人気ブログランキング | 話題のタグを見る


チャレンジCの傾向 2022
阪神2000mで行われる※別定戦のGⅢ「チャレンジカップ」。

2011年まで9月の阪神開幕週に2000mの別定戦だったが、「鳴尾記念」「金鯱賞」「中日新聞杯」の移動にともなって距離短縮して1800mで2週目開催のハンデ戦になっていた。2017年から金鯱賞が大阪杯の前哨戦となって異動したので、距離延長で別定戦で阪神の12月の開幕週に。

※「別定とハンデ」「2000mと1800m」「開催時期の微妙な違い」など、以前のチャレンジCをそのまま扱うのが難しい…。

参考までには置いておきますが、実績は12月の同じ時期の別定戦「旧・金鯱賞5年」と「旧・鳴尾記念7年」の連対馬などから…。距離、コース、脚質は阪神2000m別定戦の16年までの「大阪杯」「鳴尾記念」から。

14年は2着が同着なので、3着はなし。


 チャレンジカップの傾向 (過去5年(別定)+5年(ハンデ戦)+α) 2022

<実績>
21年は「GⅡ2着」「GⅡ2着」「GⅠ1勝2着3回など」

20年は「4戦4勝、3勝クラス勝ちでOP以上初」「GⅢ勝ち」「3勝クラス勝ちでOP1戦4着、重賞京成杯3着と七夕賞4着」

19年は「OP勝ち、重賞初」「GⅡ2勝など」「3勝クラス勝ちで、OP2着、セントライト記念4着のみ」

18年は「OP勝ち、共同通信杯6着のみ」「OP勝ち、小倉記念3着のみ」「GⅡ連対」

17年は「GⅡ連対」「GⅠ連対ほか」「GⅢ2連対」。

まとめると最低ラインは「3勝クラス(1600万)勝ち以上でGⅡ4着やGⅢ3着、OP以上初か重賞1戦」。

※ハンデ戦時
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのはOP以上が…

「出走なし」のシベリアンスパーブとデウスウルト
「菊花賞6着のみ」のフルーキー
「京都2歳S4着、若葉S5着、プリンシパルS3着、重賞はきさらぎ賞9着とアーリントンC3着」のアルキメデス
「カシオペアS3着、重賞が福島記念8着のみ」のカワキタフウジン

次点は「OP2着」。

「重賞が日経新春杯3着とダービー卿CT8着」のタガノエルシコ

残り9頭は「重賞連対」だった。


※別定戦 金鯱賞5年の3着まで(16年が3着同着なので16頭)

最低ラインは「1000万勝ち」。

「1600万4着と5着、OP以上は毎日杯6着のみ」のパドルウィール

次点は「1600万勝ち」。OP以上が…

「札幌日経OP8着のみ」のカレンミロティック
「アルゼンチン共和国杯5着のみ」のオーオシャンブルー
「アーリントンC8着、ラジオNIKKEI賞6着」のダイワマッジョーレ
「アンドロメダS3着と若葉S5着」のアドマイヤラクティ

残り11頭には「重賞連対」があった。


※旧・鳴尾記念時代の7年分延ばしても「1600万勝ち」で、OP以上が…

「菊花賞5着のみ」のアクシオン
「OP8着、中央重賞6戦して朝日CC3着など」のメジロマントル

次点「OP勝ち」。

「ラジオNIKKEI賞8着、弥生賞4着、青葉賞5着、神戸新聞杯5着」のショウナンマイティ
「毎日杯5着、東京優駿5着」のルーラーシップ

残り10頭には「重賞連対」があった。

重賞6着、OP5着辺りがラインになるようだが…。



<距離>
21年は「2000~2200m連対」「2000~2600m連対」「1600~2000m連対」
20年は「1600~1800m連対、2000m初」「1800~2000連対」「2000m連対」
19年は「1600~1800m連対、若駒S6着のみ」「1800~2000m連対」「1800~2000m連対」
18年は「1800~2200m連対」「1600~2200m連対」「2000~2200m連対」
17年は「1800~2200m連対」「16~3000m連対」「1600~1800m連対、菊花賞12着のみ」

※1800m時
15頭全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは1800m以上が…

「優駿牝馬7着、札幌記念4着、秋華賞16着、オールカマー6着、府中牝馬S9着、エリザベス女王杯8着」のハナズゴール
「優駿牝馬17着、クイーンS5着2回、秋華賞16着、鳴尾記念5着、カシオペアS3着」のショウリュムーン

共に「牝馬でマイルが主戦(チューリップ賞と京都牝馬S勝ち)」だった事もあるが、レベルの高い少し長い距離で惜しいレースもあった。

残り13頭は「1800m以上勝利」。



<コース>
21年は「初出走」「阪神連対」「阪神連対」
20年は「阪神連対」「阪神連対」「阪神連対」
19年は「阪神連対」「阪神連対」「初出走」
18年は「阪神連対」「阪神連対」「神戸新聞杯5着のみ」
17年は「阪神連対」「阪神連対」「初出走」

※ハンデ戦時
「阪神連対」12頭。

残りは…

「500万4着のみ」のマイネルハニー
「1600万7着のみ」のシベリアンスパーブ
「神戸新聞杯7着のみ」のトーセンスターダム

阪神以外では「京都連対」も全馬が該当しており、「東京連対」と「中京連対」など直線が長めでの結果も目立つかと…。


※阪神2000m重賞(16年までのデータ)では…

大阪杯は「阪神連対」15頭、「初出走」4頭、「新馬4着のみ」。
鳴尾記念は「阪神連対」13頭、「3戦してOP3着、GⅡ3着、4着」「500万3着」



<脚質>
21年は「先行」「差し」「差し」
1000mは62.9

20年は「先行」「差し」「先行」
1000mは62.0

19年は「差し」「逃げ」「差し」
1000mは61.2

18年は「先行」「先行」「差し」
1000mは59.7

17年は「先行」「差し」「差し」
1000mは59.9

※1800m時は
「先行」3頭、「差し」11頭、「追い込み」1頭。    

1000mは58.8、59.4、58.8、60.4、58.5。



<その他>
「人気」は…
21年は1→4→5番人気
20年は1→2→3番人気
19年は2→8→3番人気
18年は2→4→5番人気
17年は1→5→2番人気

ハンデ戦時は
16年が9→5→11番人気
15年が1→2→11番人気
14年が5→9→2番人気
13年が1→9→6番人気
12年が6→4→13番人気



「上がり3ハロン3番手以内」は…
21年は3頭とも該当
20年は3頭とも該当
19年は勝ち馬と3着が該当
18年は勝ち馬のみ該当
17年は3頭ともが該当



「年齢」は
21年は3歳→4歳→7歳
20年は3歳→4歳→4歳
19年は3歳→5歳→4歳
18年は4歳→5歳→3歳
17年は3歳→7歳→3歳

ハンデ戦時
「3歳」2頭、「4歳」4頭、「5歳」4頭、「6歳」2頭、「7歳」1頭、「8歳」1頭。

「旧・中日新聞杯」が5年で「3歳」6頭、「4歳」3頭、「5歳」1頭だった。
14年に心配していた3歳馬が絡んだので、特に気にする必要もないようで…。

別定になってまた変わってくる可能性はある



馬番は
21年は11頭で11→6→7
20年は11頭で7→11→1
19年は12頭で4→7→1
18年は12頭で9→2→5
17年は12頭で3→8→6


by a_doctrinaire | 2022-12-02 15:44 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
<< ステイヤーズSの予想候補 2022 ステイヤーズSの傾向 2022 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム

by a_doctrinaire
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク