のクラス出走無し」
距離「1800m以上連対」
コース「東京連対か2戦以下」
近走「3走以内に牝馬重賞4着、混合重賞6着以内かOP連対か条件戦勝利」

をラインにすると…

エイシンティンクル
クロコスミア
スカーレットカラー
(取り消し)ソウルスターリング
ダノングレース
ディメンシオン
フロンテアクイーン
ラッキーライラック
レッドランディーニ

がクリア。

GⅠ2戦のカンタービレ

1800m以上が秋華賞7着のみのプリモシーン

をどうするか…。


by a_doctrinaire | 2019-10-12 17:30 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

秋華賞の予想候補 2019
過去10年の連対馬をチェックした「秋華賞の傾向 2019」を元に、予想候補を選んでみます。

実績「重賞連対、または1000万勝ち以上で重賞3着か初」
距離「2000m以上連対、1800m連対で1戦以下」
コース「京都連対か1戦以下」
前走「重賞5着以内か条件戦勝利」

をラインにすると…

エスポワール
カレンブーケドール
クロノジェネシス
サトノダムゼル
ダノンファンタジー
パッシングスルー
ビーチサンバ
フェアリーポルカ
ブランノワール

がクリア。

前走がGⅠの

コントラチェック
シェーングランツ

1800mで前走GⅡ4着がある

シゲルピンクダイヤ

は残せるか。

雨の影響が強く出れば、他も可能性はありそうだが…。



by a_doctrinaire | 2019-10-12 00:01 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

秋華賞の枠順決定! 2019
2019年10月13日(日)に行われるGⅠ秋華賞の枠順が発表されました。

 第24回 秋華賞(GⅠ) 京都 芝2000m

1枠 1番 ダノンファンタジー 牝3 55 川田将雅 中内田充正
(左前挫石で取消)1枠 2番 メイショウショウブ 牝3 55 池添謙一 池添兼雄
2枠 3番 ブランノワール 牝3 55 浜中俊 須貝尚介
2枠 4番 トゥーフラッシー 牝3 55 幸英明 高市圭二
3枠 5番 クロノジェネシス 牝3 55 北村友一 斉藤崇史
3枠 6番 ローズテソーロ 牝3 55 横山典弘 金成貴史
4枠 7番 ビーチサンバ 牝3 55 福永祐一 友道康夫
4枠 8番 カレンブーケドール 牝3 55 津村明秀 国枝栄
5枠 9番 シャドウディーヴァ 牝3 55 松山弘平 斎藤誠
5枠 10番 シェーングランツ 牝3 55 武豊 藤沢和雄
6枠 11番 フェアリーポルカ 牝3 55 三浦皇成 西浦真幸
6枠 12番 レッドアネモス 牝3 55 藤岡康太 友道康夫
7枠 13番 サトノダムゼル 牝3 55 M.デムーロ 堀宣行
7枠 14番 シゲルピンクダイヤ 牝3 55 和田竜二 渡辺薫彦
7枠 15番 コントラチェック 牝3 55 C.ルメール 藤沢和雄
8枠 16番 パッシングスルー 牝3 55 戸崎圭太 黒岩陽一
8枠 17番 エスポワール 牝3 55 A.シュタルケ 角居勝彦 
8枠 18番 シングフォーユー 牝3 55 藤岡佑介 牧光二

過去10年の連対馬では平均頭数17.8頭の1~18番で「内11:外9」。
(3着は2~15番で「内6:外4」。)

馬番は「1番」の3連対、「4番」「7番」「14番」が2連対ずつ
(3着は「2番」「4番」「12番」が2回ずつ。)

ローズS勝ちのダノンファンタジーは1番、桜花賞3着や優駿牝馬3着のクロノジェネシスは5番、優駿牝馬2着のカレンブーケドールは8番、3戦全勝のサトノダムゼルは13番、紫苑S勝ちのパッシングスルーは16番、連勝中の2頭エスポワールは17番でブランノワールは3番、紫苑S2着のフェアリーポルカは10番、桜花賞2着のシゲルピンクダイヤは14番、ローズS2着のビーチサンバは7番、休み明けの藤沢和雄厩舎からはシェーングランツは10番、コントラチェックは15番に入った。


※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください


by a_doctrinaire | 2019-10-11 21:58 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

台風の影響で東京開催2日とも中止、代替
「10月12日(土)の第4回東京競馬第3日」と「10月13日(日)の第4回東京第4日」は、台風の影響により安全な競馬施行に支障があると判断されるため、開催を中止するとの事。

10月12日(土)→10月15日(火) 出走表の内容(出走馬や馬番等)を変更せず
10月13日(日)→10月21日(月) 出馬投票をやり直したうえで代替競馬を施行


やっぱり雪と台風などの影響はあるので、出来れば3日間開催は時期によっては止めておく方がいいかな…。


by a_doctrinaire | 2019-10-11 17:45 | 競馬(開催等) | Trackback | Comments(0)

府中牝馬Sの傾向 2019
東京1800mで行われる牝馬GⅡ「府中牝馬ステークス」。

11年からGⅡに昇格。GⅡだけでは8年と少ないので、GⅢ時も入れて10年でチェックします。

以前は秋華賞と同日開催だったが、12年は土曜開催、13年は3日間の月曜開催、14年からは土曜開催とズラしており、「エリザベス女王杯へ向けての鞍上の確保」が容易になったかと。19年も3日間開催の月曜日。


 府中牝馬Sの傾向 (GⅡ7年+GⅢ3年の連対馬+3着馬データから) 2019


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OP以上がマーメイドS3着のみ」のテイエムオーロラ

次点「OP勝ち」は重賞が…

「ローズS8着、秋華賞14着、京都牝馬S8着、中山牝馬S13着、小倉記念11着」のノボリディアーナ
「府中牝馬S3着、福島牝馬S7着、マーメイドS14着、新潟記念6着」のスマートシルエット

3頭中2頭はGⅢ3着があるが、ノボリディアーナの「GⅡ8着」が来ると…。

残り17頭には「重賞連対」。

15頭は「重賞複数連対」で、後は「ローズS1着で、札幌2歳S3着やアルテミスS3着など」のクロコスミア、「重賞3戦エリザベス女王杯9着、マーメイドS1着、クイーンS5着」のディアデアマドレ、で、「出走が少ないか3着が複数」。

まずは「2戦以上の重賞成績」をチェックしたい。

(3着は最低連対ラインは「1000万勝ち」。「1600万以上初」のスマートシルエットがいる。残り9頭は「重賞連対」で、重賞2着5回のフロンテアクイーン、3歳スイートサルサを除く7頭は「重賞勝ち」。内6頭は「GⅡ以上連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上連対」。

ただ、「1800m2着」だったのは1800m以上が…

「1800m新馬2着、フローラS6着、優駿牝馬13着」のマジックタイム
「ローズS2着で、2000m以上がフローラS5着、優駿牝馬6着、秋華賞15着、福島記念3着、新潟記念17着」のマイネイサベル

それ以外の18頭は「1800m以上勝利」。
内、14頭は「2000m以上連対」だが、あまり気にする必要はなさそう。

しかし、「連」には1600mまでの馬がおらず、直線も長いコースで前が止まりにくい事もあってか「マイラー」では厳しい。

(3着は「1600m以上勝利」。「1800m以上初」のカフェブリリアントや「フローラS6着、優駿牝馬7着」の3歳スイートサルサ。残り8頭は「1800m以上連対」。)



<コース>
「東京連対」11頭、「初出走」3頭。

残りは…

「優駿牝馬4着のみ」のディアドラ
「優駿牝馬9着とヴィクトリアマイル8着」のクリーンズリング
「1600万5着のみ」のノボリディアーナ
「キャリア2戦目の休み明けスイートピーS9着のみ」のディアデラマドレ
「500万10着、ヴィクトリアマイル18着、OP4着と13着」のセラフィックロンプ
「優駿牝馬10着とヴィクトリアマイル11着」のムードインディゴ

14年までは、左回りが前述東京1戦のみだったディアデラマドレ以外には「中京連対か新潟連対」があり、「左回り」はクリアしていたが、15年にノボリディアーナが「中京で500万11着と1000万9着」と「左回り3戦連なし」で勝った…。

(3着は「東京連対」7頭、「初出走」1頭。残りは「OP4着とGⅠ11着」、「GⅠ3着と16着」。3着が無かった馬には「左回り」連対があった。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」4頭、「差し」11頭、「追い込み」3頭。

1000mは58.2、61.9(稍重)、60.6、59.2、59.2(稍重)、63.8、59.7、60.1(稍重)、60.8、58.1。

直線の長さもあって後方からも届くが、開幕2週目という事もあって前も残る。

(3着は「先行」5頭、「差し」5頭。)



<その他>
「人気」は1番人気4連対、2番人気2連対、3番人気2連対と上位人気がやや苦戦。

対して「4番人気」と「5番人気」が4連対、残りが7、10、11、14番人気。

3着は7、2、1、5、2、7、1、3、2、11番人気。



ジュールポレール、ソウルスターリング、クイーンズリング、レッドリヴェール、マルセリーナ、ホエールキャプチャ、アパパネ、リトルアマポーラ、カワカミプリンセス、キストゥヘヴン、ローブデコルテ、ヤマニンシュクル、ダンスインザムード、スティルインラブなど「GⅠ馬が4着以下に敗れ」ている。

以前はGⅢだったり、次走が本番という事もあるとは思うが、かなり苦戦しており、GⅠ馬というだけでは狙いづらい。



上にも関係するが上位人気で4着以下に敗れた馬は…

「GⅠ3着以内」と「GⅠからの休み明け」

が多い。

実績馬が人気を集めるのは当然だが、「GⅠからの休み明け」は「連対馬が10年で1頭」に対して、「上位人気4着以下は8頭」が該当しており、久々の影響が少なからずある。
(3着もGⅠからの休み明けは1頭。)



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で12頭。

開幕2週目で前が多いという事もあるが、他重賞と比べると少ない部類。
「最速」は5連対で、3番手以内が少ない割に多く、「ペースに合った仕掛け」が求められる。

(3着は5頭が該当。)



上の人気にも絡むが、別定戦だが「旧56キロ以上の連対が少なかった」。

12年から「1キロ減じる…」が適応された影響もあって、18年は56キロが1着、17年は56キロが2、3着、13年と14年は55キロが連に絡んだ(16年と15年は3着)が、それ以前はGⅢというのも影響してか苦戦していた。
55キロならメンバー次第かもしれないが、「休み明け」もあって「+斤量差」は危うさがあると憶えておきたい。



「鞍上」は「C.ルメール」騎手の4連対がトップ。

「M.デムーロ」騎手の3連対、「蛯名正義」騎手2連対と続く。

以前は秋華賞と同日だった事もあって、バラエティに富んだ?騎手が絡んでいた。
同日でなくなった6年で3名が複数絡んでいる事を考えても、コレからは重複する騎手増えてくる可能性はある。

(3着は「蛯名正義」騎手が2回。)



「休み明け」は10年で…

「ドバイターフ1着から」のヴィブロス
「米子S2着から」のクイーンズリング
「米子S1着から」のスマートレイアー
「マーメイドS2着から」のセラフィックロンプ

の4頭。残り16頭は「7月末以降に出走」があった。

(3着は2頭が「休み明け」。8頭は「8月以降に出走」。)



「年齢」は…

「4歳」11連対
「5歳」8連対
「6歳」1連対

4歳と5歳がほぼ互角。

ただ、上位人気で4着以下だったのは「4歳」10頭、「5歳」4頭、「6歳」3頭。
人気になっている事を考えると「4歳の見極め」が必要か。

(3着は「3歳」2頭、「4歳」3頭、「5歳」3頭、「6歳」2頭。)



by a_doctrinaire | 2019-10-10 00:59 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

秋華賞3着の傾向 2019
GⅠという事で連対馬「秋華賞の傾向 2019」に続いて3着もチェックしておきます。


 秋華賞3着の傾向 (過去10年の3着馬データを中心に) 2019


【実績】
最低連対ラインは「500万勝ち」。

該当するのは、1000万以上が…

「アルテミスS7着、チューリップ賞6着、道新スポーツ賞6着、ローズS3着」のカイザーバル
「フローラS3着、優駿牝馬8着」のマキシマムドパリ

次点は「1000万勝ち」。

「1600万がムーンライトH3着のみ、OP以上が忘れな草賞4着、白百合S7着」のアロマティコ

次点は「OP勝ち」。

「フラワーC3着、優駿牝馬8着、ローズS18着」のリラコサージュ

残り6頭は「重賞連対」。

連対馬の実績と比較すると連対ベースでは同じだが、細かくみると低くい。

ちなみに08年には「芝がラジオNIKKEI賞9着(0.5秒差のみ)」のプロヴィナージュ(関東オークス2着)がいる。この年は春の2冠が荒れたり、トライアルで実績馬が崩れたりと荒れそうな気配はあった。それ以外に「芝重賞連対」がある。



【距離】
全馬に共通するのは「1800m以上勝利」。

2000m以上が…

「優駿牝馬13着のみ」のカンタービレ
「2000m以上初」のカイザーバル
「優駿牝馬8着のみ」のリラコサージュ
「優駿牝馬3着のみ」のホエールキャプチャ
「優駿牝馬6着のみ」のアプリコットフィズ

残り5頭は「2000m以上連対」。

少し延ばすと05年に「1600m勝ちで、1800m1000万特別6着のみ」のニシノナースコール。

00年に「1200m勝ち、1800mが500万8着のみ、2000mはローズS3着のみ」のトーワトレジャーが。さすがに2000m時のローズS3着なので、生粋のスプリンターでは厳しいだろうが、その当りでも3着なら…。



【コース】
「京都連対」5頭、「初出走」1頭。

残りは…

「新馬3着と500万3着」のマキシマムドパリ
「新馬12着のみ」のタガノエトワール
「新馬3着のみ」のリラコサージュ
「ファンタジーS3着のみ」のホエールキャプチャ

いずれも「3着」か「1戦のみ」で、あまり難しい競馬場ではないので、その程度なら問題はなさそう。



【脚質】
「先行」4頭、「差し」6頭。

勝ち馬よりも前で競馬をしていたのは5頭。
連対馬と比べると真ん中が多い気がしますが…果たして。



【前哨戦】
「ローズS(1、7、3、2、18、1着)」6頭、「ムーンライトH3着」1頭、「クイーンS1着」1頭、「札幌記念2着」1頭、「甲武特別(500万)1着」1頭。

連対馬と比べると別路線からが多く目につき、大崩れからの巻き返しもあり、着順は重視しなくても良さそう。



【その他】
人気は10年で3、5、8、8、4、15、6、1、2、1番人気。

順調に使われていないので可能性はあったが、ウオッカやブエナビスタ(降着)などが3着になっており、阪神改修後(トライアルや阪神GⅠのコース変更)に1番人気の3着増えた感はある。

人気薄が3頭絡んでおり、「荒れるなら3着」という感じもする。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で5頭。

連対馬と同様にあまり多くないので、上がりばかりを意識するのは良くなさそう。
細かくは「2番手」1頭と「3番手」4頭。



10年で鞍上は現役で「武豊」騎手と「池添謙一」騎手が2回が複数。

3着以内複数の騎手もいるので、迷ったら鞍上でBOXもひとつか。



by a_doctrinaire | 2019-10-09 00:27 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク